【レース回顧】2015京成杯オータムハンデ~フラアンジェリコ

京成杯オータムHは混戦を断ったフラアンジェリコ!

フラアンジェリコ

ハンデ戦で覚悟はしていたが、まさかこんな結果が待っているとは…

ゴール前は大混戦で、上位の着順が分からないほど。
結果は、見事に追い込みを決めたフラアンジェリコだった。

人気のアルビアーノが絶好位からの競馬になり、それを他馬がマーク。
前半 3F のラップは35秒4で、前の集団は固まっていた。
アルビアーノが抜け出すと、各馬がコレを捉えにかかる。
ところが、前の馬の仕掛けが早くなり、直線半ばでアップアップに。
前崩れになり、そこに、追い込み馬がドッと攻め込んでくる…
勝ち時計は1分33秒3かかり、上がりも46.3-34.6。
フランジェリコは最後方からの追走で追い込みを決めている。

2着は内目から一旦抜け出したエキストラエンドだったが…
吉田隼騎手は着差が着差だけに悔しかったことだろう。

3着は前回から大幅な馬体重の増減となったヤングマンパワー。
激走での反動がなければいいのだが…

4着グランシルクはイレ気味で馬体が良過ぎた感。
それが伸び切れなかった因になっているのでは…
次は大きく変わるはず。

レッドアリオンは58kもあったが、アルビアーノ目標で脚を失くした。

荒れに荒れた西のメインに続き、東もこの結果にがビックリ!

【浦和競馬】 ※オーバルスプリント(Jpn3)中央VS地方!徹底分析予想はこちらから

【中山G1】 スプリンターズS(G1)必見のメイチ勝負馬はこの馬!←絶賛公開中

この記事に対するコメント

  1. ごっちん より:

    今年の3歳馬はレベル高いって言われていましたが、実はそうでもないのではって思えてしまった一戦でした。川田さんはどう思いますか?

  2. 山本 より:

    一番強い競馬したのはアルビアーノじゃないでしょうか。先行してあそこまで残るのですから秋初戦としては上出来でしょう。

  3. hiko より:

    こりゃパドック見てもどうしようもないレースだったね

  4. 名無し より:

    まともに予想していたら獲れない馬券でしたね。競馬ってこういうことがあるから難しい。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika06_960_720

ユニコーンステークス2018結果/レース回顧|ルヴァンスレーヴが圧勝!

東京 ユニコーンSはルヴァンスレーヴが圧勝! 2018/6/17(日)開催 東京11R ユニコ

記事を読む

メジャーエンブレムNHKマイル

【レース回顧】2016NHKマイルカップ(G1)~メジャーエンブレムが逃げ切る!

NHKマイル・メジャーエンブレムは逃げが似合う! 桜花賞で不本意な競馬に終わったメジャ

記事を読む

コーリンベリー1

【レース回顧】2015JBCスプリント(Jpn1)~コーリンベリーが逃げ切る!

大井 JBCスプリントはコーリンベリーが逃げ切る! 1200mの不良馬場。中央馬は6頭

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

オールカマー2017結果/レース回顧|ルージュバックが復活V!

中山のオールカマーはルージュバックが復活! 2017/9/24(日)開催 中山11R オールカ

記事を読む

ダノンプラチナ

【レース回顧】富士ステークスはダノンプラチナが差し切る

東京 富士Sはダノンプラチナが差し切る! このレースの注目は3歳馬の走りだった。

記事を読む