【競馬豆知識】滞在競馬の厩舎割

公開日: : 競馬コラム ,

豆知識・滞在競馬の厩舎割!

厩舎

トレセンを拠点にしての競馬開催が当たり前になっているが、
地方のファンやイレ込む馬にとっても、滞在競馬は大事な要素。

関東の状況はかいもく分からないので、関西を前提での話しを。

距離的に遠い北海道は勿論だが、小倉競馬も滞在は当たり前。
ローカル競馬が近くなると、JRA側は草案を調教師に提示する。
競馬場内での馬房の位置取りと、その厩舎への馬房の割当。

それを基に調教師同士で話し合いを行なう。
例えば、
A 厩舎は、小倉◯馬房、函館◯馬房、札幌◯馬房。
B 厩舎は、小倉△馬房、函館△馬房、札幌△馬房。

そこで、AとBの調教師がお互いの意向を話し合う。
A 「 うちは小倉に行かへんから、おたくに馬房を譲る。
その代わり、おたくの函館の馬房を譲ってほしい 」
B 「 全部は無理やけど、3頭なら交換してもいいよ。
それでどう?」という感じで…
調教師同士の話し合いはまとまり、JRAに申告する。
それをJRAが調整をした後に、主張馬房が発表される。

滞在競馬における馬房数は決まっているので、
自分勝手に馬を入退厩することはできない。
与えられた自厩舎の馬房数の中で調整するしかない。
特別馬房というのがあるが、それは特別レースに登録した中で、
高額条件の馬を優先にして埋められていく。

そんなわけで、
小倉出走馬と函館出走馬が、厩舎によって片寄っているのが分かる。
馬主の意向や調教師の好みで、西へ向かうか、北に行くかが決まる。

なお、札幌競馬に関しては、函館で調整し、札幌に輸送するケースがある。

出走厩舎を眺めていると、その傾向が何となく掴めるはずです。

簡単ながら説明を。

 

【中山競馬】 G1馬集結!『中山記念(G2)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪急杯(G3)波乱を巻き起こすダークホースを徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

makahiki

【競馬コラム】マカヒキは凱旋門賞を勝てるのか?

☆ マカヒキは凱旋門賞を勝てるのか? 昔に比べれば、日本馬のクオリティーが高くなり、

記事を読む

キズナ追い切り2

【質問コーナー】攻め時計は必要か?~調教・追い切りのミカタ

質問コーナー・調教タイムは必要か? “ 調教タイムは参考になるか?必要か?” の質問が

記事を読む

kawata_tuika17_960_720

勝手に選んだ最優秀3歳牡馬!/競馬コラム

★ 勝手に選んだ最優秀3歳牡馬! ◎ レイデオロ 3歳 (藤沢和厩舎) 父 キングカメハ

記事を読む

厩舎

【競馬コラム】騎手エージェントも悪いが JRAも悪い

エージェントも悪いが、JRAも悪い! 最初は仲のいい騎手の手助けで、記者が馬を世話をし

記事を読む

馬運車1

【競馬豆知識】輸送熱

豆知識・輸送熱! 西は小倉、北は札幌競馬を終えた馬が、それぞれのトレセンに引き揚げてき

記事を読む