【レース回顧】2015ラジオNIKKEI賞(G3)~アンビシャス

公開日: : 最終更新日:2015/07/06 重賞回顧 ,

福島 ラジオNIKKEI賞・アンビシャス!

アンビシャス2

3歳馬のハンデ戦、トップハンデ56.5kはそう負担のない斤量であり、
JRAが実績上位を証明した斤量でもある。

その背負い頭が、プリンシパルSを勝ったアンビシャス。
きついローテーションのダービーを回避して、ここに備えている。
馬体はメンバー中では抜けた存在であり、仕上がりも申し分なし。

前半はテンに無理せず、中団後ろに位置しての追走。
ロスのない内目から徐々に前との差を詰め、
直線ではまったく危なげない勝利を収めた。
勝ち時計も1分46秒4と悪くなく、上りは46.9-35.1での決着。
ルメール騎手も自信に溢れた騎乗ぶりだった。

混戦の2着争いは、渋太く伸びたミュゼゴースト。
あとひと絞りできそうな体つきだったので、
馬体がスッキリすれば、3勝目も近いだろう。

ハナを切って最後まで凌いだのがマルターズアポジー。
53kのハンデをフルに活用した感じの3着だった。

2番手から競馬をしたロジチャリスが4着。
10k減の馬体は絞れているように映ったが、意外にジリ脚質。
崩れはしないが、決め手不足を暴露した一戦でもあった。

ナヴィオンは休み明けで太目が残っていたし、
レアリスタは更に馬体が減って、スリムに映った。

アッシュゴールドはテンションが高過ぎ。
小回りもあっっただろうが、落ち着きがないと力は出せない。

グリュイエールは体を戻してはいたが、特に見せ場は作れず…
キャンベルジュニアは手足が重く、まだまだ良化途上の感。

今年はアンビシャスの強さが光るラジオNIKKEI賞だった…

 

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

アスカノロマン

【レース回顧】2016東海ステークス(G2)~アスカノロマンが決める!

中京 東海Sはアスカノロマンが勝利! 朝一番で浜中騎手が落馬のアクシデントがあり、

記事を読む

エアスピネル1

【レース回顧】2015デイリー杯2歳ステークス(G2)~良血エアスピネルが勝利!

京都 デイリー杯2歳Sは良血馬エアスピネル! 雨は降り、緩い馬場での勝負になったのは残

記事を読む

アドマイヤデウス

【レース回顧】2015日経賞(G2)~アドマイヤデウス

日経賞・アドマイヤデウス! 天皇賞を控え休養明けの馬ばかりで、 本番を意識した陣営の

記事を読む

ショウナンパンドラ2

【レース回顧】2015ジャパンカップ(G1)~ショウナンパンドラが優勝!

ジャパンCは牝馬ショウナンパンドラが制覇! 今年のジャパンCは外国から4頭が参戦して行

記事を読む

コパノリッキー2

東海S・コパノリッキー

東海S・コパノリッキー! 暮れに行われたチャンピオンズC再戦の様相。 優勝馬にはフェ

記事を読む