【レース回顧】2015CBC賞(G3)~ウリウリ

公開日: : 最終更新日:2015/07/06 重賞回顧 ,

中京 CBC賞・ウリウリ!

ウリウリ2

開幕週で絶好の馬場状態でのCBC賞を期待したのだが…

あいにくの重馬場で、ガッカリした馬も多かったのでは?

レオパルディナの逃げで始まり、前半3Fは33秒4での流れ。
泥が跳ね上がりながら、各馬は直線の叩き合いに挑むことに。

後方追走からロスのない内々を回ったウリウリが、
余裕の手応えから抜け出しを図り見事な勝利。
勝ち時計は1分09秒1、上りは46.8-35.7の決着。
馬も抜群だったが、岩田騎手の立ち回りも素晴らしかった。

2着は外目から豪快な伸びを見せたダンスディレクター。
浜中騎手はウリウリよりこの馬を選んだのだが…
きっと馬場状態を悔やんだに違いあるまい。

3着は力を出せる仕上がりにあったサドンストーム。
叩き合いで屈したのは休み明けが応えたからだろう。
叩き良化タイプだけに、次走に期待したい。

4着ベルルミエールの状態は充実して見えた。
53kのハンデはあったが、距離と馬場、そして左回りを克服したのは収穫。

セイカプリコーンの5着にはビックリしたが、
いろんな条件がうまく噛み合ったモノで、まだ信用はできない。

馬が良かったレッドオーヴァルも、この馬場で持ち味を削がれてしまった。

3歳馬ジャストドゥイングは柔らかさが出てこないと…

ベステゲシェンクは骨折明け、体はできていたが実力を発揮できず。

ホウライアキコは徐々にテンションが高くなってきたし、
自分の形で競馬ができなかったのも敗因のひとつ。

ウリウリの強さだけが目立った今年のCBC賞だったが、
せめて良馬場での決着を満喫したかった…

 

【大井競馬】 ※TCK女王盃(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【波乱重賞】 シルクロードS(G3)京都競馬徹底攻略予想!←絶賛公開中

【東京開幕】 砂の強豪終結!今週の注目『根岸S(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

シュウジ1

【レース回顧】2015小倉2歳ステークス(G3)~シュウジ

小倉2歳Sはシュウジが制覇し3連勝! 馬場状態だけが気になった、シュウジの小倉2歳ステ

記事を読む

コパノリッキー2

東海S・コパノリッキー

東海S・コパノリッキー! 暮れに行われたチャンピオンズC再戦の様相。 優勝馬にはフェ

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

日経新春杯2018結果/レース回顧|パフォーマプロミスが重賞制覇!

京都の日経新春杯はパフォーマプロミスが重賞制覇! 2018/1/14(日)開催 京都11R 日

記事を読む

kawata_tuika09_960_720

京阪杯2017結果/レース回顧|ネロが連覇を果たす!

今年の京阪杯は58kネロが逃げ込む! 2017/11/26(日)開催 京都12R 京阪杯(G3

記事を読む

ヤマカツエース

【レース回顧】2015福島記念(G3)~ヤマカツエースが勝利!

福島記念は3歳馬ヤマカツエースが制す! 重馬場で行われた福島記念はハンデ戦。 斤量が

記事を読む