毎日王冠

公開日: : 過去の記事

毎日王冠!
1着馬に天皇賞への優先出走権が与えられる。
今年の天皇賞は混戦ムードだけに
各馬にとっては大事な前哨戦となる。

※  グランデッツァ
函館記念は 『 微妙に距離が長かった 』 と騎手の弁。
安田記念は不良馬場でまったく力を出していない。
都大路Sのレコード勝ちが示すように、
パンパン馬場の1800mなら一変する要素は十分。
左回りに疑問は残るが、見直し必要な馬。

※  スピルバーグ
形は休み明けの昇級戦になるが、軽視できない1頭。
1年以上のブランクから復帰し3連勝しているのだから。
特に東京コースの1800mの成績は抜群で、
走破時計も上がりの脚もここで見劣ることはない。
大型馬だけに仕上がりひとつにかかっている。

※  ダイワファルコン
気がつけば既に7歳の秋に。
昨年秋の福島記念から勝利に遠ざかっている。
G Ⅲ ならともかく 今回は G Ⅱ に格上げされる。
56kとはいえ厳しいモノがある。

※  ダイワマッジョーレ
成績を振り返ると意外に1800mを得意としている。
マイラーのイメージが強かったのだが…
休み明けは苦にせず56kの斤量も魅力だが、
ここを叩いて京都のマイルCSが目標と思われる。
その分、狙いは少し下げた方がよさそう。

※  ダークシャドウ
3年前の勝ち馬だが、その後は勝ち鞍なし。
しかし、ここ2戦は勝てないまでも上々の内容。
夏前のエプソムCでディサイファに負けてはいるが、
こちらは休養明け59kで、むこうは56kの条件だった。
今回は56kで走れるのでディサイファとの逆転は可能。
勝てないまでも押えは必要と思われるが…

※  ディサイファ
エプソムCで念願の重賞を制覇して夏休みに。
相手なりに崩れなく走れるのは心強いが、
あと一歩の詰めが甘いのも事実。
分の悪い対戦相手が多い今回だけに、
「 ひと夏の成長 」を期待したいところだが果たして…

※  ロゴタイプ
皐月賞馬もその後の活躍が見られない。
札幌記念は休み明けの一戦だったが見せ場なし。
ヒョットして 「 ワセ 」早熟だったのだろうか…
叩き2走目の今回は正念場となる。
ここで凡走していては言い訳もできない。

※  ロサギガンティア
5カ月振りの実戦になり、初の古馬相手にもなる。
これまでとはペースも違うし終いも違う。
他馬との斤量を考えると55kは決して有利とは言えない。
期待と不安が交錯する一戦と言える。

※  ワールドエース
2年余りのブランクから見事に甦った実力馬。
ダービー4着、復帰後のマイラーズCはレコード勝ち。
前走の安田記念は極悪馬場で力を発揮できず。
今回は4カ月の休み明けとなるが、
改めて期待したい気持ちで…
ただ、左前の屈腱炎だっただけに、
“ 左回りを気にしなければ ” の一抹の不安は残るが。

一見豪華に見えても一長一短の馬ばかり。
ジックリと見極めるのが肝要では…

【浦和競馬】 浦和記念(Jpn3)中央VS地方のガチバトル!予想公開中

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

【2歳重賞】 注目の重賞【京都2歳S(G3)】今年狙い目の馬はコノ馬です!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

京都5R新馬戦パドック

京都5Rパドック ※  レース傾向ー  混戦メンバー 馬番  評価

記事を読む

catch

阪急杯!

3年前の勝ち馬サンカルロの馬名は見えるが、 王者ロードカナロアが抜けた今年は下克上の闘い。 メンバー

記事を読む

catch

京都5R新馬パドック

京都5Rパドック ※  レース傾向ー 難解? 馬番  評価  寸評

記事を読む

catch

競走馬のシーズンオフ!

有馬記念が終わり 12月末はシーズンオフ。 シーズンが終わったスポーツ選手と同じ状況。 人間

記事を読む

catch

天皇賞(春) 2014

今年も春を告げる天皇賞がやって来た。 霞たなびく空!スワンの遊ぶ池を囲む広い馬場! 競馬ファンにはた

記事を読む