【競馬コラム】騎手エージェントも悪いが JRAも悪い

公開日: : 競馬コラム ,

エージェントも悪いが、JRAも悪い!

厩舎

最初は仲のいい騎手の手助けで、記者が馬を世話をしたのが始まり。
その便利さから、調教師も記者に、騎手との間を取り持ってもらうように。
それが定着する形になり、記者は威張れる存在に形を変え、
騎手も多くの馬を乗りたいから、「 顔の広い記者 」に頼むように…

そして、JRAが乗り出してくる。

最初は人数に関係なく、誰が誰のエージェントをしているかの確認。
そこには、書面での提出を求める形を取った。

もし何かが起こった時は、エージェントと騎手の問題とするから。
タテ社会で、出世の妨げになることは、何があっても避けたいJRA職員。

エージェント制がエスカレートし、金銭問題も浮上してくる。
そこで、JRAはエージェントの人数制限を設けてきた。
新人を含め3人まで!エージェント料は関知せず!

多勢の騎手を抱えていたエージェントに尋ねた。
“ 人数制限がかけられたけど、大丈夫か?”
「 話しはついていますから、問題ありません 」の返事。

後日、リストの一覧を入手して見てみると…
制限人数より多いエージェントの名前が騎手欄にあった。
JRAは認識しながら、表向きを装ったとしか考えられない。
エージェントはエージェントで、担当の名義だけ替えて騎手を手放そうとせず。

いかにも、“ 建前 ” を重んじる?JRAらしいやり方。

その形がしばらく続いたが、ある事件が起こった。
地方から乗りに来る騎手に、そのエージェントが首を突っ込んだ。
元々、そのエージェントは、自分が競馬を支えているの自負を持っており、
「 問題ない! 」の軽い気持ちで地方騎手にも手を伸ばしたのだろう?
その地方騎手は、“ そんな話しは聞いていない!” でトラぶった。

そのイザコザにJRAが介入し、
エージェントに業務停止処分 ( 3カ月 ) を下したと聞いている??

調子に乗り過ぎたエージェントもエージェントだが、
人数を制限しながら、見過ごしてきたJRAもJRAと思う。

数年その部署に居て、転勤しながら出世するJRAの仕組み。
汚点を残さず、徐々にステップアップする職員には、
腰を据えて仕事をし、競馬界を良くして行こうとする気概は見えてこない…

オリンピックの責任問題と同じで、何事もなかったように、
その内、この問題も自然消滅して、元に戻るんでしょうネ…

【大井競馬】 優駿スプリント(S2)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ロードクエスト1

【競馬コラム】新馬勝ちをノートにまとめると

新馬勝ち!をノートにまとめると… 6月から始まった新馬戦、その勝ち馬をチェックするため

記事を読む

藤田菜七子

【競馬コラム】競馬ファンが求めているモノ!

☆  ファンが求めているモノ! 予想通り、今年はルメール騎手、デムーロ騎手が大活躍しています。

記事を読む

ルメール

【競馬コラム】外人騎手が多過ぎるのでは?

外人騎手が多すぎるのでは? M・デムーロ騎手とC・ルメール騎手はJRAの試験を合格して

記事を読む

パドック

【競馬コラム】馬と厩務員!

馬と厩務員! 牧場で産まれた馬は大事に扱われ育てられる。 母馬に甘えながら、広い放牧地で飛び

記事を読む

サトノダイヤモンド

【競馬コラム】新馬戦も佳境に入り

新馬戦も佳境に入り! 6月から始まった新馬戦ですが、秋も深まり 期待馬が続々デビュー。

記事を読む