北九州記念2018馬券フォーカス

公開日: : レース展望 ,


小倉  北九州記念  3歳以上オープン  1200m芝  G 3  ハンデ戦

トップHと1番人気が不振のレースであり、差し追い込み馬が活躍する傾向に。
1分07秒前半での決着が濃厚だけに、持ち時計のない馬には厳しい闘いとなる。

※  展開はどうなる?

前で競馬するのは、アクティブミノル、ゴールドクイーン、セカンドテーブル、
ダイアナヘイロー、トウショウピスト、ナインテイルズ、ラブカンプー。
その中で、ハナを主張しそうなのはゴールドクイーン、ダイアナヘイロー、ラブカンプー。
いずれにしても、前半からペースが速くなるのは見え見え。
終い切れる脚を持つ、アサクサゲンキ、アレスバローズ、ナガラフラワーにはピッタリの展開か。
しかし、好位から競馬を進めるセカンドテーブルやダイメイプリンセスにも、十分チャンスがある。

※  ここまでの結論!

◎  14  アサクサゲンキ  3歳  53k
・  終いの脚はメンバー中で一番。本来は中位から競馬ができる馬。
・  小倉コースはパーフェクトと言える存在、勿論、1200mは得意。
・  今回の手替わりはプラスに働くと読んで。

◯  11  ダイメイプリンセス  5歳牝馬  55k
・  こと1000mに関しては完璧な内容。今のデキは充実している。
・  1200mはテリトリーであり、コース実績もある。
・  CBC賞はアイビスSDへのひと叩きであり、成績は気にする必要はない。

▲  06  セカンドテーブル  6歳  56k
・  なかなか詰め切れないが、堅実さでは文句なしの一番。
・  差す競馬が身についた今なら、展開利をフルに生かすことができる。
・  短い直線を生かせば、重賞制覇も夢ではない。

△  09  ラブカンプー  3歳牝馬  51k
・  1200mまでの距離には自信があり、ハンデの51kも魅力一杯。
・  速い時計の裏づけには欠けるが、直線の短い小倉コースは有り難い。
・  和田竜騎手がハナにこだわらずレースを進めるなら、チャンスはある。

×  03  ダイアナヘイロー  5歳牝馬  55.5k
・  昨年の勝ち馬だが、今年は斤量が2.5k増え、同型も揃っている。
・  牡馬で換算すれば、ハンデは57.5kになり、条件は厳しくなる。
・  良績を残しているのは、前々で競馬をした時で、行けなかった時はモロい。

×  08  アクティブミノル  6歳  55k
・  前で競馬をして、粘り込むしか策はない。
・  このメンバーでは、マイペースの競馬は望めない。

×  05  アレスバローズ  6歳  56k
・  CBC賞は見事だったが、嵌まった感も否定できない。
・  春雷Sも鞍馬Sもセカンドテーブルに遅れをとっており、斤量面でも不利。
・  短い直線と、手替わりを加味すると、安易に飛びつくことはできない。

×  01  ゴールドクイーン  3歳牝馬  51k
・  ハナを切ってこその馬、行けなかった時はモロい。
・  前で競馬をする馬が多く、展開面での援護射撃は見込めない。

×  15  ナガラフラワー  6歳牝馬  52k
・  前走は人気薄で騎乗ができ、展開も嵌まった2着。
・  今回は勝ちを意識し、乗り方も変わってくる。
・  直線は短くなり、前走と同じ競馬では差し込めない。

※  フォーカス!

14➖11、14➖06、14➖09、11➖06、11➖09

【直前情報】 これは買い【マイルCS(G1)】状態絶好!買うなら絶対この馬です!

【京都G1】 マイルCS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free17

神戸新聞杯2018馬券フォーカス

神戸新聞杯  3歳オープン  2400m芝  G2 神戸新聞杯は上位3頭に菊花賞への優先出走権

記事を読む

阪神競馬場2

【2016若葉ステークス】出走馬短評と予想のポイント

土  阪神  若葉ステークス! 上位2頭に皐月賞への優先出走権が与えられる。 2勝馬は3頭だ

記事を読む

中山競馬場4

【1/10(日)中山11R ニューイヤーS】出走馬短評とレース展望・予想

日 中山 ニューイヤーステークス! 4歳、5歳馬が中心のレースになりそうだが、 そこ

記事を読む

中山競馬場2

【4/12(日)中山11R 春雷ステークス】出走馬短評

中山 春雷S! オープン特別だが面白そうなので検討することに。 高松宮記念に出走でき

記事を読む

kokurakeiba

【8/14(日)小倉10R西部日刊スポーツ杯】馬券分析・予想

日 小倉 西部日刊スポーツ杯・馬券分析! 1000万条件の1200m芝、しかも混戦メン

記事を読む