【レース回顧】2015ユニコーンS(G3)~ノンコノユメ

東京 ユニコーンS・ノンコノユメ!

ノンコノユメ1

3歳ダートの熱き闘い。中身の濃いメンバーが集結した。

逃げると思ったアキトクレッセントが大きく出遅れ、
ブチコ、ノボバカラあたりがレースを引っ張ることに。
雨混じりの締まったダートで、前半3Fは34秒5の流れ。

ゴールデンバローズは中団から、ノンコノユメは後方待機策。

直線に入っても前2頭の勢いは衰えず、逃げ込み態勢に入る。
坂を駆け上がるまではよかったが、そこから有力馬が追い上げてくる。
ゴールデンバローズとアルタイルの2頭が並走の形で。
しかし、その外から力強い伸びを見せる馬が1頭いた。

前走同様に、鋭い脚を使ったノンコノユメがアッサリ抜け去った。
勝ち時計は1分35秒9、上がりは49.1-37.0での決着。
それにしても強かった!ルメール騎手が自信を持つはず。
450kソコソコの馬体だが、秘めた瞬発力は並のモノではない。

2着は好位から先頭に立ち、逃げ込みを図ったノボバカラ。
アキトクレッセントが逃げていればどうなったか分からないが、
この一戦に関しては、北村宏騎手の好判断によるところが大。

3着アルタイルは今回もノンコノユメに先着できなかった。
目標馬との叩き合いは何とか凌いだのだが…

4着ゴールデンバローズはイレ込んではいたが、
ガッシリしていかにもダート向きと思わせる体形。
道中はよかったが、いざ追い出すと反応は鈍く、
ヒヤシンスS時の力強い伸び脚は見られなかった。
この一戦で結論を出すのは早計で、次に期待することにしよう。

ブチコは牡馬相手によく頑張ったと思う。

タップザットはどうしてもゴールデンバローズに先着できない。

ラインルーフは1600mは忙しく、前半の追走で脚を使ってしまった。

結果は波乱に終わったが、なかなか面白い闘いだった。
ノンコノユメの夢は、まだまだ続いて行く…

 

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

パッションダンス

【レース回顧】2015新潟記念(G3)~パッションダンス

新潟記念はデムーロ騎乗のパッションダンスが制覇! 雨がより馬場状態を悪くし、混戦ムード

記事を読む

bakusinteiou

【レース回顧】2016北九州記念(G3)~バクシンテイオーが決める!

北九州記念はバクシンテイオーが決める! 圧倒的な1番人気ベルカント中心にレースが進められた。

記事を読む

トゥインクル

【レース回顧】2016ダイヤモンドS(G3)~トゥインクルの圧勝!

ダイヤモンドSはトゥインクルの圧勝! 長丁場、荒れ馬場のハンデ戦ではスンナリとは収まら

記事を読む

スイートサルサ

【レース回顧】2015福島牝馬S~スイートサルサ

福島牝馬S・スイートサルサ! さすがに輸送時間が長く、牝馬にとって福島は遠い。 馬体

記事を読む

松若風馬

【2015小倉記念(G3)】松若騎手アズマシャトルが嬉しい重賞制覇

小倉記念・松若騎手アズマシャトルで制覇! 今年はパンパンの良馬場でスタートが切られた。

記事を読む