【天皇賞(秋)2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

公開日: : 最終更新日:2018/10/28 管理人おしらせ , , , ,

free05
出走予定馬の半分以上がG1馬、今年の天皇賞(秋)はとにかく豪華なメンバーが集います。ダービー以来のG1制覇を狙うレイデオロに春の大阪杯を制しているスワーヴリチャード、復活を期し武豊騎手とのコンビを結成するマカヒキなど注目すべき馬は多数。果たしてこの注目の1戦を制するのはどの馬になるのか?出走予定馬をしっかりとチェックしていきましょう。

天皇賞(秋)注目出走予定馬

スワーヴリチャード 58 M.デムーロ

3歳時、ダービー2着・有馬記念4着とG1にあと一歩届かない成績の続いたスワーヴリチャードでしたが、今年の春の大阪杯を制してG1馬の仲間入り。続いて距離不足も囁かれる中、安田記念に参戦して3着という結果に。これが休養明け初戦とはなりますが、舞台は十分に守備範囲の2000mとなり(2.2.1.0)と崩れ知らずの安定感を誇る東京コース。中距離G1の春秋制覇の可能性は十分にあると言えそうです。これまでの戦績を見ても休み明けは(2.0.0.0)と2戦2勝といきなりから狙えるタイプでもあることから1番人気に支持されてきそうではありますが、目の離せない主役級の馬であると言えるでしょう。

レイデオロ 58 C.ルメール

昨年のダービー馬レイデオロですが、今年の春は京都記念3着、ドバイ遠征して4着と勝利を得ることはできずにいましたが、秋初戦のオールカマーでは力の違いを見せつけての勝利。改めて力のある馬であることを印象付けた1戦となりました。迎える天皇賞(秋)は今年狙うべきレースの1つであるでしょうし中山コースよりもレースはよりしやすくなるはず。絶好調のルメール騎手を背に今年の秋のG1戦線の主役は自分だとばかりの強い競馬をみせてくれるかどうか期待は高まるところではあります。休み明けとなるライバルも多いだけに一度使われて状態面のアドバンテージもありそうですが、この中間の稽古でバランスを崩すトラブルがあった点は気になるところ。それだけに最終追い切りの動きはしっかりとチェックしておきたいところではあります。

マカヒキ 58 武豊

一昨年のダービー馬マカヒキ。その後フランス遠征のニエル賞では勝利を掴んだもののかれこれ2年間勝利からは遠ざかってしまっているのも事実。とはいえ、大きく負けることなく自分の末脚は常に駆使してきているのだから後は展開ひとつというところではあります。前走の札幌記念でも豪快な末脚で2着と「らしさ」が戻ってきているのも確か。今回、初めて武豊騎手とのコンビ結成となりますが、更に新たなる一面を見せることができるかどうか。平成の盾男と言われた武豊騎手の手腕にも期待が高まるところではあるでしょう。

サングレーザー 58 J.モレイラ

デビュー以来掲示板をはずしたのは15戦して1度のみ。安定感抜群の末脚を武器に前走札幌記念ではマイル路線から中距離を試して一発回答。マカヒキを負かしての勝利は価値があると言えるでしょう。この秋初戦に天皇賞(秋)を選んだのは陣営も可能性があると感じたからこそでしょうし、モレイラ騎手を確保して一躍中距離戦線の主役に躍り出ることができるかにも注目が集まります。ただ、関東圏への遠征では2戦してともに5着、東京コースは今年の安田記念が初めてでしたが5着であったことを考えると長距離輸送に課題が残っているとも言える現状。そのあたりを克服しての活躍あるかといったところではないでしょうか。

アルアイン 58 北村友

昨年の皐月賞馬のアルアイン。皐月賞後は勝ち星から遠ざかっていますが、明らかな距離の敗因となった菊花賞以外は掲示板を確保。今年の大阪杯でも3着と好走しているだけに力がある馬であることは確か。前走のオールカマーでもレイデオロとタイム差なしの2着と好走しており、この天皇賞(秋)でも安定した先行力からの粘り込みには十分に注意が必要といえるでしょう。ただこれまでの戦績を見ても休み明けから使う毎に成績が落ちてきていることや左回り東京コースにも一抹の不安をかかえる現状となっておりその課題克服あればという条件がついてくるかもしれません。

ヴィブロス 56 岩田

昨年のドバイターフを制し、今年も2着と好走している世界的にも名の知られた牝馬ヴィブロスが天皇賞(秋)に駒を進めてきます。宝塚記念以来の出走となりますが、海外遠征帰りの難しい調整となった前走と比べれば今回の方が仕上がりは順調でしょうし、決め手を活かせる東京コースはもってこいの舞台であると言えそう。今回も牡馬のかなり強い相手との1戦とはなりますが、牝馬だからといって侮ることはできず、一瞬の切れ味ならばこの馬がNo.1とも言えるだけに決め手勝負となった際には警戒が必要でしょう。今回は岩田騎手との初コンビとなりますが、一発の可能性十分の魅力に溢れた馬であると言えるのではないでしょうか。

ミッキーロケット 58 和田

今年の宝塚記念を制してG1馬の仲間入りを果たしたミッキーロケット。時計のかかる馬場も味方したようにも思われますが、強い競馬であったことも確か。今年の秋の競馬でG1勝利が決して運が良かっただけではないことを示したいところではありますが、速い決め手のある馬ではないだけに、良馬場での瞬発力勝負となった際は分が悪そうなところは否めません。昨年の天皇賞秋でも14着と大敗を喫しているようにコース適性も疑問が残る中で果たしてどこまでその力を示すことができるかという評価が現状では妥当となるかもしれません。

それでは今週末は天皇賞(秋)を的中させて最高の週末をあなたが過ごせることをお祈りしております!

【京都G1】 マイルCS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場3

★2016フラワーカップ(G3)予想★人気薄でも注意したい特注馬!

管理人です。 3日間開催の最終日を飾る重賞は中山競馬場でのフラワーカップ。 前売りオッズを見

記事を読む

小倉競馬2

☆2016北九州記念(G3)☆予想オッズ1番人気ベルカントは断然なのか?

管理人です。 今週末、小倉競馬場では真夏の快速王決定戦、北九州記念が発走となります。 1昨年

記事を読む

free16

【アルテミスステークス2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

天皇賞(秋)の前日に東京競馬場で発走となるのはアルテミスステークス。2歳牝馬による争いはここ2年

記事を読む

阪神競馬場

★2016フィリーズレビュー(G2)★高配当を生み出す狙い馬は?

管理人です。 桜花賞出走へ向けた3枚の最終切符を手にするのはどの馬か? 毎年波乱傾向にあるフ

記事を読む

中京競馬場1

★2016ファルコンS(G3)予想★前売りオッズから見えてくる狙い馬とは?

管理人です。 3日間開催の初日を飾る重賞は中京のファルコンステークス。 NHKマイルカップを

記事を読む