【レース回顧】2015ブリーダーズゴールドCはアムールブリエが優勝!

公開日: : 最終更新日:2015/08/14 重賞回顧 ,

門別 ブリーダーズG C はアムールブリエ優勝!

アムールブリエ

第27回 ブリーダーズゴールドカップ 牝馬 2000mダート
が門別競馬場で行われた。

J R A から5頭がエントリーしていたが、
アクティビューティが出走を取消し、14頭の闘いに。

パドックでのJRA馬は
☆ アムールブリエ…+26k。数字ほど太い感じはないが、力強さは今ひとつ。

☆ ホワイトフーガ…増減なし0k。古馬並みの落ち着きがあり、仕上がり良好。

☆ サンビスタ…+10k。太目感なく、仕上がりは良好。

☆ キャニオンバレー…増減なし0k。大型馬もスリムに映り、腹回りはギリギリ。

※ いよいよ スタート!
サンバビーンがハナに立ち、キャニオンバレーは2番手。
それをマークする形のホワイトフーガ。
サンビスタ、アムールブリエが続き、淡々とした流れ。
早目にホワイトフーガが、キャニオンバレーに並びかけ、
サンビスタもスパートを開始する。

サンビスタはホワイトフーガを捉えて先頭に立ったが、
追い込んできたアムールブリエには余力があった。
ゴール寸前でサンビスタを捉えて優勝!
勝ち時計は2分08秒1と速くなかったが…

ジックリ構えた浜中騎手の立ち回りの勝利と言えるが、
岩田騎手も気になったホワイトフーガを捉えており、
これが競馬の “ アヤ ” というもので、2着は仕方ないところ。

ホワイトフーガはキャニオンバレーが相手と見たのか、早目のスパート。
直線では苦しがって内にモタれていた。
しかし、3歳牝馬でもあり、この経験は先に繋がるはず…

キャニオンバレーはこれまでと違い2番手からの競馬をしたが、
4角を回る時には、もう手応えが残っていなかった。

26k増の馬体ではあったが、
4歳牝馬 アムールブリエが連勝記録を伸ばし、
意気揚々と引き揚げてきた…

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ハートレー

【レース回顧】2015ホープフルステークス(G2)~新星ハートレーが勝利!

中山ホ ープフルSは新星ハートレーが制覇。 2連勝のバティスティーニ、ロードクエストが

記事を読む

ノボリディアーナ

【レース回顧】2015府中牝馬Sはノボリディアーナが追い込む!

東京 府中牝馬Sはノボリディアーナが追い込む! 人気のケイアイエレガントは馬体は仕上が

記事を読む

qeensring

【エリザベス女王杯2016レース回顧】クイーンズリングが差し切る!

エリザベス女王杯はデムーロ騎手のクイーンズリング! エリザベス女王杯 牝馬 2200m芝 G

記事を読む

ホッコータルマエ川崎記念

【レース回顧】2016川崎記念(Jpn1)~ホッコータルマエが3連覇を達成

川崎記念はホッコータルマエが3連覇を達成! 今年の Jpn I 川崎記念2100mダー

記事を読む

ショウナンパンドラ

【レース回顧】2015オールカマー~ショウナンパンドラ

オールカマーはショウナンパンドラが決める! 4歳牝馬の決着になった今年のオールカマー。

記事を読む