【7/26(日)函館11R函館2歳ステークス(G3)】出走馬短評とレース展望

公開日: : 重賞展望

函館 函館2歳ステークス!

函館競馬5

地方馬参戦は毎年のこと、ダート勝ちも加わり波乱ムード。
牝馬が多いだけに、馬体のチェックは欠かせないところ。

※ アルマククナ
1000mの勝ち時計 58秒0は悪くないが、果たして距離延長がどう出るか。
初戦向きの血統でもあり、過信は避けた方がいいのでは。

※ オデュッセウス
この中に入れば、前走の勝ち時計は胸が張れるモノだが、
岩田騎手は見限って別な馬に騎乗する。
シビアな彼のことだけに、ひとつの目安にはなるだろう。

※ ドナルチア
連闘策で挑むが、滞在競馬とはいえ、410kの体での連闘には疑問符が。
まして、牝馬だけに、大きな上積みは望めないだろう。

※ ヒルダ
鮮やかな差し切りに見えても、勝ち時計は遅い。
メンバーに恵まれたところもあった。

※ ブランボヌール
クビ差の勝利だが、着差以上に余裕はあったし、
岩田騎手も迷うことなくこの馬を選んでいる。
ディープインパクト産駒だけに、それだけの良さがあるのだろう。

※ メジェルダ
初戦はブランボヌールのクビ差2着、2戦目はアッサリ逃げ切って初勝利。
走破時計は非凡ではないが、内容的には見た目以上の勝利。
小柄ながらしっかりした造りでもある。

※ メジャータイフーン
勝ち時計は遅いが、相手を寄せつけない圧勝だった。
1秒は時計を縮めないと、勝ち負けできない計算だが…
ガサがあるので、上積みは大きいとも言えるが。

※ ラッキーボックス
メンバー中で時計は一番だが、福島で挙げたモノ。
余裕ある勝ち方だったので、同じ走りができれば連勝は可能。
すべては輸送にかかっていると言っても過言ではあるまい。

※ ラプレシオーサ
地方馬、初芝、初コースと、未知な面ばかりだが、
地方での2戦が共に圧勝で、まだ底を見せていない。
通用しないかもしれないが、案外やれるかもしれない…

残念ながら、このレースの勝ち馬は、その後の活躍はひと息。
レベルの低い闘いは仕方ないところか…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場4

【2016エプソムカップ(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

6月12日 東京はエプソムC! 東京  エプソムS  1800m芝の G3 戦です。

記事を読む

free38

フェブラリーステークス2017予想・馬券分析

フェブラリーステークス2017:馬券分析 2017/2/19(日) 東京11R フェブラリース

記事を読む

free33

中京記念2017/出走予定馬短評と予想のポイント

中京記念/予想のポイント 2017/7/23(日)開催 中京11R 中京記念 3歳以上 オー

記事を読む

free03

安田記念2017出走予定馬徹底分析[4]~ヤングマンパワー他

安田記念2017徹底分析 2017/6/4(日) 東京11R 安田記念(G1) 3歳以上オー

記事を読む

kawata_tuika09_960_720

キーンランドカップ2017予想/馬券分析

キーンランドカップ2017/馬券分析 2017/8/27(日)開催 札幌11R キーンランドカ

記事を読む