【秋華賞2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/10/18 管理人おしらせ , , , ,

S__4595719_2
秋華賞へ向けての最終追い切りを終えて枠順も確定し、いよいよ発走が近づいてきました。今年の秋華賞はアーモンドアイの牝馬3冠がかかり、前売りオッズでも1倍台前半の圧倒的支持を集めていますが、そのアーモンドアイを負かすような馬は現れるのか、陣営の気配や状態面をしっかりとチェックしてこの秋華賞の馬券予想的中を狙っていきましょう。

秋華賞2018注目馬

1枠2番 カンタービレ 武豊

栗東CW 83.9 66.9 51.3 37.3 12.0 馬なり
ローズステークスを制してからも乗り込みは順調。一度使った効果は抜群で時計を見ても歴然。ギアがひとつあがったかのようなスピード感のある走りを披露。終いの伸びも秀逸で秋華賞での打倒アーモンドアイへ向けて態勢は万全と言えるのではないでしょうか。辻野助手からも「心配材料はほとんどない」とコメントが出るのもうなづける好仕上がりと言えそうです。内枠からロスなく運んで脚を溜めて、早めの抜け出しでアーモンドアイの末脚を封じることができるか注目でしょう。

3枠5番 サラキア 池添

栗東CW 98.5 67.4 52.3 38.3 11.6 馬なり
最終追い切りはコースで7F追い。長めからゆったり入ったものの折り合いはついており、軽く仕掛けられただけで抜群の反応を示してラスト11.6と鋭くフィニッシュ。仕掛けられてからのラスト4Fの時計は前走と比較しても明らかに速い時計をマークしており、秋華賞へ向けて仕上がりは万全と言えるでしょう。池添調教師からも「ここまで凄く順調で、すべて噛み合えばチャンスも」とアーモンドアイを負かすのもまんざらでもない気配。モレイラ騎手の騎乗停止で池添騎手へと変更にはなりましたが前走も騎乗している騎手であり気にするところもないでしょう。

3枠6番 パイオニアバイオ 柴田善

美浦南W 65.8 50.8 37.9 12.6 G前追う 併せ先着
紫苑ステークス4着後も意欲的に追われて活発な動きを披露。直前の追い切りでは4Fで初めて50秒台をマークして自己ベストタイムをマーク。反応は明らかに前走以上で叩いた効果は大。実際に牧調教師からも「ひと叩きされて状態は上がっている」と手応えは掴んでいるコメント。前走の紫苑ステークスでの末脚は目立つところはありここでも末脚嵌るかどうかといったところでしょうが、アーモンドアイの末脚に勝ることができるかは疑問。ただ、それでも上位に食い込んでくる余地は十分にあると言える状態にはあるのではないでしょうか。

4枠7番 ラッキーライラック 北村友

栗東CW 81.9 65.5 51.6 38.4 11.8 馬なり 併せ先着
脚部不安でローズステークスを使わずにぶっつけ本番となるラッキーライラック。1週前の81.1 65.0 51.1 38.2 11.9という絶好の動きに続いて最終追い切りでも絶好の動きを披露。一頓挫あったことは心配ないかのような軽快な動きを見せていますが、春先から稽古でも時計の出るタイプでもあることから手放しで評価するわけにもいかないところでしょうか。松永調教師からも「動きは良かった」とコメントは出ていますが、やはり本音は一度使いたかったというところ。走れる状態にはあっても絶好調まではどうかといったところではないでしょうか。鞍上も急遽石橋騎手から北村友騎手に変更となる点もプラスとは言えないだけに2歳女王が地力でどこまで意地を見せるかが注目となってくるのではないでしょうか。

5枠10番 オールフォーラヴ 幸

栗東CW 97.0 65.9 51.4 37.5 12.2 馬なり
7Fと長めを終われましたが、ラスト5Fから加速を開始すると軽快なラップを刻んで馬なりながらにラスト12.2フィニッシュ。1週前にも6F80.3 64.7 50.5 38.5 12.3と絶好の時計をマークして自己ベストタイムを更新。前走のローズステークスは成長分があったとしても+22kgの馬体であったことを考えれば使って馬体もより引き締まった印象で上積みは大きそう。追い切りにも騎乗していた幸騎手からも「先週よりいい動きでした」と手応えあるコメントが出ており、オークスで5番人気にまで支持された素質馬が休み明けを一叩きしての一変が期待できる仕上がりにあると見ていいのではないでしょうか。

6枠11番 アーモンドアイ ルメール

美浦坂路 49.7 37.0 24.7 12.5 馬なり 併せ併入
ルメール騎手騎乗で行われた最終追い切りでは当日の坂路1番時計の49.7という驚愕の時計で楽々自己ベストタイムを更新。これまでコースで追い切られていたアーモンドアイにとっては初の坂路での最終追い切りとなりましたが動きだけ見ればこの時計が出るならば状態が悪いわけないといったところ。国枝調教師からも「素晴らしい動きでした」と満足いく仕上がりであることがうかがえるコメントも出ており牝馬3冠達成へ向けてまさに死角なしといった仕上がりでしょうか。唯一突っ込める点があるとすれば、直前追い切りがオーバーワークとなっての凡走というあたりでしょうが、これだけの牝馬をその理由ひとつで軽視するのはかなり危険。ここは当然の主力級扱いが妥当となるのではないでしょうか。

7枠13番 ミッキーチャーム 川田

栗東CW 82.5 66.7 51.3 37.4 11.3 馬なり
ここ3戦は北海道滞在での競馬だっただけに栗東での調整は久しぶり。ただ動き自体は末の切れが増した感があり最終追い切りで計時したラスト1Fは11.3と驚きの時計。ラスト4F自己ベストタイムをマークして秋華賞へ向けての好仕上がりをアピールといったところ。追い切りに跨った川田騎手からも「めちゃくちゃいい」と絶賛のコメントが出ているように状態面は文句なしといったところでしょう。後はこれまでの3連勝が滞在競馬であったことからも当日輸送がどうかという面が課題となってくるだけに、当日の気配はしっかりとチェックしておく必要がありそうですが、落ち着き払っているならばそれこそ一発あってもおかしくないのではないでしょうか。

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場

★府中牝馬ステークス2016予想オッズ★スマートレイアー1番人気も…

管理人です。 いよいよ開幕した秋の東京競馬、今週末はエリザベス女王杯へ向けたオンナの戦い。

記事を読む

S__4595721

【エリザベス女王杯2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 エリザベス女王杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。例年に

記事を読む

free07

【青葉賞2017追い切り予想】ダービーへの優先出走権を手にするのはこの3頭!

管理人です。 青葉賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ダービー

記事を読む

uma_01

【エプソムカップ2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 エプソムカップへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました

記事を読む

free04

【クイーンカップ2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 クイーンカップ2017/追い切り注目馬 クイーンカップへ向けた最終追い切り

記事を読む