ホープフルステークス2018馬券フォーカス


ホープフルステークス2018を徹底予想!

ホープフルSは2018年競馬の最後の G I レース。有馬記念の余韻を残しながら締めくくる。G I に格上げされてまだ2年目だが、それはそれで雰囲気を楽しみたい。3勝馬1頭、2勝馬4頭を中心に競馬が進められる。

※  展開はどうなる?

キャリアは浅いが、キングリスティアがハナを切りそう。直後にはコスモカレンドゥラ、サートゥルナーリアがつけ、ヒルノダカールと続く。各馬にチャンスがあるので、騎手は大事に乗り、流れは速くならない。淡々とした流れは3角過ぎまで続き、4角で一気にペースが速くなる。ある程度の位置を確保し、33秒台の脚を使わなければ勝利はおぼつかない。一応 流れの中心は3勝馬のニシノデイジーになりそうだが‥

※  ここまでの結論!

◎  05  サートゥルナーリア  2勝馬
休養を挟んで2連勝。安定した脚質にブレはなく心強い材料。
今年 大活躍したロードカナリア産駒、母はシーザリオで、兄は活躍馬ばかり。
2000mに不安はなく、M・デムーロ騎手なら、この馬の力は引き出してくれる。

◯  01  ニシノデイジー  3勝馬
唯一の3勝馬であり、重賞2勝馬は立派そのもの。今回は距離が1ハロン延びるが、血統面から不安はない。ただし、前走が8番人気での勝利であり、気楽に騎乗できたが、今回は鞍上がプレッシャーを感じながらの騎乗となり、そこが気になる。

▲  08  アドマイヤジャスタ  2勝馬
ここまでの3戦は派手さこそないが、どんな相手でも2着は外していない。前走の走破時計は、この中に入れば優秀であり、2000mの走るリズムは心得ている。しかも、勝ちまくっているルメール騎手だけに、上位の評価は妥当。

△  03  キングリスティア
キャリアこそ浅いが、2着馬に0.8秒差をつけた勝利は軽く扱えない。モマれた時の心配はあるが、未知の魅力に賭けてみたい気持ちが強い。

△  02  ブレイキングドーン
競走除外明けの前走の京都2歳Sが2着は、力がなくてはできぬワザ。ただし、走破時計も速くはない。見栄えする馬体で、怖さがあるので、押さえは必要かと‥

×  09  ジャストアジゴロ
未勝利を勝ち上がったばかりだが、2戦共に最速の脚を使っている。それも、長い直線とはいえ、32秒台と33秒台で上がっているのだから。しかし、馬体はギスギスして、G I 馬としての風格は感じられない。

×  11  ヴァンドギャルド
前走がニシノデイジーにアタマ差の3着は評価できるが、不安定なゲートは正直アテにならない。ここで走れば諦めるだけ。

×  13  コスモカレンドゥラ  2勝馬
前走で2勝目をマークしているが、勝ち時計が平凡。それまでの3戦でも、速い時計では走れていない。G I レースを勝つのは簡単ではない。

×  07  ミッキーブラック  2勝馬
デビューからの連勝は評価できるが、前走の4着にはガッカリ。出走除外後のブレイキングドーンにも遅れをとっている。上がりのかかる展開にならなければ出番はあるまい。

※  フォーカス

05➖01、05➖08、05➖03、05➖02、01➖08、01➖03

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

札幌競馬場

【8/9(日)札幌11RUHB賞】出走馬短評とレース展望・予想

札幌 U H B 賞! オープン特別だが、8月末にはキーンランドCが控えている。 そ

記事を読む

muromachi_stakes

室町ステークス2016予想・馬券分析

土 京都 室町S・馬券分析! オープンのハンデ戦、手薄なメンバーに加え、微妙なハンデ差

記事を読む

tokyokeiba

オリエンタル賞2016予想・馬券分析

日 東京 オリエンタル賞・馬券分析! 3歳以上 1000万条件 2000m 定量戦

記事を読む

free02

日経新春杯2019馬券フォーカス

日経新春杯2019を徹底予想! 日経新春杯は例年1番人気が頑張っているが、トップハンデの馬はイ

記事を読む

free22

複勝ころがし!オデュッセウス

土曜競馬・複勝ころがし!第2弾 ☆購入馬 2017年7月1日(土) 函館11R TVh杯

記事を読む