【2015新潟新潟2歳ステークス(G3)】出走馬短評とレース展望・予想

公開日: : 重賞展望

新潟 新潟2歳ステークス!

新潟競馬場

このレースをキッカケに活躍した馬は多い。
来年のマイル路線の重要な足掛かりとなっている。
ほとんどが 1勝馬だが、資質の高い馬ばかりで興味津々。

※ ウインミレーユ
好位から抜け出し、最速の脚で初戦を飾った。
ここでは勝ち時計も優秀で、2着馬と0.7秒差は大きい。
ただ、今回は斤量が51kから54kに増える。
その分、鞍上も強化されたが、同じレースができるかどうか…

※ キャプテンペリー
初戦は圧勝の勝利だったが、1200mで時計もそう速くなし。
今回は1600mになり、直線も長くなるので、過信は避けたい。

※ タニセンビクトリー
未勝利勝ちだが、初戦は0.1秒差の2着で、2戦目は危なげない勝利。
自在性があり、流れに左右されないのが強みとなる。
切れるというより、渋太い脚を長く使うタイプと見たが…

※ ヒプノティスト
出遅れて後方からの追走になったが、直線は33秒7の脚を使って新馬勝ち。
勝った後はひと息入れて、ここを目標の調整。
速い流れになって戸惑わないか!速い時計に対応できるか?
不安部分は多く残されているが、気になる1頭には違いない。

※ ファド
前走は後手を踏み後ろからの競馬、馬にも戸惑いが見られた。
1番人気に支持されていた馬だけに、まだ見限るわけにはいかない。
再度、鞍上は替わるが、今一度検討して損はないはず…

※ プリンシパルスター
新馬勝ちしているが、戸崎騎手の立ち回りのうまさの勝利でもあった。
距離が延びるのはプラスと言えず、乗り替わりにも不安が。

※ ペルソナリテ
押しも押されもしない2戦2勝馬。ガサはないが根性は立派。
マイル戦でこの相手にどこまでやれるかだが、
これまで、ダリア賞の勝ち馬は苦戦を強いられており、
安易に飛びつくのはどうかと思うので、慎重に…

※ マコトルーメン
函館で頑張ってきているが、今回は時計が速くなり距離も延びる。
テンに置かれる脚質にも不安が残る。

※ ルグランフリソン
余裕残しの体で新馬勝ち。能力はあるが、気性が若い。
口向きに課題があるので、スムーズな走りができればいいが。

※ ロードクエスト
スタートで出遅れ後方から、直線だけでゴボウ抜きしての勝利。
33秒2の脚を使い、見た目にインパクトがあった。
前走後は早々とここを使うと宣言しており、
来年に向けてのプランも出来上がっているのだろう。
今回はデムーロ騎手が新潟不在、田辺騎手に乗り替わるが、
それだけの能力さえあれば、さして問題ないこと。
どんな走りをするか楽しみ…

外回りで末脚自慢の勝負になり、追込み馬が有利。
1番人気の過去10年は、1着4頭、2着2頭、3着1頭となっている。

【絶対推奨】 阪神ジュベナイルF(G1)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【必見情報】 チャレンジC(G3)極選!注目馬情報・予想公開はコチラです!

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ドゥラメンテ1

【2016中山記念(G2)】1週前出走馬動向~ドゥラメンテ始動!

2月28日 中山記念にドゥラメンテが登場! 中山記念は G2 の1800m芝の闘いです

記事を読む

musashino_stakes

武蔵野ステークス2016予想・馬券分析

土 東京 武蔵野S・馬券分析! 1着馬にはチャンピオンズCの優先権が与えられるレースだ

記事を読む

東京競馬場4

【10/31(土)東京11R アルテミスステークス(G3)】出走馬短評とレース展望・予想

東京 アルテミスステークス! 新設されてから今年で4回目を迎える2歳牝馬の重賞戦。

記事を読む

asahihaiFS

【朝日杯フューチュリティステークス2016】1週前出走馬動向をチェック!

12月18日の阪神は朝日杯FSです! 2歳牡馬・牝馬 1600m芝 G I 馬齢戦 中山

記事を読む

ノットフォーマル

【2015フラワーC(G3)】出走予定馬短評・レース展望

中山・フラワーC! どちらかといえば、桜花賞よりオークスを睨んだレースであり、 しっ

記事を読む