【レース回顧】2015函館スプリントS(G3)~ティーハーフ

函館 函館スプリントS・ティーハーフ!

ティーハーフ

開幕週にスピード自慢の馬が揃い、盛り上がりに華を添えた。

予想通り先行争いは激しく、アンバルブライベンはハナを切れず。
こうなると持ち味は削がれてしまい早くも脱落…

コパノリチャードは貫禄ある馬体を見せ、好位を追走。
だが、4角を回ると外から被せられ、手応えが急に怪しくなる。
G I 馬にしてはチョットだらしなかった感じの内容。

コパノをマークしたサトノデプロマットも一杯の感じに。

好仕上がりを見せていたローブディサージュだが、
展開は向いたように思えたが、いざ追い出してモタモタ状態。
直線でゴチャつく不利はあったが、それにしても…

前で競馬をした馬は総崩れになり、勝ち負けしたのは追い込み馬。

馬体が良く見えたティーハーフはダッシュつかず後方追走だったが、
4角外から一気に進出しスパッと切れての快勝。
条件を勝ち上がったばかりとは思えない素晴らしい脚だった。勝ち時計は1分08秒3、上がりは46.3-35.3。
この夏は活躍してくれそうな鮮やかな勝利。
北海道の地も、この馬にはピッタリ合うのだろう…

水を開けられた2着争いは熾烈だった。
追い込み馬2頭、アースソニックとレンイングランド。
2着アースソニックは外枠と展開がハマったのは大きかった。
6歳でもあり、目立つ馬体ではなかったが…

3着レンイングランドは毛ヅヤは冴え、馬体に張りもあった。
しかも、先行策ではなく、後方から馬込みを縫って伸びてきた。
スタミナはなく短距離向きだが、この競馬ができたのは収穫大。
まだ3歳で、今回が初の古馬との対戦でもあったのだから…

セイコーライコウは馬体は回復していたが、追ってジリジリの伸び。

スギノエンデバーは力のいる洋芝ではスパッと切れず。

大波乱の幕開けとなったが、函館ファンは納得したのでは…

 

【状態特注】 宝塚記念(G1)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【宝塚記念】 キタサンブラックで絶対!?出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ホワイトフーガ1

【レース回顧】JBCレディスクラシック(Jpn1)~ホワイトフーガが完勝!

大井 JBCレディスクラシックはホワイトフーガが完勝! 牝馬限定1800m、不良馬場。

記事を読む

フルーキー

【レース回顧】2015チャレンジC(G3)~フルーキーの末脚が炸裂!

阪神 チャレンジCはフルーキーの末脚炸裂! またまたM・デムーロ騎手が重賞制覇した。

記事を読む

サトノアラジン京王杯SC

【レース回顧】2016京王杯スプリングC(G2)~サトノアラジン貫禄勝ち!

京王杯スプリングCはサトノアラジンの貫禄勝ち! 1着馬に安田記念への出走権が与えられる

記事を読む

ミュゼエイリアン

【レース回顧】2015毎日杯(G3)~ミュゼエイリアン

毎日杯・ミュゼエイリアン! 持ち賞金 900万以上の馬は頼りない面々。 どんな闘いに

記事を読む

トウショウドラフタファルコンS

【レース回顧】2016ファルコンステークス(G3)~トウショウドラフタが大外強襲!

ファルコンSはトウショウドラフタが大外強襲! あいにくの不良馬場で行われた今年のファル

記事を読む