【競馬豆知識】厩舎談話は重要か?

公開日: : 競馬コラム ,

豆知識・談話!

トレセン厩舎

取材して、原稿に起こし、紙面に反映する。

当たり前のことだが、僅か数行のことでも、
取材にはかなりの時間を要している。

厩舎に出向き馬の状態を聞く、追い切り時の感触を聞く、
そこに担当者の取材力と表現力が求めらてくる。

「 状態はいい。好レースをしてくれるだろう 」
こんな談話内容だったら読まない方がいい。

紙面には限界があるので、行数を制限される。
平場レースなら3行まで、特別レースなら5行、
重賞レースなら7行までというふうに…

原稿を立ち上げる側にも、談話内容に決め事を心掛けている。
平場ならポイント2ツ、特別なら3ツ、重賞なら4ツ以上とか…
前走はどうだった?、今回の力関係は?、馬の状態は?、etc
いかに取材ネタを集約してファンに伝えるか、
そこに取材人の能力が隠されていると思っている。

調教師の囲み取材では、相手に操られているだけでタカが知れている。
せっせと足を使って駆け回ってこそ “ いいネタ ” は掴むことができる。

それがすべて結果に反映されるとは思わないが、
そのあたりをファンは読み取ってほしいもの…

「 貸し本屋の主人 」というのがある。
主人は多くの本を把握しているが、その中身までは理解していない。
“ 何が書いてあるか ” ではなく、“ 何を言わんとしているか ” の違い。

残念ながら、今の競馬新聞はどの社を読んでも似たりよったりで、
参考程度にしかならない…

 

【動き絶好】 チャンピオンズC(G1)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【徹底予想】 チャンピオンズカップ(G1)馬券を的中させたい人必見!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

寝ワラ

【競馬コラム】競走馬と寝ワラ

寝ワラ・フッカフッカ! 秋の稲刈りの収穫が終わり、ひと段落する後日に、 大量のワラが

記事を読む

夏の厩舎

【競馬豆知識】真夏の馬房は・・・

豆知識・真夏の馬房は… ここ数年で温暖化は加速して、年を追う毎に暑さは増している。

記事を読む

桜花賞

【2016桜花賞(G1)】桜花賞ファクターのひとつ!

☆桜花賞ファクターのひとつ! 『 人間の良いところはすぐに忘れてしまうこと、 悪いところはつ

記事を読む

トレセン風景

【競馬コラム】エピソード~川田英太と騎手エージェント(2)

エージェント・エピソード ?! 「 いい乗り役を探してくれへん!」と調教師から声をかけ

記事を読む

ブランボヌール2

【質問コーナー】騎手は馬を選べるか?

質問コーナー・騎手が馬を選ぶことができるの? 要約すると、 「 騎手は乗る馬を選択で

記事を読む