【レース回顧】2015七夕賞~グランデッツァ

公開日: : 重賞回顧 ,

福島 七夕賞・グランデッツァ!

グランデッツァ1

昨年の覇者メイショウナルトも参戦した今年の七夕賞。

重いハンデは実績の証だが、58kを背負うとうまくはいかない。
トウケイヘイローは引き離す作戦を取ったが、終い粘りを欠いた。
馬そのものは良くなっていたが、さすが58kは応えた感じが。

ハンデ57kのグランデッツァは馬体が充実していた。
初コースと2000mの距離を心配したが、それも杞憂に終わった。
好位外目から4角でスパートし、直線半ばで勝利を決めた。
余裕を持っての入線、勝ち時計は1分58秒2、上がり46.3-34.5。
マイルCS 3着の実績が、小回り平坦の2000mを克服した。

2着はほどよい気合い乗りでヤル気を見せていたステラウインド。
後方で脚をタメ、それを直線で一気に吐き出した鋭い伸び脚。
蛯名騎手の好騎乗と誉めていいだろう。

3着マデイラは引っ張りきりの道中だった。
あと一歩が及ばなかったが、久々とメンバーを考えれば上々の内容。

メイショウナルトの連覇は成らなかったが4着と健闘。
徐々に馬は良くなっており、次あたりの小倉では一変の予感が…

アルフレードの気合いは良かったが、器用さがないことは分かった。
動きたい時にスーッと動けないのが、勝ち味の遅さに繋がっている。

マイネルディーンは大幅な馬体減が終いの伸びに影響している。

レコンダイトは発馬で後手を踏み、向こう流しで脚を使ってしまった。
位置取りが後ろになってしまい、レースの組み立てが水のアワに…
そんな感じがした…

川田騎手が、わざわざ福島に遠征。なぜ?
それを事前に読み切れなかったのが悔やまれる…

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【浦和競馬】 桜花賞(S1)南関東競馬必勝☆3連単予想はこちらから!

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

whithfooga

【JBCレディースクラシック2016レース回顧】ホワイトフーガが快勝!

川崎 JBCレディースクラシックはホワイトフーガが連覇達成! 川崎 JBCレディースクラシック

記事を読む

siriusuS

【シリウスステークス2016レース回顧】マスクゾロの逃げ切り!

阪神 シリウスSはマスクゾロの逃げ切り! シリウスS 2000mダート G 3 ハンデ戦

記事を読む

ドゥラメンテ中山記念

【レース回顧】2016中山記念(G2)~ドゥラメンテが甦る!

中山記念でドゥラメンテが復活! 二冠馬ドゥラメンテが骨折から立ち直り9カ月振りの出走。

記事を読む

サトノノブレス中日新聞杯

【レース回顧】2016中日新聞杯(G3)~サトノノブレスが混戦を断つ!

中日新聞杯はサトノノブレスが混戦を断つ! 人気は割れて、横一線の波乱ムードだったが、

記事を読む

レインボーラインアーリントンカップ

【レース回顧】2016アーリントンカップ(G3)~デムーロ騎乗のレインボーライン!

阪神 アーリントンCはレインボーラインが混戦を断つ! 見応えある直線の叩き合い。ゴール

記事を読む