京都メインみやこS

公開日: : 過去の記事

みやこS!
1着馬にチャンピオンズCの優先出走権が与えられる。
逃げ、先行馬が活躍している近年であり、
3歳と4歳馬が勝利しているデータも出ている。
4カ月以上の休養は割引材料ともいえる。

※  アスカノロマン
逃げ一辺倒から脱却し差す競馬を覚えた。
それからレースに幅が広がり成績も安定している。
今回は昇級戦で、しかも初の古豪相手となる。
厳しい条件の中でどこまで踏ん張れるか?
イキの良さと54kの斤量をフルに生かして…

※  インカンテーション
昨年の同レースの2着馬であり、目下連勝中と好調。
右回りにヤヤ不安は残すものの大崩れは考えづらく、
自在に立ち回れる脚質からも上位争いは可能。

※  クリノスターオー
春には平安Sを勝ち、前走はシリウスSも制覇。
530kの馬格はパワーに溢れている。
おそらく現4歳馬の中では屈指の存在だろう。
京都は6戦4勝で、斤量は57kと僅かながら軽くなる。
当然、勝って本番に駒を進めたいところ。

※  ソロル
マーチSを勝ち、平安Sは2着もあるが、
夏からの2戦が予想外の苦戦を強いられている。
ここらあたりでキッカケを掴みたいはず。
手替わり岩田騎手がどんな手綱捌きを見せるか…

※  ナムラビクター
堂々たるオープン馬。春はアンタレスSも制した。
ここ2走はクリノスターオーに負けてはいるが、
決して評価が下がることはあるまい。
それよりも、前走が想定外の16kの馬体減。
こちらの方が大いに気になるところ。
中間しっかり追って馬体回復ならいいのだが…
当日は馬体チェックをした上での結論を。

※  ニホンピロアワーズ
3年前は3着、一昨年は2着と成績を上げてきたが、
気がつけば、もうすぐ8歳に手が届くところまできている。
相変わらず斤量は背負うし、休養明けも気になるところ。
実績は認めても今回の評価は下げた方が賢明かと…

※  ブライトライン
昨年の勝ち馬。JCD4着、フェブラリーS5着は胸が張れる。
前走の札幌戦はドバイ遠征の疲れもあってか惨敗。
今回は仕切り直し、ジックリ乗り込んでの出走。
見直しは必要であり、改めて期待する手ではないだろうか。
ここは同馬にとっても正念場の一戦と言える。

※  ランウェイワルツ
他力本願の脚質で勝ち味の遅さは否定できないが、
確実に力強く追い込んでくる若き3歳馬。
先行激化が勝つための条件になるが、
馬券的にはぜひ押さえておいてほしい1頭。

G I 制覇を目論む大事な前哨戦。
今年から舞台は中京に替わるが、
回りに関係なく上位争いをしておかないと…

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

競馬コラム~騎手の乗り替わりについて

乗り替わり! 『 乗り替わり 』は競馬にすれば当たり前のケースだが、 実はここにはいろんな意

記事を読む

catch

京都11RみやこSパドック

京都11RみやこSパドック ※  レース傾向ー 力を信じて 馬番  評価 &

記事を読む

catch

トーホウジャッカル菊花賞制覇!

菊花賞制覇! バラエティーな番組構成が組まれてから、 選択肢が豊富になり 『 三冠 』の意思が薄れて

記事を読む

catch

スイートピーSの出走馬短評

スイートピーS! 2着までにオークスへの優先出走権が与えられる。 持ち賞金900万の馬が4頭で他は

記事を読む

catch

神戸新聞杯出走予定馬短評

新潟でイスラボニータが順調な滑り出しを見せた。 いよいよ、このレースからダービー馬が始動する。 持

記事を読む