【競馬コラム】競走馬とニンニク味噌

公開日: : 競馬コラム ,

競走馬・ニンニク味噌からサプリメントに。

競争馬サプリメント

その昔、カイバ桶にはニンニク味噌が混ぜられていた。

いつから始まったのかは定かでないが、
厩舎全員が協力し合って、仕事の一環でニンニク味噌が作られていた。

大量のニンニクと黒砂糖を器具で粉砕して、
そこに大量の味噌を加えて掻き混ぜて、できあがり!
それをデカい樽に入れて保存して置く。
厩務員さんはカイバ付けの際にニンニク味噌を加える。

黒砂糖の甘さにつられてペロペロ舐める馬もいれば、
ニンニクの強烈さに嫌がる馬もいる。
そこは人間の好き嫌いと同じ心境なのだろう…

調教から鼻息荒く上がって来る馬にはクサイ息も混じっている。

そんなニンニク味噌を作る光景を何年も見てきたが、
いつの間にか消えてしまっていた。

そして、近年はニンニク味噌に替わってサプリメントが登場。
昔ながらの自然食品?から、化学食品へと変貌して行く。
別に禁止薬物ではない、栄養サプリメントなのだから問題はない。

それを取り入れている厩舎の馬の成績は悪くない。
体調管理が行き届き、心肺機能も肉体面も良くなっている。

その経費は預託料に加算され、馬主の負担となるが、
自分の馬の成績が上がるのだからクレームは出ない。

相乗効果で厩舎全体の成績が良くなり、
リーディングトレーナーの順位は上位に位置取ることに。

テレビで頻繁に流れているサプリメントの効果宣伝。
競走馬にも通用しているようです…

 

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

トレセン風景

【競馬コラム】G1戦線、目標レースの見極めは必要

目標レースの見極めを! これから秋が深まり、暮れの有馬記念まで G I レースが目白押

記事を読む

東京競馬場2

【競馬豆知識】3日間競馬の余波

豆知識・3日間競馬の余波! この秋、9月、10月、11月に、3回の3日間競馬が組まれて

記事を読む

キズナ3

【競馬コラム】天皇賞 キズナの記事について(1)

天皇賞 キズナの記事について ダービーを勝ったことでオーナーの夢は世界に向かった。

記事を読む

ルメール

【競馬コラム】新しい競馬の始まり

新しい競馬の始まり! 3月1日は冬からの脱皮であり、水緩む春の到来… 中央競馬は

記事を読む

イモータル

※イモータル・レプランシュの指摘について

※ イモータル、※ レプランシュの指摘について! 「 イモータルは東京開催まで待機のよ

記事を読む