2015セントライト記念から菊花賞へ向けての展望

中山 セントライト記念から!

キタサンブラック1

いろんな意見がありました。
私なりの見解を…

キタサンブラックは次走が菊花賞になるとどうでしょうか?
ダービー以上に距離は長くなり、得意の中山から京都に替わります。
ヒョットすれば、選択肢は秋の天皇賞2000mかも…??

レッドライジェルの末脚は目立ちましたが、
大きく出遅れて、道中はまったく競馬をしておらず、
それが直線の末脚に繋がったのでしょう。
もし、勝ちを意識した競馬をしていれば、あの脚が使えていたかどうか…

おっしゃる通り、レベルの高い一戦とは言えなかった感じです。
決着は、淡々とした流れから上がりの競馬になり、
ゴール前はデッドヒートの闘いにはなりましたが…

でも、これが毎年のセントライト記念だと思います。
権利は発生しても、京都の3000mに直結するかとなると疑問です。
コースが異なり、距離が延び、メンバーも変わってきますから…
それに、以前のような、「 三冠目の菊花賞」とは呼べなくなっています。
これは競馬会が番組を大きくいじったからです。
競馬会にすれば、スターホースを育てるよりも、売上げが重要課題です。
秋の天皇賞、J C、そして有馬記念の出走馬が大事なのですから…

昨年の菊花賞馬は条件上がりで G I 馬になっています。
確かにトーホウジャッカルは強い馬ですが、
メンバー構成を考えて分析する必要があるでしょう。

以前の、皐月賞、ダービー 、菊花賞には夢があり、興奮したものです。
残念ながら、近年は皐月賞、ダービーほど、菊花賞は盛り上がりません。

皆さんが今ひとつセントライト記念で盛り上がらないのは、
こう言った背景があるからではないでしょうか?

菊花賞で一変する可能性がある馬はサトノラーゼンでしょう。
本番前のひと叩きで、緩さが残る仕上げでしたし、
直線では窮屈になるシーンも見られました。
それに、岩田騎手も勝ちに行く乗り方をしていません。
スタミナ豊富で、叩き良化タイプでもありますから…

いずれにせよ、競走馬は頑張っていますから、
しっかり応援してあげてください!

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

この記事に対するコメント

  1. ういしむ より:

    3着まで菊花賞出走権を得ました。
    1着・2着のキタサンブラック、ミュゼエイリアン は前走ダービー敗退組、1番人気のサトノラーゼンはここで勝たなくても菊花賞に出られますから 北島三郎さんに敬意を表して手抜きしたのでしょう。

  2. ごっちん より:

    キタサンブラックは菊花賞みたいです。勝ったら北島三郎が馬場内で「祭り」を歌うらしいですよ。まあ厳しいでしょうけどね。
    このままだと菊花賞は欧州のセントレジャー同様に形だけのものになってしまいそうですね。
    思い切って菊花賞と天皇賞(春)は2400mに変更するべきと自分は考えています。
    それで新たにステイヤー路線の重賞を拡充すればいい話じゃないかと思うのですがいかがでしょう。
    馬券の売上げを考えるなら強い馬が距離が長いという理由で回避しないようなところいに距離をかえてやれないいだけかと。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

新潟競馬場3

【競馬コラム】新潟競馬も折り返し後半へ

新潟競馬も折り返し後半戦へ! 暑い日は続きますが、新潟競馬も折り返し後半戦に突入します

記事を読む

騎手

【競馬コラム】騎手の乗り替わり

騎手の乗り替わり! 騎乗依頼は調教師が騎手にするものだが、 最近は馬主が介入して、調

記事を読む

エアハリファ

エアハリファ出走回避について~フェブラリーS2015

エアハリファ回避! 今週日曜日に行われるフェブラリーS出走予定だった エアハリフ

記事を読む

馬場状態

馬場発表~競馬コラム

馬場発表! 基本的に JRA は馬場良好を前提にしている。 いい馬場状態での競馬がイメージは

記事を読む

騎手

【競馬コラム】騎手の騎乗馬へのこだわり!

☆  騎手の騎乗馬へのこだわり! みなさんは車を購入する際、何を参考にしますか? まずは

記事を読む