2015ローズステークスから秋華賞へ向けての展望

阪神 ローズステークスから!

タッチングスピーチ

いろんな感想や意見を頂きまして、有難うございます!

私なりの見解を述べさせてもらいますと…

競馬内容は前崩れの展開で、1着〜3着までは後方に位置していた3頭。
展開が嵌った!感は否めません。
それを考えると、レッツゴードンキは走っていると思います。
ただ、春競馬もそうでしたが、追っていい脚を使える馬ではありません。
馬体を前と後に区切って見ると、前はいい体つきをしていますが、
後は腹からトモにかけての形が窮屈で、詰まった感じがします。
それが、終い切れない因になっているのでは??
成長して、バランスがよくなれば、もっと活躍できるとみています。

サンクボヌールは休養明けが26k増の馬体で、今回が2k減で留まっています。
歩様に柔らかさがあり、パドックでは気になる1頭でした。
結果は4角までは集団にいましたが、直線の叩き合いで脱落しています。
今回が初めての重賞戦でしたし、この経験は次に生きると思っています。

アンドリエッテは12k増の馬体で、太くないものの緩さが窺えました。
それ以上に気になったのが、持ち賞金はあっても実質1勝馬であること、
鞍上の横山典騎手の気性を考えると、ダメな時はすぐ諦めてしまうこと。
以心伝心で、ヤル気がなければ、馬も集中力が持続しません。
この馬には、何とかしようとする騎手が合っていると思います。
「 一升枡は一升枡 」で、1勝しかできていないのは何か原因があるはずです。

優勝馬のタッチングスピーチは下級条件を勝っての挑戦でした。
私の反省すべきところですが、馬体の良さは目についていましたが、
春の忘れな草ではミッキークイーンに1秒3も遊ばれており軽視。
終わって見れば、展開はハマり、ルメール騎手のうまさにやられた感じです。
持ち賞金は900万で、陣営も “ アワヨクバ ” の出走だったのでは?
馬体は春から多少の成長があるだけで、次走は休み明け3走目になります。
陣営は強気になるでしょうし、これまでと馬の扱いコメントも変わります。
秋華賞で再びミッキークイーンに先着!となると、二の足を踏んでしまいます。

ミッキークイーンですが、ローズSはあくまで 「 本番前のひと叩き 」
馬体はフックラし、小柄ながら雰囲気も受け取れました。
出遅れにも浜中騎手は動揺することなくレースを進めていますし、
直線は馬の反応を確かめながらの追い込みステッキでした。
きっと、本番に向け “ 手応え ” を感じていることでしょう。

それらすべてが含まれた 「 前哨戦 」ローズSだったと思います…

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【注目情報】 阪急杯(G3)シュウジを凌ぐ絶好仕上げの狙い◎本命馬はこの馬だ!!

【動き絶好】 ★アーリントンC(G3)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

渡辺薫彦

【競馬コラム】渡辺薫彦調教師の人柄!

渡辺薫彦調教師の人柄! 今年は関西で新規調教師の3名が開業しました。 その中で、1人取り残さ

記事を読む

藤田菜七子

新人騎手 藤田菜七子騎手は活躍できるのか?

新人 女性騎手は果たして… 3月に入り、東西から新人騎手がデビューする。 どんな活躍を見せて

記事を読む

パドック

【競馬豆知識】競走馬の発汗について

豆知識・発汗! “ イレ込み ” と “ 気合い ” はどう違うのか? そこには

記事を読む

騎手

【競馬コラム】調教師も騎手も不安の幕開け!

調教師も騎手も不安の幕開け! 新しい年を迎えて、すべてがリセットされ白紙からのスタート

記事を読む

ドバイ

【競馬コラム】ドバイ遠征の日本馬たちに「?」を投げかけるPart3

ドバイの日本馬たち!? ☆ ドバイシーマクラシック 穏やかなスンナリした流れで始まっ

記事を読む