【レース回顧】ジャパンダートダービー(Jpn1)~ノンコノユメ

公開日: : 最終更新日:2016/07/25 重賞回顧 ,

大井 J D ダービー・ノンコノユメ!

ノンコノユメ1

カゼノコが2分03秒9で勝ってから早や一年が経過。

今年は雨の中、不良馬場で行われたジャパン・ダート・ダービー。
13頭立で、中央からは6頭がエントリーした。

※ パドックでの中央馬

☆ マイネルサクセサー…特に変わった様子はなし
☆ ポムフィリア…シャドーロール、歩様は少し硬め
☆ クロスクリーガー…毛ヅヤ冴え力強い踏み込み
☆ ノンコノユメ…舌をくくり落ち着きあり
☆ ライドオンウインド…馬体は戻したが踏み込みは浅い
☆ ディアドムス…コツコツし発汗きつく

馬場は悪く、各馬未知数の2000mだけにどうなるのか…

※ いよいよスタート!

スンナリとクロスクリーガーがハナに立ちレースを作る。
これに、ライドオンウインド、ポムフィリアが続く。
ノンコノユメは後方から慌てることなく追走。
4角で流れは激しくなるも、クロスクリーガーの手応えは十分。
逃げ込むかに見えたが、追ってきたのは予想通りノンコノユメ。
ひと追い毎に力強く差を縮めていき、ゴール前100mでアッサリ捉えた。
勝ち時計は2分05秒6、上りは50.4-38.2の決着。
馬場も距離も、ノンコノユメには関係なかった。
伏竜Sクロスクリーガーに負けた借りを、見事返すことができた。

2着は1番人気のクロスクリーガーだが、悔いはないだろう。
今日は完全に力負けなのだから…

3着は果敢に挑んだラッキープリンス。

ノンコノユメはルメール騎手の夢でもあろう…

強かった!

 

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

マコトブリジャール

【レース回顧】2016福島牝馬ステークス(G3)~マコトブリジャールが勝利!

福島牝馬Sは伏兵マコトブリジャールが勝利! 1着馬にヴィクトリアMの出走権利が与えられ

記事を読む

アスカノロマン

【レース回顧】2016東海ステークス(G2)~アスカノロマンが決める!

中京 東海Sはアスカノロマンが勝利! 朝一番で浜中騎手が落馬のアクシデントがあり、

記事を読む

free17

【東京新聞杯2017結果/レース回顧】ブラックスピネルが逃げ切る!

東京 東京新聞杯はブラックスピネルが逃げ切る! 2017/2/5(日)開催 東京11R 東京新

記事を読む

ラブリーデイ天皇賞

【レース回顧】2015天皇賞(秋)~宝塚記念に続きラブリーデイが制覇

東京 天皇賞はラブリーデイが制覇! この秋、一番の盛り上がりを見せた第152回 天皇賞

記事を読む

soulsterring

【阪神ジュベナイルフィリーズ2016レース回顧】ソウルスターリングが快勝!

阪神JFはソウルスターリングが快勝! 2歳牝馬 阪神JF 1600m芝 馬齢戦 混戦ムー

記事を読む