【レース回顧】2015安田記念(G1)~モーリス

公開日: : 重賞回顧 ,

東京 安田記念・モーリス!

モーリス4

堀厩舎の快進撃が止まらない!先週に続き G I を制覇。

勝つ時は何もかもうまく行くもので、
内枠偶数の6番枠が当たり、スタートも決まった。
無理なく好位を確保し、前半3Fは34秒3と流れは速くない。
引っ張りきりで直線を向き、早めに抜け出してゴールイン!
今年も1番人気、4歳馬モーリスが優勝を飾った。
勝ち時計は1分32秒0、上がりは46.1-34.7での決着。

2着ヴァンセンヌは悔いの残る2着に終わった。
道中は中団後ろの内々を追走し直線を向いたが、
前がカベになり外目に出すのにモタついてしまった。
そこから、よく追い詰めたのだが…
パドックでの馬体は前走時の方が良く映ったが、
今日で速い時計に対応できたことは大きな収穫だったのでは。
秋に期待することとしよう。

3着クラレントは勝ち馬をマークし、よく走っている。
最後は決め手の差が出ただけで、役目は十分に果たしている。

フィエロは黒光りする馬体でドッシリ構え雰囲気はあったが、
終いは伸びるどころか、途中でしぼんでしまった。
こんなはずではないのだが、原因が分からない…

ダノンシャークは体はできていたが、テンションが高かった。
内枠は引けたが、マイルCS時の行きっぷりは見られず。
年齢的なモノがあるのだろうか…

ミッキーアイルは目一杯の仕上げだったと思う。
スタートが良過ぎて、無理矢理下げてしまったが、
控える競馬にこだわらず、あのまま行かせていてもよかったのでは…

カレンブラックヒルは差す競馬で終い伸びてはいるが、
慣れない競馬をしてはかわいそう。
体は絞れて力を出せる状態だったと思うだけに…

牝馬ケイアイエレガントには頭が下がる想い。
きついローテーションと牡馬相手に5着なのだから…

これで前半の G I レースは宝塚記念を残すのみ。
長く続いた G I シリーズもひと段落したが、
祭りが終わってしまうと、一抹の寂しさを覚えてしまう…

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【浦和競馬】 桜花賞(S1)南関東競馬必勝☆3連単予想はこちらから!

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

siriusuS

【シリウスステークス2016レース回顧】マスクゾロの逃げ切り!

阪神 シリウスSはマスクゾロの逃げ切り! シリウスS 2000mダート G 3 ハンデ戦

記事を読む

uma_01

【クイーンカップ2017結果/レース回顧】アドマイヤミヤビが決め、3連勝!

東京 クイーンCはアドマイヤミヤビが勝ち3連勝! 2017/2/11(土)開催 東京11R ク

記事を読む

クイーンズリング京都牝馬S

【レース回顧】2016京都牝馬S(G3)~クイーンズリングが復活!

京都牝馬Sでクイーンズリングが復活! 雨の中でゲートが開いた京都牝馬S。 スピード決

記事を読む

uma_01

【阪急杯2017結果/レース回顧】トーキングドラムがイン強襲!

阪急杯はトーキングドラムがイン強襲! 2017/2/26(日)開催 阪急11R 阪急杯(G3)

記事を読む

リオンディーズ1

【レース回顧】2015朝日杯FS(G1)~リオンディーズが制覇!

阪神 朝日杯フューチュリティーステークスはリオンディーズが制覇! 新馬戦に続き、デイリ

記事を読む