日経賞2019馬券フォーカス

公開日: : レース展望


日経賞2019を徹底予想

1着馬に春の天皇賞への優先出走権が与えられる。
それぞれ各馬の目標は次の G I レースになるが、
ここで勝ち負けできないようでは、G I の勲章は遠のいてしまう。

※  展開はどうなる?

スタートさえ決めれば、メイショウテッコンがハナに立つだろう。
カフェブリッツはその後に位置する。
クリンチャーは好位をキープし、うまく流れに乗る作戦に。
エタリオウ、ゴーフォザサミットは中団に構え、
サクラアンプルール、チェスナットコート、ルックトゥワイスは後方から仕掛けを探す。
流れは淡々とし、4角から一気にペースは上がる展開が予想される。
騎手の判断が問われることになる。

※  ここまでの結論!

◎  07  エタリオウ  4歳
・  いまだ1勝しか挙げていないが、ダービー4着、菊花賞2着は立派な成績。
・  ここを叩いて天皇賞に向かうのだろうが、今回は結果を求めている。
・  別定戦で55kの斤量で走れるのは、更に切れが増すということ。

◯  01  メイショウテッコン  4歳
・  前走は痛恨の出遅れが応え、終いの脚を残せなかった。
・  スタートさえ決めれば、単騎の逃げが見込めるだけに、一変あってもおかしくない。
・  ハナにさえ立てば、誰も武豊騎手に絡んではこない。

▲  06  ルックトゥワイス  6歳
・  スッカリ取り口が安定し、結果が伴ってきている。
・  2走前だけ走れば、勝ち負けは可能に。
・  左回りより、右回りの走りがしっかりしている馬。

△  12  クリンチャー  5歳
・  ここは天皇賞に向けての叩き台だろうが、実績は上位の馬。
・  中山コースに良績はないが、頼りないメンバーだけに押さえの一角に加えたい。

×  11  チェスナットコート  5歳
・  昨年の同レースは2着の実績を残している。
・  オーストラリア遠征の疲れはしっかりケアできている。
・  仕掛けどころさえ間違わなければ、上位争いに加われそうだが。

×  09  カフェブリッツ  6歳
・  スタミナで勝負する馬だけに、長丁場は大歓迎。
・  ただし、決め脚はないので、ヨーイドンの競馬になると劣勢。
・  斤量が2k増えるのもプラスには働かない。

×  02  ゴーフォザサミット  4歳
・  全成績が示す通り、勝つか凡走に終わるかのムラ駆け。
・  半年のブランクもあり、ここはシビアに捨て!で。

×  04  サクラアンプルール  8歳
・  重賞レース出走の常連馬だが、なかなか結果が得られない。
・  いつの間にか8歳を迎え、若い頃の切れは失せてしまっている。

×  05  ブラックバゴ  7歳
・  切れる脚は一瞬だけで長くが続かない。
・  出遅れが多く、ゲートを出てみないと位置取りは決まらない。

※  フォーカス
07➖01、07➖06、07➖12、01➖06、01➖12

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

アドマイヤエイカン

【2/28(日)阪神9R すみれS】注目馬はこの1頭!

日  阪神すみれS・注目馬! ☆  アドマイヤエイカン 父 ハーツクライ - 母 ペルヴ

記事を読む

中山競馬場ダート

【12/19(土)中山10R 仲冬ステークス】馬券分析・予想

中山 仲冬S・馬券分析! 過去10年を振り返ると、1番人気は 1着2回、2着3回の5割

記事を読む

中京競馬場

【7/11(土)中京11R豊明ステークス】出走馬短評とレース展望

中京 豊明ステークス! 準オープン戦だが、目にとまる馬はいない。 行く馬が多く、流れ

記事を読む

日経新春杯2019データ予想

日経新春杯2019をデータから徹底分析 日経新春杯を過去10年の成績を参考にして、いろんな角度

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

白菊賞2017/出走予定馬短評と予想のポイント

白菊賞/予想のポイント 2017/11/26(日) 京都9R 白菊賞 2歳500万円以下 1

記事を読む