【レース回顧】2015ユニコーンS(G3)~ノンコノユメ

東京 ユニコーンS・ノンコノユメ!

ノンコノユメ1

3歳ダートの熱き闘い。中身の濃いメンバーが集結した。

逃げると思ったアキトクレッセントが大きく出遅れ、
ブチコ、ノボバカラあたりがレースを引っ張ることに。
雨混じりの締まったダートで、前半3Fは34秒5の流れ。

ゴールデンバローズは中団から、ノンコノユメは後方待機策。

直線に入っても前2頭の勢いは衰えず、逃げ込み態勢に入る。
坂を駆け上がるまではよかったが、そこから有力馬が追い上げてくる。
ゴールデンバローズとアルタイルの2頭が並走の形で。
しかし、その外から力強い伸びを見せる馬が1頭いた。

前走同様に、鋭い脚を使ったノンコノユメがアッサリ抜け去った。
勝ち時計は1分35秒9、上がりは49.1-37.0での決着。
それにしても強かった!ルメール騎手が自信を持つはず。
450kソコソコの馬体だが、秘めた瞬発力は並のモノではない。

2着は好位から先頭に立ち、逃げ込みを図ったノボバカラ。
アキトクレッセントが逃げていればどうなったか分からないが、
この一戦に関しては、北村宏騎手の好判断によるところが大。

3着アルタイルは今回もノンコノユメに先着できなかった。
目標馬との叩き合いは何とか凌いだのだが…

4着ゴールデンバローズはイレ込んではいたが、
ガッシリしていかにもダート向きと思わせる体形。
道中はよかったが、いざ追い出すと反応は鈍く、
ヒヤシンスS時の力強い伸び脚は見られなかった。
この一戦で結論を出すのは早計で、次に期待することにしよう。

ブチコは牡馬相手によく頑張ったと思う。

タップザットはどうしてもゴールデンバローズに先着できない。

ラインルーフは1600mは忙しく、前半の追走で脚を使ってしまった。

結果は波乱に終わったが、なかなか面白い闘いだった。
ノンコノユメの夢は、まだまだ続いて行く…

 

【必見情報】 緊急公開です【フェブラリーS(G1)】今年狙い目の馬はコノ馬です!

【東京競馬】 砂の頂上決戦『フェブラリーS(G1)』の注目予想情報はコチラ

【小倉競馬】 ★小倉大賞典(G3)波乱のハンデ重賞を徹底予想

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika20_960_720

青葉賞2017結果/レース回顧|アドミラブルの完勝!

東京 青葉賞はアドミラブルの完勝! 2017/4/29(土)開催 東京11R 青葉賞(G2)

記事を読む

サンビスタ1

【レース回顧】2015チャンピオンズカップ(G1)~牝馬サンビスタが制覇!

中京 チャンピオンズCはサンビスタが制覇! 今年は外国馬が1頭参戦したが、外人騎手は6

記事を読む

free16

共同通信杯2018結果/レース回顧|オウケンムーンが3連勝で飾る!

東京の共同通信杯はオウケンムーンが3連勝で飾る! 2018/2/11(日)開催 東京11R 共

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

オールカマー2017結果/レース回顧|ルージュバックが復活V!

中山のオールカマーはルージュバックが復活! 2017/9/24(日)開催 中山11R オールカ

記事を読む

kawata_tuika09_960_720

ニュージーランドトロフィー2017結果/レース回顧|ジョーストリクトリが抜け出す!

ニュージーランドTは伏兵ジョーストリクトリが勝利! 2017/4/8(土)開催 中山11R ニ

記事を読む