【2015関東オークス(Jpn2)】出走馬紹介と予想攻略情報

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 管理人より ,

関東オークス

6/10(水)は川崎競馬場で関東オークス(Jpn2)が発走となります。
昨年のこのレースの勝ち馬は、先日韓国へ遠征し圧勝したエスメラルディーナ

エスメラルディーナ1

確かに韓国競馬のレベルはまだまだ世界レベルではないにしろ、
大井競馬場での交流戦では勝利を挙げる馬もいるくらいメキメキ力をつけてきていますから
アウェーの競馬、フェリー輸送などを克服しての勝利は価値のあるものでしょうね。

そのエスメラルディーナに続けとばかりに、3歳牝馬が雌雄を決します。
話題性のある馬でいうと白毛のブチコが登録段階で補欠1番手で回避となったのが残念ですが、
ともなるともう注目すべきはこの馬ということになるでしょう。

アルビアーノ2

フラワーカップの勝ち馬、NHKマイルカップ2着のアルビアーノです。
これが初ダートということになりますが、アメリカ産馬のこの馬、
アメリカ産馬ということはもうダートが合わないわけはありませんよね。
馬体も見ても牡馬顔負けの筋肉モリモリの馬体で、こりゃダートの方がいいって
パドックで思った人も多いのではないでしょうか。
初のダート、初のナイター競馬、初の距離。このあたりは楽々クリアしてくれそうなだけに
ここは期待してみたいところですね。

ホワイトフーガ

これはもう相手探しの一戦なのかなと思えてしまいますが、その相手選びは
普通に考えればデータ的にも中央馬のホワイトフーガポムフィリアスキースクールといったあたりに注目ってなるんでしょうけど、これ過信禁物ですよ。

この3頭に共通して言えることは『 距離への対応 』です。
スキースクールは勝ち星1200mのみ。ホワイトフーガとて前走は1400mでオープン勝利。
この勝利は評価しつつも、その前の1800mでは惨敗。
ポムフィリアも前走兵庫チャンピオンシップで3着にはきていますが、
勝ち馬クロスクリーガーには大差つけられており、最後は脚はバタバタでしたからね。

トーコーヴィーナス

今回、南関東の桜花賞2着馬にして、園田所属のトーコーヴィーナスがハナを主張しそうですね。
この馬は行ってなんぼの馬ですから。それをアルビアーノがビッチリマークという
競馬になりそうですが、トーコーヴィーナスはスローに落とそうものならあっという間に
アルビアーノの餌食になるのは解っていますから、行くだけ行ってバテたら残念。
こういった腹をくくった作戦にくるでしょうね。そうなると、後続も追走にはそれなりの脚を使うので
距離に不安のある馬はなし崩しに脚を使わされて直線に入る頃には既にスタミナ切れ。
なんてことになっても全然驚きはないという展開が予想されるわけです。

逆にトーコーヴィーナスとアルビアーノがガリガリやりすぎて、共倒れ。
なんてとになったらそれこそ差しの競馬。
ホワイトフーガやポムフィリアにチャンス十分となる可能性もあり、
そんな展開になるならば、地方のジェットシティやトーセンマリオンあたりもチャンス十分で
大波乱なんてことにもなっちゃうかもしれませんね。

 

まずはアルビアーノがどんな競馬をするのか楽しみにしてみましょう!

 

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

阪神競馬場の雨

★2015産経大阪杯(G2)★気になるのは当日の雨、重馬場になりそうです

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 週末の天気が発表されていますが、大阪は明日より

記事を読む

東京競馬場3

★2015東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)★直前関係者情報公開!

マイルチャンピオンシップは終わりましたが3日間開催最終日の 東京競馬場では来年のクラシックを占

記事を読む

フィエロ追い切り

★2015安田記念(G1)追い切り★フィエロ・ヴァンセンヌ他、有力馬の状態は?

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 安田記念の追い切りが行われましたね。 サトノギャ

記事を読む

東京競馬場

★6/14(日)マーメイドS(G3)他、注目レース・注目馬まとめ★

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 G1がない週末、なんだかG1の喧騒もなく競馬に

記事を読む

パドック解説

★3/15(日)フィリーズレビュー・中山牝馬S他パドック診断速報のおしらせ★

みなさんこんにちは、管理人の弟子です。 フィリーズレビューも中山牝馬ステークスもまさに

記事を読む