【チャンピオンズカップ2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

S__4595721
チャンピオンズカップへ向けて各馬が最終追い切りを終えて出走態勢を整えてきています。ゴールドドリームの回避は残念ではありますが、3歳馬ルヴァンスレーヴ・JBCクラシックを制したケイティブレイブが人気の中心となってきそうな豪華メンバー。上位の実力は伯仲しているだけに、各馬の状態や陣営の気配をしっかりとチェックして馬券予想を的中させていきましょう。

チャンピオンズカップ2018注目馬

2枠2番 ルヴァンスレーヴ 56 Mデムーロ

美浦南W 計測不能
当日のキリの影響で動きを確認することはできませんでしたが、ラストは併せ馬で先着という内容。萩原調教師からは「いつも通りの状態で出走できると思います。」というコメントが出ていますが、2週前に坂路で52秒台をマークして1週前にはコースで69.6 53.4 39.2 13.0をマーク。休み明けとなったマイルCS南部杯と比較しても動けているだけに好状態と判断していいのではないでしょうか。過去10年でも3歳馬の勝利はないように古馬強豪の壁は高いものとなるかもしれませんが、それでも前走でゴールドドリームを負かしているようにかなり期待のもてる1頭であることは間違いないでしょう。

3枠5番 ノンコノユメ 57 内田

美浦南W 計測不能
濃いキリの影響でラスト50mくらいしか動きを確認できなかったものの、内田騎手からは「前走と同じくらい状態はいいと思う」というコメントは出ており、1週前にも南Wコースで69.1 54.1 40.3 13.6をマークし稽古で動かない馬なりにいつも通りの時計と動きは見せていたことから状態は変わらず良好と判断してよさそうなところ。この馬の力を出し切れるということならば、後は展開がこの馬向きになるかどうか。前走のJBCクラシックとて上がり最速の脚を繰り出しての4着と内容のある競馬だっただけに、末脚嵌ればフェブラリーSに続いてのG1制覇あっておかしくない状態であると言えそうです。

4枠7番 サンライズノヴァ 57 戸崎

栗東坂路 53.5 38.9 25.1 12.6 一杯 併せ先着
チャレンジC出走予定のダンビュライトとの併せ馬できっちり先着して終いの時計も上々。武蔵野ステークスから中2週の競馬となるだけに速い時計はこの1本のみとはなっていますが、状態は引き続き良好と判断して良さそうなところ。生野助手から「調子はすごくいいと思います。」というコメントが出れば戸崎騎手からも「GIを取りたい気持ちは強い。」とのコメントは出ており、この秋は3.3着と勝ちきれない競馬が続いてはいますが、能力的にも勝ち負けできる馬であると評していいところではないでしょうか。

5枠8番 ケイティブレイブ 57 福永

栗東坂路 53.6 38.7 25.1 12.6 馬なり
前走のJBCクラシック時と同様に福永騎手がつきっきりで稽古をつけていますが、最終追い切りはいつも通りの坂路で馬なりながらにラスト12.6と鋭く伸びてきており、1週前には80.0 64.6 50.5 37.4 12.7をコースでマークし自己ベストタイムを更新。この秋3戦目で状態を最高潮にもってきた感のある絶好の動きを披露してみせました。杉山調教師からも「状態は文句ないですね。」と自信のコメントが出ても納得の動きを見せており、G1連勝の可能性も十分でしょう。これまで中京コースは5.4着と馬券に絡めていないコースにはなっていますが、どこからでも競馬ができるようになった今ならば更なる前進も十分に期待して良さそうです。

6枠11番 オメガパフューム 56 Cデムーロ

栗東坂路 52.8 38.7 25.7 13.3 馬なり 併せ遅れ
いつも通りの坂路での調整は最終追い切りの併せ馬で遅れはしましたが、それでも終始馬なりのセーブ気味の調整。1週前には坂路で52.3をマークして自己ベストに0.1秒と迫る好時計をマークして状態は良好そのものと判断できそう。安田調教師からも「馬が変化している。上積みがありそうだ」と前走JBCクラシック2着から更なる成長した走りも期待できそうなコメントも飛び出してきており、成長盛りの3歳馬とCデムーロ騎手とのコンビで上位をうかがう可能性は十分にあると言えそうです。

8枠15番 インカンテーション 57 三浦

栗東坂路 54.3 39.7 26.3 13.3 強め
ここ最近はコースを長めに追うのがこの馬の最終追い切りパターンとなりますが、このチャンピオンズカップを前に再び坂路へ変更してきました。内容的には軽めで終いを伸ばす程度のもので時計的には目立ちませんが動きに鋭さが戻ってきている印象。1週前には栗東CWで84.7 67.4 51.7 38.9 12.7をマークして併せ馬できっちりと先着し、羽月調教師からも「着実に上昇していると思います。」というコメントが出ているように休み明けの武蔵野Sを叩いて状態は上向いているのは確かでしょう。後は未だにG1勝利のない三浦騎手が平常心で騎乗できるかどうかにかかってきそうです。

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free33

【セントライト記念2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 2年前、キタサンブラックの快進撃はここからはじまったとも言えるセントライ

記事を読む

地方競馬

【エンプレス杯2018予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東競馬は牝馬限定のダートグレード競走。エンプレス杯が川崎競馬場で発走と

記事を読む

地方競馬

【白山大賞典2018予想】金沢競馬を徹底予想!

JBCクラシックへ向けての前哨戦という位置づけとなる白山大賞典が10月2日に金沢競馬場で発走とな

記事を読む

free30

【紫苑ステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 牝馬3冠最終戦の秋華賞へ向けての3歳牝馬の争いが秋競馬開幕週に早くも勃発。中山競

記事を読む

札幌競馬場

☆2016クイーンステークス(G3)☆札幌競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ夏の札幌競馬が開幕します! 注目はやはり札幌記念ということにもなるので

記事を読む