【2015オールカマー(G2)】出走馬短評とレース展望・予想

公開日: : 最終更新日:2016/07/25 重賞展望

中山 オールカマー!

中山競馬場2

結果と内容次第では、秋の天皇賞に駒を進めたい陣営。
G2レースながら、少々物足りないメンバー構成だが、
ひと夏を境に、グンと力をつけた馬の存在の出現も…

※ ゴールドアクター
10戦4勝で目立つ勝利は挙げていないが、菊花賞3着の実績。
休み明けで復帰戦の7月の函館戦では、順当に勝利をマーク。
昇り馬の1頭であることは間違いないところ。
但し、出走が叶えばだが、除外の可能性は高い。

※ サトノノブレス
2014年1月の日経新春杯を勝ち、小倉記念も制しているが、
今年の日経新春杯は1番人気に支持されながら11着と惨敗。
今回は長期休養明けの一戦となる。
入念に乗り込んでも、レース勘はなかなか戻らない。
今回は割引いて検討する必要がありそう。

※ ショウナンパンドラ
秋華賞馬であり、宝塚記念は3着と健闘している実力馬。
これまで、ヌーヴォレコルトとは互角の闘いを演じている。
13戦3勝の馬ではあるが、軽く扱うことはできない。
この秋の目標はエリザベス女王杯だろうが、
ここでいいスタートを切り、本番に手応えを感じたいはず。

※ セキショウ
前走はデムーロ騎手の好騎乗で、久々の勝利を挙げたが、
ここは昇級戦に加え、新潟で2戦を消化し疲れも心配される。

※ ヌーヴォレコルト
桜花賞3着、オークス1着、秋華賞2着、エリザベス女王杯2着、
更に、今年は牡馬相手に中山記念も勝っている。
宝塚記念は不本意な5着に終わっているが、
リセットして臨むこの秋は、これまで以上の活躍の予感が…
いきなりから、勝ち負けの期待で。

※ マイネルフロスト
海外に遠征したが、勝ち負けできずに帰国。
時間をかけて立て直しを図っての登場となるが、
重賞勝ちするには、まだ何かが足りない。

※ マイネルミラノ
自分の形で競馬ができれば手応え以上に渋太さを発揮する。
新潟より得意の中山コースなら、更に力を発揮してくれるのでは。
ただ、今回は目障りな強力同型がいるので、マイペースが叶うかどうか?

※ マジェスティハーツ
前走は勝ちを意識した競馬で、いつもより前々の位置。
それが、終いの伸びを欠いた原因になったと思われる。
この馬の正攻法は、ジックリ溜めて終いを生かす競馬だろう。
持ち味を生かすには、馬と騎手のリズムが噛み合わないと…

※ ミトラ
3月の中日新聞杯でディサイファの5着の後、休養に入っている。
昨年は福島記念を勝っており、7歳馬とは思えない若さもある。
A J C Cは2着に終わっているが、中山は4勝の得意コース。
いきなり、好レースを演じてくれるかもしれないが、
6カ月半のブランクは長くて…

※ レッドイレヴン
函館戦もそうだが、なかなかこの馬の展開になってくれない。
相性のいい中山で変わる可能性はあるが、アテにしづらいのも確か。

※ ロゴタイプ
4連勝目が皐月賞であり、ファンは大いに盛り上がり期待した。
ところが、ダービーで5着に終わり、中山記念も勝てず2着。
皐月賞からここまで、勝利が遠ざかっている。
今回の休養をキッカケに、この秋で甦ってくれないか?
ファンはそれを望んでいる…

1番人気が勝ち負けしている傾向にあり、好位差しの馬が活躍している。

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ダート2

函館スプリントステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

函館スプリントステークス/予想のポイント 2017/6/18(日) 函館11R 函館スプリント

記事を読む

ワンアンドオンリー

【2015京都大賞典(G2)】ワンアンドオンリー他、一週前出走予定馬動向をチェック!

来週の京都メインは京都大賞典です! c ワンアンドオンリー、ラブリーデイ、カレン

記事を読む

swan_stakes

【スワンS2016】1週前出走馬動向をチェック!

10月29日の京都は G2 スワンSです! 京都 スワンS 3歳以上オープン 1400

記事を読む

【フィリーズレビュー2017】出走予定馬短評と予想のポイント

フィリーズレビュー2017:予想のポイント 2017/3/12(日) 阪神11R フィリーズレ

記事を読む

中山競馬場

今週は弥生賞・チューリップ賞・オーシャンSの重賞3本立てです!

みなさんこんにちは、管理人の弟子です。 先週の競馬はいかがでしたでしょうか? 川

記事を読む