スワンSレース回顧~ミッキーアイル

公開日: : 過去の記事

スワンSから!

G I マイルCSを睨んだ一戦。
持ち賞金おある馬は余裕残しの造りかも?
本番より距離は1ハロン短いが、外回りは同じ。
好感触を掴んで次走に臨みたい陣営だが…

※  まずは気配から

ウイニングザムーン…馬体締まり上向き
タガノブルグ…チャカつくも太目感なく
フェイロ…腹回りに余裕が
ベルカント…イレ気味も好馬体
サダムパテック…今少し絞れてもよさそう
ミッキーアイル…ムダなくスッキリ
サンライズメジャー…少し硬さを覗かせ

※  ゲートイン!

サダムパテックが出遅れ。
ベルカントがハナに立つもウイニングザムーンが掛かり体を並べ、
ミッキーアイルは3番手からの競馬。
前半 3Fが35秒1で流れる。

3角を過ぎてからミッキーアイルが先頭に立つ形に。
2番手は外からサクラアドニスが追い、ベルカントは3番手。

直線に入るといつも通りミッキーアイルはラチ沿いに。
休み明けと57kの斤量もありスピードは鈍ったが、
それでも追い込み馬の強襲を凌いで逃げ込む。

勝ち時計は 1分20秒3、上がり 45.2-33.9の決着。

この速い上がりで追い込んできたのは2頭。
外から常識通り伸びてきたサンライズメジャーが2着。

馬込みを割って鋭く伸びたフィエロが3着。
余裕残しの体とこの上がりでの末脚は立派。
マイルCSでの変わり身に期待する手は十分にある。

ウイニングザムーンは盛り返したが、前半掛かったのが致命傷。

ベルカントは決め脚のなさを露呈してしまった。

サダムパテックは出遅れもあるが、
体の線が今ひとつよくなかった。
1400mを使ったことで次の乗り方が難しくなったのも事実。
これでは本番での変身は困難になった感じだが…

勝ち馬ミッキーアイルは叩いた効果と得意のマイルで、
今回よりシャープな走りができるはずだが…

スワンSからの狙い目はフィエロと見た!が

【必見情報】 状態絶好【中山記念(G2)】今週狙い目の馬はコノ馬です!

【自信勝負】 ☆阪急杯(G3)イチオシ狙い馬はこの馬←これは必見です☆

【中山競馬】 G1馬集結!『中山記念(G2)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪急杯(G3)波乱を巻き起こすダークホースを徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

京都・シンザン記念

シンザン記念! 出世の登竜門であり名馬が通過した道でもある。 昨年の代表馬に選ばれたジェンティルド

記事を読む

catch

中山11RフェアリーSパドック

中山11RフェアリーSパドック ※ レース傾向ー 互角の闘い 馬番 評価 寸評 1△細化

記事を読む

catch

京都4R新馬戦パドック

京都4R新馬戦パドック ※ レース傾向ー 馬体は8番 馬番 評価 寸評 1×まだ緩さが

記事を読む

catch

弥生賞はトゥザワールド 皐月賞への展望

上位3着までに皐月賞の優先出走権が与えられる。 持ち賞金が1000万を越える中央馬は5頭。 他は何と

記事を読む

catch

京都5R新馬戦パドック

京都5Rパドック ※ レース傾向ー 抜けた馬はいないが 馬番 評価 寸評 1×全体に緩さ

記事を読む