【2015宝塚記念(G1)出走馬分析[4]】トーホウジャッカル他

宝塚記念・各馬の分析 4!

宝塚記念4

今回は

※ トウシンモンステラ 牡5歳
トウシンモンステラ
休み明けの目黒記念8着をひと叩きしての挑戦となる。
馬体は2k増で仕上がっていたが、中位から粘り込んだだけの内容。
次に手応えを覚える感じはしなかった。
阪神コース2勝、2200mの距離2勝で条件とすれば悪くないが、
今回は定量で斤量は54kから58kへと一気の4k増となる。
これまで G ? 経験は4度あるが、G I 経験は今回が初めて。
多少の良化度合いでは、歯が立ちそうにない相手。
脚質は中団追走からジリジリ差を詰めるほどだし…

※ トーセンスターダム 牡4歳
トーセンスターダム
今年の始動はオーストラリアに遠征し2戦を闘った。
レベル云々は別にして、共に G I 戦で2着と5着の成績。
その後、帰国して疲れを癒し、宝塚記念に挑むこととなる。
デビューから3連勝し話題を集めたが結果は伴わず、
皐月賞、ダービー、そして、菊花賞も凡走に終わっている。
チャレンジCは勝ったが、G ? 戦でクビ差の勝利。
これでは宝塚記念で互角の闘いは無理というもの。
オーストラリア戦からみれば斤量は0.5k軽くなるが、
このメンバーに入っての定量58kは少々きつい感じがする。
コース、距離はまったく問題ないが、決め手不足は否めず。
出遅れるので、後方からの競馬になるのはつらいところ。
現在では、以前の “ ゆたかマジック ” は望めないし…

※ トーホウジャッカル 牡4歳
トーホウジャッカル1
昨年の7月、未勝利戦を皮切りに一気に駆け昇り菊花賞を制覇。
しかも、レコードのオマケ付きで注目馬を集めたが、
そこからアチコチ箇所を痛めて出走が延び延びに。
春の天皇賞も見送り、今回は8カ月振りの復帰となる。
まだ7戦しか消化しておらず、伸びる魅力はうせていないが、
休養期間、キャリアの面からも、さすがに今回は条件が厳しい。
5月に入り入念な乗り込み、速い時計もマークはしていても、
競馬はそんなに甘くなく、まして古豪相手のここは…
例え、陣営が強気なコメントを残そうともシビアな結論を。

続きは次回に。

 

【特別公開】 弥生賞(G2)狙うはカデナかそれとも!?特注馬公開はコチラ!

【徹底予想】 チューリップ賞(G3)女王ソウルスターリングの死角とは!?

【極秘情報】 オーシャンS(G3)で高額馬券を的中したい方専用の入口です

【川崎競馬】 エンプレス杯(Jpn2)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

カフジテイク

【5/15(日)京都11R 栗東ステークス】注目馬はこの1頭!

日  京都  栗東S・注目馬! ☆  カフジテイク 父 プリサイスエンド - 母 テイクザケ

記事を読む

paddock_04

【こぶし賞2017】注目馬はこの1頭!

2017/2/12(日) 京都9R こぶし賞・注目馬! ☆ ズアー 父 ザファクター - 母

記事を読む

フォワードカフェ

【3/12(土)中山9R 館山特別】注目馬はこの1頭!

土  中山  館山特別・ 注目馬! ☆  フォワードカフェ 父 マンハッタンカフェ -

記事を読む

エイシンエルヴィン

【10/11(日)東京9R 六社特別】注目馬はこの1頭!

東京 六社特別・注目馬! ☆ エイシンエルヴィン 父 シャマーダル - 母 ライナ

記事を読む

ダノンマッキンレー

【7/5(日)函館12R道新スポーツ杯】注目馬はこの1頭!

函館 道新スポーツ杯・注目馬! ☆ ダノンマッキンレー 7月5日 函館 6-12

記事を読む