【レース回顧】札幌記念(G2)ディサイファが制覇

公開日: : 重賞回顧 ,

札幌記念はディサイファが制覇!

ディサイファ1

なかなかのネームバリューが揃った今年の札幌記念。
先行有利は見え見え、各ジョッキーがどんな騎乗をするのか興味があった。

予想通りハナに立ったのはトウケイヘイローだったが、
なんと、2番手に四位騎手のディサイファがいた。
そこで明暗がくっきりと分かれている。

前半の1000mは58秒9で流れ、各馬は動く気配なし。
動きが激しくなったのは4角からで、
いち早くスパートしたディサイファが逃げ込みを図る。

ゴール前は、インからダービーフィズ、外からヒットザターゲットが迫る。
結果は僅差の勝負になり、四位騎手の作戦勝ちに。
勝ち時計は1分59秒0、上がりは48.1-36.2。

2着はジックリ構え、直線に賭けたヒットザターゲット。
いかにも小牧太騎手らしい乗り方。
好きなように乗らせたら、予想外の結果を出してくれる。

3着は勝ち馬と2頭使いのダービーフィズ岩田騎手。
脚を温存してインを突く作戦が彼らしいところ…
馬体だけならディサイファより良く見えたが、結果は逆。

ヤマカツエースは思った通り、今回は控える競馬をした。
馬体が更に減っていたが、問題ない渋太い伸びは見せている。

ラキシスは仕上がっていたが、馬体の張りは物足りなかった。
力のいる洋芝にも問題があったのかも…

ラストインパクトは札幌滞在の影響か、気持ち太く映った。
敗因はそれだけではないだろうが、見せ場なく終わってしまった。

菊花賞馬トーホウジャッカルは前走時以上の馬体に見えたが、
競馬は4角で終わってしまっている。

本当に競馬は難しい!

そう感じた札幌記念でもあったのでは…

【東京優駿】 日本ダービー(G1)出走馬徹底分析で見えた!勝つのは●●●●●だ!

【徹底分析】 目黒記念(G2)出走馬徹底分析!データからの推奨馬は・・・

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ショウナンアポロン

【レース回顧】2016マーチステークス(G3)~ショウナンアポロンが逃げ切る!

マーチSはショウナンアポロンが逃げ込む! 荒れると定説のあるマーチS、ハンデ戦もその要

記事を読む

トウショウドラフタファルコンS

【レース回顧】2016ファルコンステークス(G3)~トウショウドラフタが大外強襲!

ファルコンSはトウショウドラフタが大外強襲! あいにくの不良馬場で行われた今年のファル

記事を読む

kitasannblack

【京都大賞典2016レース回顧】キタサンブラックの順当勝ち!

京都大賞典はキタサンブラックの順当勝ち! 1着馬には天皇賞の優先出走権が与えられるレース。

記事を読む

satonodaiyamond

【菊花賞2016レース回顧】菊花賞馬サトノダイヤモンド誕生!

第77回菊花賞馬 サトノダイヤモンド 誕生! マカヒキ不在で 『 2強 』と謳われた今年の菊花

記事を読む

kawata_tuika06_960_720

オークス2017結果/レース回顧|ソウルスターリングが雪辱を果たす!

今年の優駿牝馬 ( オークス )は ソウルスターリングが雪辱! 2017/5/21(日)開催

記事を読む