【京都大賞典2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/10/12 管理人おしらせ , , , ,

S__4595721
京都大賞典へ向けて最終追い切りも終えて枠順も確定し発走が迫ってきました。今年はサトノダイヤモンドVSシュヴァルグランのG1馬対決に注目が集まっていますが、この2頭に割って入る馬はいるのか?秋初戦を迎える馬が多い中で追い切りで絶好の動きを見せて、陣営のトーンが高い馬は目標は先ということではなくこの重賞を獲りにきている可能性は大でしょうし注目しておく必要がありそうです。

京都大賞典2018注目馬

2枠2番 サトノダイヤモンド 川田

栗東CW 85.4 68.3 53.0 38.9 11.4 一杯 併せ先着
9月の頭から時計を出し始めると1ヶ月間みっちりと川田騎手が騎乗して追い切りをつけてきたサトノダイヤモンド。この秋での復活を期す陣営の力の入れ様が伝わってきますが、3週続けてラスト11秒台の鋭い脚を見せており切れ味のある馬であることは確か。動き的に見れば今年の金鯱賞(3着)時と同じくらいには仕上がっていると見て良さそうです。兼武助手からも「春に比べて雰囲気はいい。」と手応えのあるコメントも出ており得意の京都コースで強いサトノダイヤモンドの競馬を見せてくれるのではないかと期待は高まるところではあります。良馬場で末脚の活きる流れになればうってつけでしょうが、まずは川田騎手がしっかりと折り合って脚を溜められるかが鍵となってきそうです。

3枠3番 ブレスジャーニー 和田

栗東CW 84.9 68.9 54.0 40.0 11.9 一杯
道中はゆっくり進めてラストにビッシリ追ういつも通りの調整方法で追い切られた最終追い切りではラスト1Fで11.9と鋭く伸びて反応も良く、自身これが初のCWコースでのラスト11秒台を計時したことになったことは注目しておきたいところ。夏の北海道で3戦を消化していますが疲れは感じられず寧ろ順調に使われている強みがあると感じられる軽快な脚。佐々木調教師からも「動きはよかった。」と状態面に不安なしというコメントが出ており、後は末脚をどこまで伸ばせるかにかかってきそう。不器用な競馬しかできないところがあるだけに少頭数での競馬は願ったりかなったりでしょうし、展開さえ嵌れば一発あってもおかしくない状態にあるといえるのではないでしょうか。

4枠4番 レッドジェノヴァ 池添

栗東CW 83.6 68.2 52.1 38.3 12.1 馬なり
美浦所属馬ですが、長距離輸送を嫌って事前に栗東入りしての最終追い切り。ラストだけ伸ばす感じの軽めの調整でしたが終いの脚は12.1としっかりしており状態は悪くないと感じられるところ。鈴木助手からも「予定通り。」とコメントが出ており順調な仕上がりであると判断できそうですが、3連勝で重賞制覇に手が届くかに注目してみたいところ。ただ、テンションのあがりやすい馬でこの2連勝は滞在競馬の札幌でのもの。初めての京都コースでイレ込むようなことがあればマイナス要素ともなってくるだけに、現時点での状態面は及第点でも直前の気配はしっかりとチェックしておいたほうがよさそうです。

5枠5番 アルバート モレイラ

美浦南W 69.4 54.6 39.6 13.2 馬なり
モレイラ騎手が騎乗して行われた最終追い切りは感触を確かめる程度の内容。1週前にビッシリ追われて65.7 51.6 37.9 12.9と速い時計はマークしているだけに仕上がりは悪くないようには映りますし、モレイラ騎手からも「仕上がりはとてもいい」と好感触のコメントは出ていますが、実際ここ最近の追い切りと比較しても動きはやや物足りなさを感じるところではあり目標はあくまでも暮れのステイヤーズステークスということになるのでしょうか。メンバー的にも鞍上的にもそれなりに注目を集めそうですが、開幕週の馬場で末脚勝負になると分が悪そうなところもあり状態的にも飛びぬけて良いというわけでもないのであればやはり強くは推せないところはあるのではないでしょうか。

7枠8番 シュヴァルグラン 福永

栗東坂路 53.9 39.0 25.2 12.6 一杯 併せ遅れ
9月の初旬から乗り込みを再開しいつも通りにコースと坂路併用でしっかりと乗り込まれてきたシュヴァルグランは最終追い切りもいつも通りに坂路で。時計もそれなりに出ており終いの脚までしっかり。1週前には81.4 66.6 52.3 38.3 11.9と速い時計もマークしているように休み明けでも仕上がりは良好に映ります。併せ馬で遅れたことは気にならなくもないですが、直前の併せ馬で遅れても2年前のアルゼンチン共和国杯で勝利を収めているようにそこまで気にしなくても良さそうなところ。友道調教師からも「体は先週でできている」と順調な仕上がりをアピールのコメントは出ており、あくまでも目標はこの先でしょうが京都大賞典へ向けても勝負になる仕上げであると判断していいのではないでしょうか。

7枠9番 スマートレイアー 浜中

栗東坂路 53.7 39.0 25.3 12.4 馬なり
いつも通り坂路での最終追い切りを終えたスマートレイアー。元々稽古駆けする馬だけにそこまで高く評価することもできないところではありますが、1週前・2週前とコースで元気一杯の動きを見せており状態は良好であると判断して良さそうなところ。大久保調教師からは「毎年、この時期は具合がいい」というコメントも出ており、昨年に続いての連覇の目もゼロではなさそうな感じはあります。追い込みか逃げかと極端なレースで結果を残してきている馬ではありますが、今回はハナを主張する馬もいないならば思い切った策に出てきてそれが嵌れば、一発あってもおかしくない雰囲気はありそうです。

 

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

トレセン風景

★2016ダイヤモンドS(G3)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です。 狙うは春の大一番、天皇賞(春)。スタミナ自慢の各馬がダイヤモンドステークスに集い

記事を読む

【神戸新聞杯2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

いよいよクラシック3冠最終戦、菊花賞へ向けてのトライアル神戸新聞杯が阪神競馬場で発走となります。

記事を読む

S__4595721

【マイルチャンピオンシップ2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 マイルCSへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今年は抜け

記事を読む

京都競馬場ダート

【みやこステークス2016予想オッズ】アスカノロマン・ラニ・モーニンが人気も…

管理人です。 暮れのチャンピオンズカップへ向けても注目のみやこステークスが日曜京都競馬場で発走

記事を読む

free33

【ターコイズステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 今週土曜の中山競馬場ではターコイズSが発走となります。牝馬限定のハンデ重賞でトリ

記事を読む