【レース回顧】第76回オークス(G1)~ミッキークイーン

東京 第76回オークス・ミッキークイーン!

ミッキークイーン

巻き返しを期して勝ちに行く競馬をした馬と、
一発に賭けた馬との差が出た今年のオークス。
ディープインパクト産駒が優勝したのもジェンティルドンナ以来。

2着ルージュバックは馬体を戻し、パドックでも落ち着きがあった。
桜花賞の惨敗を糧にして、戸崎騎手は好位の外目につけた。
直線では満を持して追い出しており、万全の騎乗だったが…
1番人気の乗り方はできたし、前走の巻き返しの気迫も見せている。

3着クルミナルは10k減の馬体で出走したが細くは映らず。
それよりもゲート入りを手こずり目隠しまでしていた。
そこでスタミナを消耗し、闘争心も萎えたことだろう。
出遅れ気味から慌てず流れに乗ったし、最後も食い下がっているが…

2頭の凌ぎ合いを外から一気に捉えたのがミッキークイーン。
ソコソコ人気はしたが、浜中騎手は気楽な立場でレースに臨めた。
少しフラつきはしたが、力強い伸び脚だった。
勝ち時計は2分25秒0、上がりは46.7-34.8。
1000mの通過タイムは1分01秒3。
デビューは12月と遅く、ここまでは4戦のキャリアだったが、
それで勝つのだから、能力が高いということだろう。

レッツゴードンキは体が細くなり、歩様に柔らかさがなかった。
レースでは好位の内目で控えたが、モロに掛かってもいた。
終いはジリジリ差を詰めているので、距離が敗因ではないはず。
桜花賞のように先行策を取った方がよかったのかも…

ココロノアイに2400mは長かった感じがする。
持ち味は1600mで生きるということだろう。

シングウィズジョイは渋太かったが切れる脚がない分つらかった。

クイーンズリングは少し馬体が回復していたが、
この馬に2400mは長く、最後はスタミナ切れの状態だった。

キャットコインは腹回りが細く、最後方からでは競馬に参加できず。

コンテッサトゥーレの体つきはよく見えたが、
この馬にも2400mは長かった。

アンドリエッテは良く頑張っているが、
ここまで1勝馬であり、堅実駆けからは脱皮できず。
ひと夏の成長に期待をかけたい。

人気馬の決着で終わり、納得したファンも多かっただろう。
来週のダービーはドゥラメンテが主役になる…

 

【大井競馬】 帝王賞(Jpn1)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ノンコノユメ2

【レース回顧】2015武蔵野ステークス(G3)~ノンコノユメが決める!

東京 武蔵野Sはノンコノユメが決める! レベルの高さから、注目は3歳馬に集まった。

記事を読む

bishu

【レース回顧】2016 紫苑S(G3)~ビッシュの完勝!

紫苑Sはビッシュの完勝! 今年から新設された3歳牝馬の G 3 戦。 上位3頭に秋華賞への優

記事を読む

エイシンヒカリ2

【レース回顧】毎日王冠はエイシンヒカリが快勝!

東京 毎日王冠はエイシンヒカリが快勝! トライアル戦にしては豪華絢爛のメンバー構成。

記事を読む

ソルヴェイグ函館SS

【レース回顧】2016函館スプリントS(G3)~伏兵ソルヴェイグ!

函館スプリントSは伏兵ソルヴェイグ! 開幕週から盛り上がりをみせた函館スプリントS。

記事を読む

danonlegend

【JBCスプリント2016レース回顧】ダノンレジェンドが逃げ切る!

川崎 JBCスプリントはダノンレジェンドが逃げ込む! 川崎 JBCスプリント Jpn I 14

記事を読む