【競馬コラム】函館で連闘馬はなぜ多い?

公開日: : 競馬コラム ,

函館 連闘馬なぜ多い!

函館競馬3

既にお気づきとは思いますが、
函館競馬で連闘する馬が多いですよネ!

これには理由があるんです。

高速を含め、道路状況が良くなっている今は、
美浦や栗東を拠点に直前輸送は当たり前になっています。
前日にトレセンを出発し、競馬場に着いてひと息入れてレースをし、
またぞれぞれのトレセンに帰っていく。
しかし、北海道の場合はそうもいきません。
何十時間の輸送を経ての出走には無理があります。

それと、競馬場内の厩舎は割り当てが決まっているので、
自由に行っては帰ることができません。
勿論、経費の問題もありますから…

北海道競馬が始まる前に、厩舎割りが決定されます。
その厩舎によって、函館何馬房、札幌何馬房という具合に…
それによって厩舎では出張する馬を決めていくことになります。

何日か前に競馬場に入厩した馬は、競馬に備えて調整が積まれます。
そんな訳で、他の開催と違い、北海道の競馬はある意味で限定戦。
入厩済みの馬だけでのレース構成になるからです。

通常なら、下級条件馬は出走規定がありますから、
結果が悪い馬は、次はどこに使えるか分からないので、
例えば、小倉開催の場合は、走った後、栗東に引き揚げます。
小倉に滞在させていても、経費だけが課さむからです。

でも、北海道競馬はそうもいきません。
入れ替えには、時間もお金もかかるんですから…

幸いにして、入厩馬の数は限られていますから、
大きく負けても、レース間隔を開けることなく出走が可能です。
ですから、成績が悪かったり、力を出し切っていない馬は、
次の適鞍の番組を見ながら、出走を選択できる余裕もできます。
そこで連闘策に踏み切るわけです。

それが函館競馬で連闘馬が増える因になっているんです。

※ 参考までに

力を出し切った連闘馬よりも、凡走した連闘馬の方が、
変わり身は大きいようです。

 

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

japancup

【競馬コラム】ジャパンCの外国馬の出走が減ったワケ!

☆ ジャパンCの外国馬の出走が減ったワケ! 1981年、第1回 メアジードーツの優勝か

記事を読む

イモータル

※イモータル・レプランシュの指摘について

※ イモータル、※ レプランシュの指摘について! 「 イモータルは東京開催まで待機のよ

記事を読む

中山競馬場4

【競馬豆知識】叩き合いは外有利!

豆知識・叩き合いは外有利! 直線で逃げ粘る馬に外から馬体を併せての叩き合いの光景。

記事を読む

キズナ追い切り2

【質問コーナー】攻め時計は必要か?~調教・追い切りのミカタ

質問コーナー・調教タイムは必要か? “ 調教タイムは参考になるか?必要か?” の質問が

記事を読む

競馬レース

【競馬コラム】これからの未勝利戦、未出走馬の扱いと馬券戦略

未出走馬! 以前の 「 新馬戦 」は同じ開催内なら何度でも出走できたが、 その後、同

記事を読む