【レース回顧】札幌記念(G2)ディサイファが制覇

公開日: : 重賞回顧 ,

札幌記念はディサイファが制覇!

ディサイファ1

なかなかのネームバリューが揃った今年の札幌記念。
先行有利は見え見え、各ジョッキーがどんな騎乗をするのか興味があった。

予想通りハナに立ったのはトウケイヘイローだったが、
なんと、2番手に四位騎手のディサイファがいた。
そこで明暗がくっきりと分かれている。

前半の1000mは58秒9で流れ、各馬は動く気配なし。
動きが激しくなったのは4角からで、
いち早くスパートしたディサイファが逃げ込みを図る。

ゴール前は、インからダービーフィズ、外からヒットザターゲットが迫る。
結果は僅差の勝負になり、四位騎手の作戦勝ちに。
勝ち時計は1分59秒0、上がりは48.1-36.2。

2着はジックリ構え、直線に賭けたヒットザターゲット。
いかにも小牧太騎手らしい乗り方。
好きなように乗らせたら、予想外の結果を出してくれる。

3着は勝ち馬と2頭使いのダービーフィズ岩田騎手。
脚を温存してインを突く作戦が彼らしいところ…
馬体だけならディサイファより良く見えたが、結果は逆。

ヤマカツエースは思った通り、今回は控える競馬をした。
馬体が更に減っていたが、問題ない渋太い伸びは見せている。

ラキシスは仕上がっていたが、馬体の張りは物足りなかった。
力のいる洋芝にも問題があったのかも…

ラストインパクトは札幌滞在の影響か、気持ち太く映った。
敗因はそれだけではないだろうが、見せ場なく終わってしまった。

菊花賞馬トーホウジャッカルは前走時以上の馬体に見えたが、
競馬は4角で終わってしまっている。

本当に競馬は難しい!

そう感じた札幌記念でもあったのでは…

【浦和競馬】

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kadena

【京都2歳ステークス2016レース回顧】カデナが追い込む!

京都2歳ステークスは大外からカデナが追い込む! 京都2歳S 2000m芝 G 3 馬齢戦

記事を読む

レッドアリオン

【レース回顧】2015マイラーズC~レッドアリオン

京都 マイラーズC・レッドアリオン! さすがはオープン馬と言わんばかりの好馬体揃い。

記事を読む

アルビアーノ3

【レース回顧】2015スワンステークス(G2)~アルビアーノが差し切る

京都 スワンSはアルビアーノが制す! 1着馬にマイルCSの出走権が与えられるレースだっ

記事を読む

サトノクラウン京都記念

【レース回顧】京都記念(G2)~サトノクラウンが復活!

京都記念でサトノクラウンが復活! 不良馬場で始まった日曜競馬だが、メインレースは重馬場

記事を読む

ルージュバック

【重賞回顧】きさらぎ賞(G3)ルージュバック

※ 西・きさらぎ賞! 少頭数ながらその中身は濃く、熱い闘いに。 注目の牝馬がどんな走りを

記事を読む