【2015レパードS(G3)】出走馬短評とレース展望

公開日: : 重賞展望

新潟 レパードステークス!

新潟競馬場ダート

歴史は浅いが、このレースを足掛かりに出世した馬は多い。
トランセンド、ホッコータルマエ、インカンテーション、
昨年はアジアエクスプレスが制している。

※ アルタイル
オープン入りしてなかなか勝てないが、堅実無比の成績。
いつ勝ってもおかしくない状況にある。
距離は1ハロン延びるが、ムキになる性格ではなく心配なさそう。
左回りは安定した走りを見せており、今回も上位争いは必至。

※ カラパナビーチ
先行して二枚腰でゴールを目指す馬だが、
今回は昇級戦になり、強力な同型が待ち構えている。
斤量は2k増えるし、この馬にとっては試金石の闘いになる。

※ クロスクリーガー
ノンコノユメには歯が立たなかったが、評価が下がるわけではない。
逃げ、あるいは先行して、並ばれてもヘコまない根性は立派。
岩田騎手はこの馬を手の内に入れており、秘策も練っているはず。

※ ゴールデンバローズ
ユニコーンSの負けにはショックを受けたが、
ドバイ遠征帰りであり、馬体も増えていたから仕方ない結果かも。
改めて、デビューからの3連勝を思い出し、期待する手だろう。

※ センチュリオン
ダートで連勝し、芝の青葉賞にチャレンジし凡走。
立て直しを図って臨む今回で、この馬の力が分かるだろう。
果たして、通用するのか…

※ ダノンリバティ
休み明けより、初ダートがどう出るかの方が心配。
血統的にはこなせるが、キャリアというものがあるので…
砂を被らず追走できれば、重賞2着の力を発揮するかも。

※ ノボバカラ
ユニコーンSは勝ちに行く競馬での2着だから価値がある。
距離的な不安は少しあるが、ゲート五分なら道中ムダ脚を使わなくて済む。
やはり、上位争いの一角と見るのが妥当。

※ ライドオンウインド
前走の16k増の馬体は元に戻ったものだが、終いは完全にスタミナ切れ。
だが、まだまだ見限るのは早計というもの。
今回はデムーロ騎手を配して、巻き返しを図らんと挑んでくる。

ノンコノユメのライバルになる馬はどれだ!

【東京開幕】 ★根岸ステークス(G3)出走馬徹底分析予想はコチラ★

【特別公開】 シルクロードS(G3)予想必勝情報を公開中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

安田記念

【2016安田記念(G1)】出走馬徹底分析[3]モーリス他

日  東京  安田記念・ 徹底分析!  3 いよいよ春のGIレースも大詰め。 安田記念160

記事を読む

erizabesu2015

エリザベス女王杯2016予想・馬券分析

2016/11/13(日)京都11R エリザベス女王杯・馬券分析! エリザベス女王杯 3歳以上

記事を読む

阪神競馬

【3/20(日)阪神11R 阪神大賞典(G2)】馬券分析・予想

日  阪神  阪神大賞典・馬券分析! 春の天皇賞の前哨戦、1着馬に優先出走権が与えられ

記事を読む

ドゥラメンテ1

【2016中山記念(G2)】1週前出走馬動向~ドゥラメンテ始動!

2月28日 中山記念にドゥラメンテが登場! 中山記念は G2 の1800m芝の闘いです

記事を読む

中山競馬場4

【2/28(日)中山11R中山記念(G2)】馬券分析・予想

日  中山  中山記念・馬券分析! 嫌でもGIを意識させる豪華なメンバー構成。 いよいよ春競

記事を読む