【競馬コラム】1番人気の重み

公開日: : 競馬コラム

1番人気の重さ!

ゴールドシップゲート

現在、調教師として活躍している人が騎手時代の頃、
1番人気の馬に騎乗して、4角で一気に脚を使い凡走したことがあった。

“ どうして4角でスパートしたの?” と聞くと、
その答えは「 脚が残っていなかった。人気しているから、
せめてファンに見せ場だけを作っておきたかった 」と。
ジックリ構えていても終い伸びない。だからアピールだけでも…

かと言えば、逆の捉え方をする騎手もいる。
「 人気はアンタたちが印を付けるからで、こっちには関係ない 」
自分には責任ないこと!と開き直る人も。

競馬関係者にはファンが支持する重みを分かっていない人が多い。

先日の宝塚記念のゴールドシップのゲート膠着。
スターターは「 横山典騎手がOKサインを出したからゲートを開けた」
責任転嫁で、アクシデントは自分のせいではない!ことをアピール。
横山典騎手も濁したコメントで説明責任を果たすことはない。

売上の60%をゴールドシップが占めているのに、まるで他人事のよう…

“ カンパイ ” スタートのやり直しをしてもよかったのでは?

以前のこと、
ゴール前の3着争いで、しっかり追わなかったと、騎手は騎乗停止処分に。
先日の中京競馬では、
3.0倍の1番人気の武豊騎手が、決勝点手前の御法で戒告処分。
大外からなりふり構わず追い込んだ高田騎手の馬がハナ差で捉えた。
高田騎手といえば障害騎手のイメージが強く、平地レースの騎乗は少ない。

3着争いの騎手は、怠慢で騎乗停止処分、
対する、1番人気の武豊騎手は、ハナ差の2着も怠慢で戒告だけ。

JRAは人を見て処分が違うのか…??
そう言えば、騎手がボヤいていたなぁ〜
「 受けの悪い俺には処分が厳しく、◯◯さんには甘いから 」 と。

ファンが支持する1番人気の重さは、平場も重賞も同じはず。
JRAも騎手も、そのことを理解していない気がする…

これでは、公正競馬を強調する、JRAの信頼は薄れていくばかり…

 

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【注目情報】 阪急杯(G3)シュウジを凌ぐ絶好仕上げの狙い◎本命馬はこの馬だ!!

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場4

【競馬コラム】いよいよ2歳馬デビュー

いよいよ2歳馬がデビュー! ダービーが終わるのを待っていたかのように、 2歳馬がデビ

記事を読む

競馬新聞

【競馬豆辞典】脚質

豆辞典・脚質! ※ 基本的に競走馬は気が小さいということ ※ 逃げ ☆ ピッチ

記事を読む

調教風景

【競馬コラム】調教師のコメントはどこまで信じられる?

調教師のコメント! 私の担当は時計班でなく、厩舎回りだった。 厩舎に出向き、調教

記事を読む

3_sai

【競馬コラム】 これからの3歳 3強の活躍は?

☆ これからの3歳 3強の活躍は? ディーマジェスティは休養明けで皐月賞を制した。

記事を読む

キズナ2

【競馬コラム】馬の目から、騎手の口から、砂や泥が…

馬の目から、騎手の口から、砂や泥が… 現役時代は 土日は競馬場で仕事をしていました。

記事を読む