【9/12(土)中山11R紫苑ステークス】出走馬短評とレース展望

公開日: : レース展望

中山 紫苑ステークス!

中山競馬場2

上位2着までに、秋華賞への優先出走権が与えられる。
持ち賞金 1000万以上の馬は4頭、900万の馬は6頭の構成。
桜花賞、オークスの出走組が中心にレースが展開される。

※ アースライズ
桜花賞8着、オークス4着の実績もマーメイドSは9着と惨敗。
ひと夏を境にどこまで成長しているかがポイントに。
ガサのない馬だけに、馬体の成長が一番の収穫ではあるが…
気にはなっても、軸扱いは避けた方が賢明。

※ エバーシャルマン
1勝馬だが、捨て難い内容の春競馬だった。
末脚がセールスポイントだけに、展開がハマれば権利ゲット!も。

※ カンデラ
逃げてパワーで競馬をするタイプだけに、芝の成績は今ひとつ。
同型の存在が気になるだけに、ダートのようなわけにはいくまい。

※ クインズミラーグロ
やっと2勝目をマークした馬だが、常に差のない競馬をしており、
ここに入っても、まったく遜色は感じられない。
夏からの3戦目になり、それだけが気掛かり。

※ ゴールデンハープ
2勝が2000mと2200mで、平均ペース向きの馬は間違いなさそう。
切れるというより、いい脚を長く使うタイプと思える。
ルメール騎手がどんな騎乗を見せるのか…

※ テンダリーヴォイス
桜花賞ではスローペースにも泣き、いいところなく終わった。
減った馬体は回復し、動きにも活気が見られるので、
ここは改めて期待したいところ。
もし大きく崩れるようなら、2000mの距離だろう…

※ ノットフォーマル
前々で競馬をするのみ、小細工は利かない馬。
前走の札幌戦は渋太く粘っており、あと時よりもメンバーは楽。
自分のペースで先行できるようなら、勝利まで考えられる。

※ ホワイトエレガンス
500万、1000万条件を連勝。北海道での収穫は大だった。
ただし、今回は当日輸送になり、夏場からは4走目の競馬になる。
現状維持がやっととみた方がいい。

※ リアンドジュエリー
6戦2勝、その2戦の勝利が2000mでのモノ。
テンには行けないが、終いはしっかり伸びてくる。
この馬と相性のいい柴山騎手、騎乗に抜かりはないはず。

距離2000mは本番と同じ。
秋華賞に際して、結果は勿論、その内容が問われそう…

【直前情報】 これは買い【優駿牝馬オークス(G1)】この馬は必ず買ってください。

【東京G1】 ヴィクトリアマイルC(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free07

カーネーションカップ2018/出走予定馬短評と予想のポイント

カーネーションC/予想のポイント 2018/5/19(土)開催 東京9R カーネーションC

記事を読む

レッドアルヴィス

京都11R・すばるS馬券検討

西・すばるS馬券作戦! オープン特別の混戦メンバーで波乱は必至か? 霜月S、大和S、武蔵野S

記事を読む

トゥルッリ

【8/9(日)札幌10R大倉山特別】注目馬はこの1頭!

札幌 大倉山特別・注目馬! ☆ トゥルッリ 父 クロフネ ー 母 カーメリタ

記事を読む

東京競馬場3

【10/12(月)東京10R オクトーバーステークス】出走馬短評とレース展望・予想

東京 オクトーバーステークス! 準オープンの長丁場の闘い。 広いコースを考えると、騎

記事を読む

ラインミーティア

【4/26(日)福島11R福島中央テレビ杯】注目馬はこの1頭!

福島中央テレビ杯・注目馬! ☆ ラインミーティア 福島 6-11 福島中央テレビ杯

記事を読む