【きさらぎ賞2019枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2019/02/08 管理人おしらせ , , , ,

a1370_000218
きさらぎ賞へ向けての最終追い切りを終えた各馬が出走態勢を整えてきています。今年のきさらぎ賞は頭数8頭と少頭数。それでもヴァンドギャルド、ダノンチェイサー、アガラスといったクラシックも期待できそうな逸材が顔を揃えており、どんな走りを見せてくれるか楽しみな1戦。クラシックへ向けて賞金を加算すべく絶好の動きを見せて陣営も好気配の馬がいるならば要チェックです。

きさらぎ賞2019注目馬

アガラス 56 戸崎

美浦南W 68.6 53.8 39.9 12.9 馬なり 併せ併入
関西圏への輸送もあることを考慮してか最終追い切りは軽めの内容とはなりましたが、1週前にコースで4F51秒台をマークしており動きも良好。負荷もしっかりとかけられており好状態と判断できる動きを見せています。追い切りに騎乗した戸崎騎手からも「立派な馬で力があるね。」と好感触のコメントは出ており、前走東京スポーツ杯では上がり最速をマークしており末脚が武器の同馬ですが、京都コースでもしっかりと折り合って持ち前の末脚を爆発させる準備は整ったと見て良さそうです。後は初の輸送で極端にテンションが上がらなければいいのですが果たしてどうでしょうか。

ヴァンドギャルド 56 Mデムーロ

栗東坂路 53.9 38.5 24.8 12.4 馬なり
1週前の追い切りでは時計は出ていたものの併せ馬で遅れてしまっていたように稽古ではあまり目立つ動きをしないヴァンドギャルドですが、それでも最終追い切りでの坂路での時計はこれまでの自己ベストタイムを更新。この馬なりに順調と判断していいのではないでしょうか。藤原調教師からも「順調やな」と納得のコメントも出ており、前走のホープフルステークスが不利の連続で力を発揮できなかっただけにその鬱憤を晴らす走りを見せることができるか注目してみたいところです。

エングレーバー 56 藤岡佑

栗東P 88.0 70.8 55.4 40.3 11.7 馬なり 併せ先着
1月5日の500万下戦を勝って2戦2勝のエングレーバーですが、この中間は中3週での競馬ではありますが速い時計は最終追い切りを併せても2本のみ。その最終追い切りは併せ馬とはいえポリトラックコースで終いを伸ばす程度の非常に軽めのものとなっている点は不安。追い切りにも騎乗した藤岡佑騎手からも「前走の状態を維持している感じ。」とのコメントが出ているように状態はいい意味で平行線と見たいところではありますが、直前の追い切りが軽めな分、力を出し切れるかどうかは多少なりとも不安が残る状態であるとも言えるのではないでしょうか。

ダノンチェイサー 56 川田

栗東CW 83.5 66.7 51.5 37.0 12.3 併せ併入
12月のこうやまき賞を勝ってから1ヶ月程休みましたが1月上旬から乗り込みを再開するとコースで好タイムを連発。特に終いに11秒台を連発して切れのある動きを見せているダノンチェイサー。最終追い切りでもラスト4Fは51.5をマークしており、これだけ動けているならば状態は間違いなく良好と見てよいでしょう。池江調教師からも「動きはよかったね」とのコメントは出ており仕上がりは順調という感触はありますが、師は距離に不安をつぶやいているだけに、ここは川田騎手がいかにロスなく折り合いをつけて運ばせるかが鍵となってくるのではないでしょうか。

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

浦和競馬1

★2016オーバルスプリント(Jpn3)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 9月15日は浦和競馬場で交流重賞オーバルスプリントが発走となります。 今年のJ

記事を読む

free33

【中山金杯2019予想オッズ・出走馬・騎乗騎手徹底分析】

2019年の中央競馬の開幕を告げる中山金杯は1月5日(土)に中山競馬場で発走となります。今年初の

記事を読む

free10

【ヴィクトリアマイル2018予想オッズ人気上位馬は買いか消しか?】

管理人です。 今週は春の女王決定戦、ヴィクトリアマイルが東京競馬場で発走となります。昨

記事を読む

uma_01

【安田記念2017追い切り予想】イスラボニータ・エアスピネルの仕上がりは…

管理人です。 安田記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今年

記事を読む

S__4595721

【クイーンステークス2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 クイーンステークスへ向けての最終追い切りが函館・札幌競馬場で実施されました。牝馬

記事を読む