セントライト記念2018レース解説

公開日: : レース展望 ,

free30

セントライト記念は上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられるレース

フルゲートは18頭、登録馬は17頭。
3勝馬は4頭、残るは2勝馬での闘いになる。
現在の持ち賞金で菊花賞に出走できそうな馬は、
アドマイヤアルバ、オウケンムーン、ギベオン、グレイル、ジェネラーレウーノの5頭では。
残りの馬は、ここで3着以内に入る必要がある。
レベルが高いとは言い難いが、力は拮抗して各馬にチャンスがあるレース。
1番人気の馬の勝率が低いのは、力関係がハッキリしないからだろう。

前走を勝って連勝した馬は、過去10年( 第68回は新潟)で1頭だけ。
2着にきて同レースを勝った馬も少なく、前走の成績はほどほどの信頼で。

ダービーからの臨戦過程で勝利した馬は6頭(新潟開催1頭 )、2着馬を含めると9頭いる。
ダービーに出走した馬には注意が必要ということ。

勝ち馬の脚質を見ると、差し馬と追い込み馬が圧倒的。
連対では先行馬も多いが、逃げ馬は苦しいとデータは示している。

勝ち時計は、良馬馬だと2分10秒台~2分13秒台まで。

騎乗馬から読むと、アドマイヤアルバは直前まで乗り役が決まっていない。
ギベオンは、デムーロ騎手もルメール騎手も見限っている。
ただし、戸崎騎手なら軽く扱うのは避けた方がいい。
グレイルは、武豊騎手が早々と手放した馬。
コズミックフォースも、ルメール騎手、戸崎騎手は未練を残していない。
ジェネラーレウーノは、田辺騎手が乗り続けているの不気味。
ゼーゲンは、連勝しているにもかかわらず、直前まで騎手が決まらないでいる。
ブレステイキングは、デムーロ騎手とのコンビで2戦2勝で怖い。
レイエンダはレイデオロの弟であり、ここまで3連勝の実績。
キャリアは心配だが、ルメール騎手は将来性を買い、手放すことをしない。

ここ2年は収まっているが、全体的には高配当が見込めるレース。
すなわち、力差のない組み合わせのレースとも言える。

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

race

安土城ステークス2017予想/馬券分析

安土城ステークス/馬券分析 2017/5/28(日) 京都10R 安土城ステークス 4歳以上

記事を読む

福島競馬

【7/2(土)福島11Rテレビユー福島賞】出走馬短評と予想のポイント

土  福島  テレビユー福島賞! 1600万条件の1200m芝の定量戦。 降級した4歳馬は頼

記事を読む

kawata_tuika17_960_720

葵S 2018 データ から傾向を分析!

葵S・データからの傾向! 2018/5/26(土)開催 京都11R 葵S 3歳オープン  1

記事を読む

kawata_tuika21_960_720

黄梅賞2018/出走予定馬短評と予想のポイント

黄梅賞/予想のポイント 2018/2/25(日) 中山9R 黄梅賞 3歳500万円以下 12

記事を読む

カイザーバル

【2/14(日)京都9R こぶし賞】注目馬はこの1頭!

日  京都  こぶし賞・注目馬!   ☆  カイザーバル 父 エンパイヤメーカー -

記事を読む