★2015ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3)出走馬紹介と予想攻略情報★

公開日: : 最終更新日:2015/08/16 管理人より

ブリーダーズゴールドカップ
週末の中央競馬の出走馬も確定する木曜の夜ですが、お盆ということもあり
木曜の夜も地方交流重賞が発走となるのをご存知でしょうか。
8/13(木)門別競馬場で開催されるブリーダーズゴールドカップに注目してみましょう。

牝馬限定の交流重賞として再編成されたこの重賞ですが、昔は旭川競馬場の風物詩のような
レースだったことを懐かしく思い出しますが、果たして制するのはどの馬でしょうか?

サンビスタ
昨年のJBCレディスクラシックを制して砂の女王の栄冠に輝いたサンビスタ
その後は牡馬との混合重賞でも活躍するなどしていましたが、ここ2走が案外の結果に。
元々、今年の春に引退を予定していた馬が、活躍をうけて1年間現役続行を決めたという
いきさつがあるだけにもう限界説も囁かれる今、そんな声をシャットアウトするためには
勝って女王の威厳を示す必要があるだけにここは重要な一戦と言えるでしょう。

アムールブリエ
サンビスタを負かすならという筆頭いるのがアムールブリエでしょう。
ここは3月のエンプレス杯以来のレースとなるだけに仕上がり具合は心配ですが、
そのエンプレス杯ではワイルドフラッパーを撃破して3連勝で重賞制覇となりました。
ここは4連勝もかかっている一戦ですが春先の充実ぶりと勢いを維持しているのならば
サンビスタを負かしてもおかしくないでしょう。
只、背負い生れない57kgという思い斤量をはじめて背負うことになるだけに
そのあたりの影響だけは多少心配といえば心配です。

ホワイトフーガ
ホワイトフーガは3歳馬ながら果敢に挑戦してきます。
前走の関東オークスはポムフィリアに2.3秒の大差をつけての圧勝でしたが、
ここは古馬との初対戦となるだけにその力差をしっかりと見極める必要がありますが、
関東オークスの川崎2100mの走破タイムをアムールブリエのエンプレス杯の走破タイムと
比較してみると1秒ほど差があります。そう考えるとやはり苦しいかなとも思わなくもありません。
何よりこの時期ならば3歳牝馬は斤量の恩恵を得られるはずなのですが、関東オークスを勝って
斤量は55kgに。これは中央から参戦のキャニオンバレーと同じ斤量となるだけに
全くといっていいほど斤量の恩恵がないということになります。

そう考えると、キャニオンバレーも休み明けにはなりますが、鞍上は武豊騎手。
ハナにいければ渋太い馬だけに展開次第では食い込みがあってもおかしくないでしょう。

とはいえ、ハナに行かなければ脆い馬、ここはアクティビューティが出走取消をしたことで
3番手争いという点では非常に難解なレースとなっていることは言うまでもありません。

地元ホッカイドウ競馬のサンバビーンにもチャンスがあるかもしれません。
このレースに出走すべくホッカイドウ競馬へ移籍して調整してきた馬だけに
ここは中央馬相手に一矢報いたいところでしょう。
力的には中央で準オープンを勝っているだけにキャニオンバレーとは互角と見ていいでしょうし
地の利を活かしてどこまで頑張れるかは注目でしょうね。

とはいえ馬券に絡めそうなのはこれくらいの馬といった感じにはなりますよね・・・
門別馬券売場

【徹底予想】 ※※中京記念で必ず買うべき馬券情報が気になる方はクリック

【状態絶好】 函館2歳S(G3)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【中京競馬】 ★荒れる中京記念(G3)出走馬徹底分析&必勝データ公開中★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

競馬関係者

★2015神戸新聞杯(G2)★関係者のホンネ!予想公開

神戸新聞杯に潜む関係者のホンネとは? 核心に迫る情報からこの神戸新聞杯を予想してみることにしよう。

記事を読む

北海道2歳優駿

【2015北海道2歳優駿(Jpn)】予想に役立つ必勝情報を公開!

JBCが終わって祭りの後、みたいな雰囲気になっていたら要注意! 今週はまだまだ注目のレースが続

記事を読む

パドック解説席2

★3/28(土)日経賞・毎日杯他、パドック診断速報のお知らせ★

みなさんこんにちは、管理人の弟子です。 今日はなかなかに波乱の展開。馬券検討も悩んでしまいます

記事を読む

キズナ

【2015天皇賞(春)】出走予定馬と予想に役立つ前哨戦まとめ

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 天皇賞(春)の前哨戦は終了し、勢力図が固まって

記事を読む

パドック解説席2

★4/12(日)桜花賞(G1)他、パドック診断速報のお知らせ★

みなさんこんにちは、管理人の弟子です。 今日の阪神競馬場は「晴れ」桜花賞までには芝コースも良馬

記事を読む