【レース回顧】2015セントライト記念~キタサンブラック

キタサンブラックがセントライト記念を制覇!

キタサンブラック1

3着まで菊花賞への優先出走権が与えられるセントライト記念。

皐月賞出走馬、ダービー出走馬が人気を集めた。

ダービー2着のサトノラーゼンは8k増で少し太目の造り。
道中は折り合いに専念した乗り方で、その通りにはなったが、
追い出しての伸びは並の馬と変わらず。
このひと叩きでどこまで良くなってくるのか…

池江寿厩舎の2頭使いとなったベルーフは、体は絞れ張りもあったが、
早めにひと叩きした効果は見られず、ジリジリとしか伸びず。

ブライトエンブレムは力が出せる体つきに見えたが、
展開不向きもあって、切れた脚は一瞬だけだった。

タンタアレグリアは残念ながら、ひと夏越した成長は見られなかった。

レースは行った行ったの展開になり、決着は前の馬で…
勝利したのは12k増の体が太く映らなかったキタサンブラック。
2番手からうまく立ち回った北村宏騎手の手腕も大きい。
2分13秒8の勝ち時計、上がりは47.6-35.0の決着に。
中山コースは堅実無比と言えそうだ。

2着はハナを切ったミュゼエイリアン。
1000mを1分01秒1で通過させた横山典騎手。
この着差を考えると悔しかっただろう…

3着はロスのない内々を回ったジュンツバサ。
3戦2勝でキャリアの浅い馬がしっかりと伸びた。

ロッカフェスタは馬体は良かったが、終始イレ気味だったのが…

勝ったキタサンブラックは菊花賞へ向かうのか?
それとも秋の天皇賞に駒を進めるのだろうか…??

【G1開幕】 電撃スプリント!今週の注目『スプリンターズS(G1)』の出走馬情報

【阪神競馬】 ★シリウスS(G3)でスプリンターズSの軍資金調達したい人はクリック★

【船橋競馬】 日本テレビ盃(Jpn2)いきなりダート頂上決戦!予想公開中

この記事に対するコメント

  1. つじ より:

    いやはや、母父サクラバクシンオーで3000mを走った馬は聞いたことないですね。障害ならまだしも平場のG1じゃさすがに息切れでしょう。素直に消しだと思いませんか?

  2. 名無し より:

    うーん、この競馬になると京都の菊花賞で好走できる馬のイメージが湧かないですね。

  3. 名無し より:

    レベルの低い重賞でしたね。

  4. MO より:

    レッドライジェルの末脚が目立ちましたね。
    11着までもが0.5秒差の競馬ですから力差はなしっていう評価でしょうか。にしても菊花賞に繋がりそうな馬が見つからなかったのが残念でした。川田さんは菊花賞で気になるっていう馬いましたか?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

サンビスタ

【レース回顧】2015レディスプレリュードはサンビスタが優勝!

大井 レディスプレデュードはサンビスタが優勝! 大井レディスプレデュード 牝馬 180

記事を読む

catch

【レース回顧】2016京成杯(G3)~プロフェット勝利、キャロット3頭の決着に!

中山 京成杯はプロフェットが抜け出す! 楽しみにした一戦だったが、終わってみればキャロット3頭

記事を読む

ダンツプリウスNZT

【レース回顧】2016ニュージーランドトロフィー(G2)~ダンツプリウスが混戦を断つ!

ニュージーランドTはダンツプリウスが混戦を断つ! 上位3頭にNHKマイルカップの優先権が与

記事を読む

リラヴァティマーメイドS

【レース回顧】2016マーメイドS(G3)~リラヴァティが逃げ込む!

阪神 マーメイドSはリラヴァティが逃げ込む! 49kシャイニーガールがハナに立ち、10

記事を読む

レインボーラインアーリントンカップ

【レース回顧】2016アーリントンカップ(G3)~デムーロ騎乗のレインボーライン!

阪神 アーリントンCはレインボーラインが混戦を断つ! 見応えある直線の叩き合い。ゴール

記事を読む