【競馬豆知識】厩舎談話は重要か?

公開日: : 競馬コラム ,

豆知識・談話!

トレセン厩舎

取材して、原稿に起こし、紙面に反映する。

当たり前のことだが、僅か数行のことでも、
取材にはかなりの時間を要している。

厩舎に出向き馬の状態を聞く、追い切り時の感触を聞く、
そこに担当者の取材力と表現力が求めらてくる。

「 状態はいい。好レースをしてくれるだろう 」
こんな談話内容だったら読まない方がいい。

紙面には限界があるので、行数を制限される。
平場レースなら3行まで、特別レースなら5行、
重賞レースなら7行までというふうに…

原稿を立ち上げる側にも、談話内容に決め事を心掛けている。
平場ならポイント2ツ、特別なら3ツ、重賞なら4ツ以上とか…
前走はどうだった?、今回の力関係は?、馬の状態は?、etc
いかに取材ネタを集約してファンに伝えるか、
そこに取材人の能力が隠されていると思っている。

調教師の囲み取材では、相手に操られているだけでタカが知れている。
せっせと足を使って駆け回ってこそ “ いいネタ ” は掴むことができる。

それがすべて結果に反映されるとは思わないが、
そのあたりをファンは読み取ってほしいもの…

「 貸し本屋の主人 」というのがある。
主人は多くの本を把握しているが、その中身までは理解していない。
“ 何が書いてあるか ” ではなく、“ 何を言わんとしているか ” の違い。

残念ながら、今の競馬新聞はどの社を読んでも似たりよったりで、
参考程度にしかならない…

 

【浦和競馬】 浦和記念(Jpn3)中央VS地方のガチバトル!予想公開中

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

【2歳重賞】 注目の重賞【京都2歳S(G3)】今年狙い目の馬はコノ馬です!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

岩田坊主

【競馬コラム】岩田騎手のジレンマ!

☆  岩田騎手のジレンマ! ※  ジレンマ=ディレンマ 進退きわまること。苦しい立場。板挾み

記事を読む

free26

【競馬コラム】福永、ルメール騎手の受難の日

☆ 福永、ルメール騎手の受難の日! 平常ダイヤに戻った、1月21日、22日の競馬だったが、

記事を読む

寝ワラ

【競馬コラム】競走馬と寝ワラ

寝ワラ・フッカフッカ! 秋の稲刈りの収穫が終わり、ひと段落する後日に、 大量のワラが

記事を読む

catch

福島競馬開幕!ワンポイント

福島競馬開幕!ワンポイント 福島記念を締めくくりに、晩秋から休みに入った福島競馬場。 中

記事を読む

池添親子

【競馬コラム】池添親子

☆  池添親子! 私が競馬の社会に足を踏み入れた頃の その昔、 大久保正厩舎があり、そこに

記事を読む