【9/19(土)中山11Rレインボー ステークス】出走馬短評とレース展望・予想

中山 レインボーステークス!

中山競馬場3

中山の土曜メインの準オープン戦。
頭数は少ないが、絶大な信頼を置ける馬もいない。

※ オメガキングティー
中山得意の馬だが、今回は休養明けで距離が伸びる。
しかも、斤量は前回より3k増えるので、常識にかかるかどうか。

※ カムフィー
重賞戦でも好戦があり、このクラスでは安定勢力の馬。
ただ、決め手に欠け、勝ち味に遅いのがネック。
勝ち切るには展開の助けが必要となる。

※ サクラボールド
札幌で2回除外され、厩舎に戻り、ここに照準を合わせた。
レース間隔は開いているので、北海道の疲れは心配なさそう。
中山で勝ち鞍がないのは気掛かりだが、上位争いの1頭と見るべき。

※ ジャーエスペランサ
前走のレース内容はいいが、今回は夏場からの4戦目になる。
現状維持とみるのが正解ではないだろうか…

※ ダイワリベラル
前走の大崩れは気になるところだが、中山に戻れば話しは別。
3着以下はなく、当該距離は7戦3勝の実績を持つ。
横山典騎手がしっかり乗れば、勝ってもおかしくないが。

※ ダノンフェニックス
ここ2戦の着順は悪いが、着差はそんなにない。
別な見方をすれば、堅実だが、勝ち切る脚がないということ。

※ モビール
5走前に2着はあるが、その後は一進一退の繰り返し。
中山コース、2000mの距離でも勝っていないのが…

※ ライズトゥフェイム
立て直しを図っての夏休みの効果はいかに…
テンには行けないが、終いの脚は、ここではおそらく一番のはず。
石川騎手が行きたいのを我慢して、直線勝負に賭ければ好結果に。

※ レッドセシリア
このクラスで力上位は認めるが、1600m、1800mでの話。
距離が長くなると、レースにメリハリがつけられない可能性がある。
前走の体を維持しての出走となればいいが…

人気はダイワリベラルで落ち着きそうだが、
馬も鞍上もアテにできない面があるのが…

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

競馬新聞1

三年坂特別 2017 予想 / チャレンジ3連複!

土 3連複・購入! 10月14日 京都競馬 10R 三年坂特別 軸馬➖ カイザーバル

記事を読む

新聞

複勝ころがし!第2弾

複勝ころがし!第2弾 ☆購入馬 2017年5月21日(日) 京都9R 御室特別 ・ 6番

記事を読む

free13

【甲南ステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

甲南ステークス2017:予想のポイント 2017/3/12(日) 阪神10R 甲南ステークス

記事を読む

no image

紅梅ステークス2017予想・馬券分析

紅梅ステークス2017:馬券分析 2017/1/15(日) 京都10R 紅梅ステークス 3歳オー

記事を読む

京都競馬場4

【1/17(日)京都10R 紅梅ステークス】馬券分析・予想

日 京都 紅梅S・馬券分析! 距離は少し短いが、桜花賞へのステップレース。 出走2勝

記事を読む