【レース回顧】2015レパードステークス(G3)~クロスクリーガー

新潟 レパードSはクロスクリーガー!

クロスクリーガー1

誰もが巻き返しを期待したゴールデンバローズだったが、
落ち着きはマシだったが、更なる馬体増で絞れていなかった。
しかも、内枠でハナに立ち、自ら目標になってしまった。
マークされ、突かれ、太目で息が保たず4着がやっと…

前に目標があっただけに、クロスクリーガーは競馬がしやすかった。
状態は安定し、この馬の力さえ出し切れば何とかなる!
岩田騎手はそう思ったに違いない…
好位で脚をタメて、早めに目標を捉えに行った。
ソツのない騎乗が見事な勝利につながっている。
1分51秒9、上がり50.4-37.9はほぼ水準タイム。

初ダートのダノンリバティはよく頑張っている。
砂を被らない外目を回り、仕掛けどころもバッチリ。
馬体にムダはなく、現状での力は出し切ってる。
これでレースへの選択肢は広がったことだろう。

3着タマノブリュネットは持ち味の末脚を発揮している。
他力本願の競馬だけにまだアテにできないが、
唯一の牝馬でここまでやれれば、先は明るいはず。

カラパナビーチは控える競馬で収穫を得ている。
脚質に幅を広げることは、これからの競馬に生きてくる。
長い目で見ることにしよう。

ライドオンウインドは積極策で挑んだが、現状は力不足を露呈した。

ノボバカラは体形が示すように、1800mは若干長いようだ…

レパードSをキッカケに大きく飛躍した馬は数いるし、
これからも3歳馬の動向に注目していきたい…

 

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【動き絶好】 ★青葉賞(G2)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ホッコータルマエ川崎記念

【レース回顧】2016川崎記念(Jpn1)~ホッコータルマエが3連覇を達成

川崎記念はホッコータルマエが3連覇を達成! 今年の Jpn I 川崎記念2100mダー

記事を読む

bakusinteiou

【レース回顧】2016北九州記念(G3)~バクシンテイオーが決める!

北九州記念はバクシンテイオーが決める! 圧倒的な1番人気ベルカント中心にレースが進められた。

記事を読む

ショウナンアポロン

【レース回顧】2016マーチステークス(G3)~ショウナンアポロンが逃げ切る!

マーチSはショウナンアポロンが逃げ込む! 荒れると定説のあるマーチS、ハンデ戦もその要

記事を読む

adeiinthelife

【レース回顧】2016 新潟記念(G3)~アデイインザライフが大外強襲!

新潟記念はアデイインザライフが大外強襲! 人気は割れたが、混戦を断ったのはアデイインザライフだ

記事を読む

シングウィズジョイ1

【レース回顧】2015ターコイズS~シングウィズジョイが優勝!

中山 第1回 ターコイズSはシングウィズジョイが優勝! 牝馬による、記念すべき 第 1

記事を読む