【レース回顧】2015セントウルステークス~アクティブミノル

セントウルSはアクティブミノルが逃げ切る!

アクティブミノル

中山のスプリンターズSを前にしての一戦。
各陣営にはそれぞれの思惑が交錯した中でのスタート。

好ダッシュからハナに立ったのが3歳馬アクティブミノル。
ハクサンムーンは大事を取っての2番手に控える。
開幕週の馬場もあり、前半の3Fが33秒9と速い。

直線を向くと後続馬が一斉にスパートをかけてきたが、
それをギリギリながら振り切ってゴールを駆け抜けた。
54kとは言え、5カ月振りの実戦で勝ったアクティブミノル。
勝ち時計は 1分07秒8、上がりは45.1-33.8で文句ない勝利!

2着争いは、キッチリ仕上がっていたウリウリだが、
追い込み馬に逃げ切りの展開はきつかった。
それを考えると、この馬としては力を出している。

3着はバーバラ。輸送競馬になりイレ込みがきつかったが、
しっかりと直線の坂を駆け上がっている。

4着は G I ホースのストレイトガール。
体は仕上がっていたが、発汗がきつかった。
次走を睨んでの競馬内容であり、鞍上も躍起になって乗っておらず。
この一戦でいいガス抜きができたはず…

5着は叩いて上向いていた8歳馬マヤノリュウジン。
年齢を考えると上々の伸び脚ではなかっただろうか…

休み明けハクサンムーンはうるさかった。
馬場入場後にクルクル回るのはいつもの仕草だが、
勝利を意識したのか、思い切った競馬を避けている。
結局、それが裏目に出てしまい凡走に。
ほんばんでどこまで変われるか…

リトルゲルダは大幅な馬体増は太く映らなかったが、
昨年の張りのある馬体は見られなかった…

勝ち馬は次走が試金石の一戦となり、
有力馬はひと叩きの効果が問われることになる。

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【浦和競馬】 桜花賞(S1)南関東競馬必勝☆3連単予想はこちらから!

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

この記事に対するコメント

  1. ごっちん より:

    藤岡康騎手はビッグアーサーいるけどどっちに乗るんでしょうかね?それともビッグアーサー除外ですかね?

  2. maki より:

    スプリンターズSはベルカントも前にいくだろうし、差しも今より決まるって考えればウリウリ・ストレイトガールの巻き返しに期待。

  3. 名無し より:

    ウリウリが一番強い競馬をしたと思います。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ヴァンセンヌ3

【重賞回顧】東京新聞杯(G3)ヴァンセンヌ

重賞レースを回顧! ※ 東・東京新聞杯! 天候が曇りから雨に変わり、微妙な馬場状

記事を読む

サトノクラウン京都記念

【レース回顧】京都記念(G2)~サトノクラウンが復活!

京都記念でサトノクラウンが復活! 不良馬場で始まった日曜競馬だが、メインレースは重馬場

記事を読む

makahiki_nieru

【凱旋門賞2016レース回顧】マカヒキは馬番号と同じ14着に…

※写真:ニエル賞勝利時のマカヒキ ☆ 凱旋門賞のマカヒキ! 今年の凱旋門賞に挑戦したのが日本

記事を読む

grentent

【レース回顧】2016レパードS~グレンツェントが一騎打ちを制す!

レパードSは一騎打ちの決着! 4月の中山戦、伏竜Sの再現ウワサされた今年のレパードS。

記事を読む

マリアライト宝塚記念

【レース回顧】2016宝塚記念(G1)牝馬マリアライトが制す!

宝塚記念 マリアライト恐るべし! 4角ではキタサンブラックは手応えある逃げ。 中団の

記事を読む