【レース回顧】2015プロキオンS~ベストウォーリア

中京 プロキオンS・ベストウォーリア!

ベストウォーリア1

武蔵野S組、根岸S組、そして、フェブラリーS組の再戦。

昨年同レースを勝ったベストウォーリアは59kを背負っての出走。
「 上位拮抗 」の様相で人気は割れたが…

予想通りコーリンベリーとサマリーズの先行争いに。
前半3Fが34秒6のラップで流れていく。
逃げてこそ!のコーリンベリーはハナを譲る気持ちはなし。

ベストウォーリアは好位のインで脚をタメて直線を向く。

必死で粘り込もうとするコーリンベリーだが、
59kながら、ベストウォーリアの勢いには完全にギブアップ。
やはり、斤量を背負っても “ 強いものは強い!” ということか…
1分22秒5で見事に連覇を果たしてしまった。

2着コーリンベリーは、上がり47.9-35.9で頑張ったが及ばず。
しかし、4歳牝馬で強豪牡馬相手にここまで闘えたのは立派。

3着は7歳馬キョウワダッフィー、さすが小牧太騎手の立ち回り。
福永騎手の代役をしっかり果たした感じがする。

タガノトネールは見せ場をタップリ作ったが、最後は息切れ。
重賞メンバーでここまでやれたのは、自身も収穫大だったはず。

グレープブランデーの体はできていたが、1400mは忙しかった。
陣営は距離に自信をみせていたが、体形的にも中距離タイプだろう。

レッドアルヴィスの馬体は良かったが、今日は相手が強かった。

エアハリファも体はできていたが、長いブランクが応えている。

ワイドバッハの大幅馬体減にはいささかビックリ。
細くは映らなかったが、いつもの伸び脚は見られず。

アドマイヤロイヤルはコツコツした歩様。
8歳の夏を迎え、峠は過ぎたかもしれない…

それにしても、59kベストウォーリアは強かった!

 

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ロードクエスト1

【レース回顧】2015新潟2歳ステークス(G3)~ロードクエストの圧勝

新潟2歳Sはロードクエストの圧勝! 新馬戦でインパクトがあったロードクエスト。

記事を読む

キョウエイギアJDD

【重賞回顧】2016ジャパンダートダービー(Jpn1)~キョウエイギアが勝利!

ジャパンダートダービーは戸崎騎乗のキョウエイギア! 大井競馬 第18回ジャパンダートダ

記事を読む

ミュゼエイリアン

【レース回顧】2015毎日杯(G3)~ミュゼエイリアン

毎日杯・ミュゼエイリアン! 持ち賞金 900万以上の馬は頼りない面々。 どんな闘いに

記事を読む

ウェルテル

クイーンエリザベス2世C出走のラブリーデイ他日本馬総括!

☆ クイーンエリザベス2世Cは香港馬ウェルテルの圧勝! GI クイーンエリザベス2世C

記事を読む

oballsprint

【レース回顧】2016テレ玉杯オーバルスプリント~レーザーバレットが連覇!

テレ玉杯オーバルSは!レーザーバレットが連覇! 浦和競馬 第27回テレ玉杯オーバルスプリン

記事を読む