京成杯2019馬券フォーカス

公開日: : レース展望


京成杯2019を徹底予想

2勝馬の3頭が中心になり繰り広げられる一戦になりそうだが、絶対視は避けたい力関係にあるメンバー構成。ここ10年の傾向を見ると、差し馬有利のレースと言えそう。

※  展開はどうなる?

カフジジュピター、カイザースクルーンのいずれかがハナを切りそう。カテドラル、ナイママ、ヒンドゥタイムズも前に位置するので、前半からゴチャつく流れが予想される。差しに回るシークレットラン、ダノンラスター、ランフォザローゼスの突っ込みが可能となる。直線入り口から各馬が、前で競馬をする馬に襲いかかる。

※  ここまでの結論!

◎  05  ランフォザローゼス
・  前走は詰まる不利がなければ、シークレットランに先着していたかも。
・  能力は確かだけに、スムーズな立ち回りさえできれば、重賞勝ちはある。
・  展開に左右されない脚質は魅力大。

◯  12  ダノンラスター
・  前走は出遅れが敗因のすべて。キャリア浅さに泣いてしまった。
・  コンスタントに使っている33秒台の末脚なら、展開ひとつで突き抜けてもおかしくはない。
・  初めての右回りより、当日のテンションが鍵となる。

▲  09  シークレットラン  2勝馬
・  前走がレコード勝ちのオマケまでついた勝利。
・  ここまでの3戦は文句のない内容。
・  内田博騎手が守りの競馬をしなければ3連勝はある。

△  07  ラストドラフト
・  アタマ差の新馬勝ちだったが、ルメール騎手が続けて乗るのは何か理由があるはず。
・  かと言って、インパクトある内容ではなかった。
・  慎重を期して押さえにした。

×  01  カイザースクルーン
・  馬体が絞り切れないのか、前走の内容が悪かった。
・  変則日程の暮れから新年の調整では、思うように絞れてはいまい。

×  06  カテドラル  2勝馬
・  2連勝して挑んだ東京スポーツ杯2歳Sだったが、ムキになって走り11着。
・  力は秘めているが、現状は馬が若過ぎる。
・  ダノンラスターには完敗しているだけに、高い評価は避けた。

×  10  ナイママ  2勝馬
・  プラス10kの体とはいえ、前走は完敗の13着。
・  北海道では頑張っているが、中央場所のメンバーは甘くはない。

×  02  ヒンドゥタイムズ
・  完勝の新馬戦だったが、走破時計も上がりの時計も目立ちはしなかった。
・  単純計算でも2秒の短縮がなければ、ここで勝ち負けはできない。

×  11  リーガルメイン
・  2戦目で初勝利、それも初戦より時計を要して。
・  現状では限界が見えており、この中に入ると厳しい。

※  フォーカス

05➖12、05➖09、05➖07、12➖09、12➖07

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場2

【12/12(土)中山11R ラピスラズリS】馬券分析・予想

中山 ラピスラズリS・馬券分析! オープン特別だが、実力は拮抗して面白い闘いが予想され

記事を読む

福島競馬ダート

【7/18(土)福島11R安達太良S】馬券分析・予想

福島 安達太良S・馬券分析! 少し物足りない準オープン戦だが、夏場でもあり仕方ないこと

記事を読む

ダート

アハルテケステークス 2018 予想・馬券フォーカス

アハルテケステークス 2018 / 予想・馬券フォーカス 2018/6/9(土) 東京11R

記事を読む

ルミナスウォリアー

【12/20(日)中京11R 名古屋日刊スポーツ杯】注目馬はこの1頭!

中京 名古屋日刊スポーツ杯・注目馬! ☆ ルミナスウォリアー 父 メイショウサムソン

記事を読む

free03

豊明ステークス2017予想/馬券分析

豊明ステークス2017/馬券分析 2017/7/8(土) 中京11R 豊明ステークス 3歳以

記事を読む