セントライト記念レース回顧~イスラボニータ

公開日: : 過去の記事

セントライト記念!

春のクラシック馬が始動する注目のレース。

どんな走りを披露してくれるのか?
G I 馬に待った!をかける馬の出現はあるのか?

上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられる。

※ まずは馬体から

ショウナンラグーン…全体に重目
イスラボニータ…好仕上がり好馬体
マイネルフロスト…気合は十分
サトノフェラーリ…デキは維持も目立たず
ステファノス…歩様は硬かった
ワールドインパクト…馬体減も細くは映らず
タガノグランパ…仕上がりは良好
トゥザワールド…少し緩さが残る
クラリティシチー…全体に太く

※ いよいよスタート!

サングラス、オウケンブラックがレースを作る。
トゥザワールドが先行策を取り、イスラボニータがマーク。
前2頭を目標に各馬が続き流れは速くない。

団子状態で直線の攻防に移る…

勝ちパターンで抜け出したトゥザワールドに、
内目から馬を割ってトゥザを追うイスラボニータ。

相変わらず内にモタれる癖は変わらないが、
力強い伸びを見せたイスラボニータの完勝!
勝ち時計は2分11秒7、上がり48.1-36.0の決着。
着差以上の強さは京都に夢を膨らませるモノ。
いい滑り出しを披露してくれた。

2着トゥザワールドも強いが、
どうしてもイスラボニータに先着できない。
この事実を払拭するのはなかなか難しそうだが…

タガノグランパは完全に距離を克服した感じがする。
確かにスパッと切れる脚は使えないが、
並んでの叩き合いで根性を発揮する強みはある。

ステラファノスは直線で一瞬前が詰まる振り。
スムーズに捌けていれば着差は違っていただろう。
まぁ、それが競馬でもあるのだが…

ショウナンラグーンは今日の結果は目をつむろう。
が、次はいっさい言い訳はできない。
どこまで変われるか…

マイネルフロストのダービーはフロックだったのか?
やはりマイラーなのだろうか?
今回に関しては見せ場はまったくなかった。

ワールドインパクトは細い感じはしなかったが、
休み明けの12k減はいただけない。
叩いた変わり身は見込めない感じがするが…

クラリティシチーは太目はあったが、
どうやらスタミナタイプではなさそうだ。

何か物足りなさは覚えても、
皐月賞馬の順調さを観れたことを良しとし、
秋の本格的な闘いを楽しみにするとしよう!

【直前情報】 これは買い【宝塚記念(G1)】この馬は必ず買ってください。

【阪神GⅠ】 宝塚記念(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

阪神11R阪神Cパドック

阪神11R阪神Cパドック ※ レース傾向ー 展開は差し有利だが 馬番 評価 寸評 1▲丸

記事を読む

catch

中山・京成杯

中山・京成杯! 春のクラシックを意識する面々が集結したが、 賞金900万以上の馬は5頭で、残りは1

記事を読む

catch

秋・天皇賞

第150回 天皇賞 ( 秋 ) ジャスタウェイ、ゴールドシップの馬名こそないが、 ズラリとG I 馬

記事を読む

catch

京都11RマイルCSパドック

京都11RマイルCSパドック ※ レース傾向ー 実力は伯仲し 馬番 評価 寸評 1× 2

記事を読む

catch

京都1Rパドック

京都1Rパドック ※  レース傾向ー 平穏か 馬番  評価  寸評

記事を読む