オールカマー2018馬券フォーカス

公開日: : レース展望 ,

free29
オールカマー  3歳以上オープン  2200m芝  G2

オールカマーは1着馬に秋の天皇賞への優先出走権が与えられるレース。本番を控えているだけに、休み明けの馬は多いが、結構 面白い顔ぶれが揃った。ここで手応えある内容を残しておかないと、天皇賞で上位争いはできない。

※  展開はどうなる?

マイネルミラノがハナを切りペースダウン。
ミライヘノツバサとガンコが好位をキープする。
アルアインは中位から、レイデオロとダンビュライトは中団からの競馬。
前半で流れは落ち着き、流れは速くならない。
前で競馬をする馬が有利になり、ジックリ構え過ぎると差し込めないケースも。

※  ここまでの結論!

◎  03  ガンコ  5歳
・  天皇賞の3200mは、この馬には長かった。
・  それまでの成績を見逃すことはできない。
・  展開有利な脚質と、日経賞の強さを信じて。

◯  01  アルアイン  4歳
・  皐月賞馬であり、大阪杯 3着の実績も評価できる。
・  切れる脚は使えないが、いい脚を長く使える脚質は信頼に足りる。
・  気になるのは、鞍上が少し頼りないこと。

▲  07  レイデオロ  4歳
・  実績は申し分ないが、6カ月のブランク明けが引っかかる。
・  おそらく、ここは無理な競馬はしないだろう。
・  しかし、力が力だけに、軽く扱うことはできない。

△  02  ダンビュライト  4歳
・  AJCCを勝ち、宝塚記念が5着なら遜色はない。
・  だが、まだ3勝しか挙げておらず、決め手不足は否定できないのも確か。
・  無視はできないが、中心視するのはチョット危険。

×  11  エアアンセム  7歳
・  函館記念はメンバーに恵まれたところが大きい。
・  藤岡佑騎手が手放したのは、ガンコの方に魅力を感じているから。

×  08  ゴールドアクター  7歳
・  7歳になり、充実した日々は過去のモノとなっている。
・  渋太いが、切れる脚は持っていない。

×  10  ブラックバゴ  6歳
・  G 2 メンバーには入ると、劣勢は否めず。
・  浮上の余地があるとすれば、道悪では。

×  09  ミライヘノツバサ  5歳
・  実績は優秀だが、今回は1年半ぶりの実戦になる。
・  スンナリ通用するほど、相手は甘くない。

※  フォーカス

03➖01、03➖07、03➖02、01➖07、01➖02

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京新聞杯2

東京11R 東京新聞杯 馬券検討

東京新聞杯を占う! 幾度となく対戦を繰り返している面々であり、 その時の勢力図は定まらぬ結果

記事を読む

kawata_tuika05_960_720

米子ステークス2017予想/馬券分析

米子ステークス/馬券分析 2017/6/18(日) 阪神11R 米子ステークス 3歳以上オー

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

日曜日の注目馬!/2018年2月4日

2018年2月4日(日) 京都、東京競馬競馬・注目馬! ★  ロジティナ 父 ロジユニヴァー

記事を読む

東京競馬場3

【6/14(日)東京10R多摩川S】馬券分析・予想

東京 多摩川S・馬券分析! 降級馬が3頭、幅を利かせそうな感じはするが、 ジックリ検

記事を読む

日経賞2019データ予想

日経賞2019をデータから徹底予想 日経賞の1着馬に春の天皇賞への優先出走権が与えられる。第5

記事を読む