【白山大賞典2018予想】金沢競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2018/10/02 管理人おしらせ , ,

地方競馬
JBCクラシックへ向けての前哨戦という位置づけとなる白山大賞典が10月2日に金沢競馬場で発走となります。秋のG1戦線へ名乗りをあげるべく賞金を加算させたい中央馬と、打倒中央馬に燃える地方馬による争い。果たして軍配はどちらにあがるのか、意地と意地とのぶつかり合いに注目して、馬券もしっかりと的中させましょう。

白山大賞典2018注目馬

3枠3番 ムーンファースト

地元金沢競馬を代表して出走してくるムーンファーストは前哨戦のイヌワシ賞で3着。とはいえ、勝ったホッカイドウ競馬所属のモズオトコマエには8馬身ちぎられており力の差は歴然といったところ。なんとか地元馬として意地を見せたいところですが、鞍上の吉原騎手の激に応えてどこまで善戦できるのか。まずは掲示板に載るかどうかという評価が妥当かもしれません。

4枠4番 モズオトコマエ

前哨戦のイヌワシ賞を制して臨む白山大賞典。ホッカイドウ競馬所属で遠征競馬にはなりますが、前走で金沢コースを経験しているのもプラスに働いてくるでしょうし地方馬の中でもまだ底を見せていない感はあり期待をしてみたいところ。とはいえ、中央馬の壁にぶつかる可能性も高く強気に推奨できるかどうかと問われれば、ホッカイドウ競馬代表として地方馬最先着を狙う。程度の評価となってくるのではないでしょうか。

5枠5番 カツゲキキトキト

いまや地方競馬を代表する強豪として広くファンに知られているカツゲキキトキト。この白山大賞典で悲願のダートグレード競走制覇を狙いこれが3度目の金沢遠征となります。昨年2着の雪辱を果たせるかどうか。地方馬の中では最も期待の高まる1頭ということになりそうですが、昨年とは異なり夏場も休まず使われてきているあたりそろそろ疲労も気になるところ。これまでもそんな不安を一蹴して好走してきたタフネスだけに気にすることもないのかもしれませんが、昨年同様の粘りの走りを見せることができるかどうかに注目といったところでしょう。

6枠6番 ミツバ

7月の盛岡でのマーキュリーカップを勝って連覇を果たしたミツバ。その後もエルムステークスで3着に好走しており、地方・中央問わずに活躍を見せてきて今がまさに充実期。金沢コースは初となりますが、小回りコースも走り慣れてきているだけに問題なくもなしてきそう。後は後方からの競馬をする馬だけに、前の組が競り合う形で少しでも展開の味方さえあれば、捲くり勝ちのパターンで重賞3勝目を手にする可能性も十分にあるのではないでしょうか。

6枠7番 タガノヴェリテ

中央オープンから園田競馬に移籍しての3戦目で重賞摂津杯を制したタガノヴェリテ。強豪集う、園田競馬の重賞を制していることは評価できそうですが、今回の相手は中央馬。中でもセンチュリオンには今年の総武ステークスで大敗を喫しているだけに力差は認めざるを得ないところかもしれません。ただ、前走を勝って自信を取り戻した今ならば、もう少しやれてもいいのではないかという部分もあり、地方馬だからといって軽視禁物の存在であることは間違いないでしょう。

7枠8番 センチュリオン

前走は3月のマーチステークスを快勝して重賞初制覇。それ以来の休み明けの競馬とはなりますが、まずはここを制して秋のG1路線へ挑戦していきたいセンチュリオン。530kg台の大型馬だけにいきなりから全力を出せるかとなると疑問ではありますが、この実績ならば当然中心視すべき1頭と言えるでしょう。中央では先行・差しともに結果を残しており出たなりの競馬ができるタイプではありますが、小回り金沢コースではやはりスタートが肝心。しっかりとスタートを決めて前目のポジションで流れに乗れればチャンスは十分あるのではないでしょうか。

7枠9番 ドンフォルティス

ここ2走はジャパンダートダービー6着、レパードステークス4着と一押し足りない競馬が続いていますが、3走前にはジャパンダートダービーを制したルヴァンスレーヴを負かしており決して力のない馬ではないことは確か。3歳馬だけに52kgの軽量で出走できるのは魅力で鞍上に戸崎騎手を確保しているあたりは陣営も期待の1戦であることは間違いないでしょう。地方競馬の乗り方を知り尽くした戸崎騎手を背にこれからの活躍が期待できるような好走を期待してみたいところではあります。

8枠10番 マイネルバサラ

ここ3戦はいいところなく敗退しており、不振とも思われる状況のマイネルバサラ。とはいえ春には2400mのダイオライト記念で3着に好走するなどスタミナ豊富で粘り強い競馬ができるのがこの馬の強み。1頭だけ57kgを背負うのも決して楽ではないでしょうが、うまく流れに乗ってから早めのスパートでスタミナ勝負に持ち込むことができれば、勝ちきるまではどうかも馬券圏内への粘りこみの目は十分に見込めるのではないでしょうか。

8枠11番 グリム

前走のレパードステークスを逃げ切りで勝利したグリム。今年の中央3歳勢でのトップクラスの力があることを見せた1戦とはなりましたが、元々はハナに拘らずとも競馬のできる馬。大外枠を引いたからには出たなりに先行策という競馬にはなるでしょうが、揉まれずに進めそうなのはこの馬にとってはプラスに働きそう。距離についてはやってみないとわからない部分ではありますが、まだまだ伸び盛りの3歳馬の成長力に期待してみる手は十分にあるでしょう。

地方競馬2

白山大賞典2018/金沢競馬イベント情報

当日は「楽天競馬をパワーアップ!”ポッ”イントもらっちゃおう娘」の津田麻莉奈さんと守永真彩さんによる予想トークショーや金沢競馬開設70周年記念トートバッグや白山大賞典オリジナルグッズがあたるガラポン抽選会も実施される金沢競馬場。更にグルメイベントなど様々なイベントもあるみたいなので要チェックです!レースにイベントにこれは楽しめること間違いなし!

金沢競馬場といえば競馬場内で美味しいお寿司も食べられるなど、グルメスポットとしてもにわかに注目を浴びており、地元に愛されてきた競馬場として知られておりますます盛り上がりをみせる地方競馬場として注目を集めている競馬場ですね。近くでお仕事をされている方やお近くにお住まいの方はぜひ金沢競馬に足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして金沢競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

【直前情報】 【朝日杯FS(G1)】グランアレグリア不安?勝つのはこの馬!

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free10

【高松宮記念2018予想】予想オッズ注目馬・必見情報

管理人です。 いよいよ迎える春のスプリント王決定戦。群雄割拠のスプリント戦線にあってここで抜け

記事を読む

小倉

【京都新聞杯2018予想オッズ人気上位馬は買いか消しか?】

管理人です。 ダービーへ向けての最後の前哨戦、京都新聞杯が週末の京都競馬場で発走となります。皐

記事を読む

【JBCスプリント2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

今年のダート短距離馬No.1を決する1戦、JBCスプリントが今週末の京都競馬場で発走となります。

記事を読む

中山競馬場4

【ターコイズステークス2016予想オッズ】マジックタイム1番人気も…

管理人です。 朝日杯FS前日に行われるターコイズステークスは牝馬限定のハンデ重賞。

記事を読む

【ラジオNIKKEI賞2018予想オッズ人気上位馬徹底分析】

管理人です。 ダービー出走は叶わなかったものの、秋へ向けての飛躍が期待できる素質馬の揃う福島競

記事を読む