【札幌記念2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/08/24 管理人おしらせ , , , ,

S__4595716
札幌記念へ向けての最終追い切りが札幌・函館競馬場で実施されました。夏競馬最大の注目レースを控え各馬ともに入念な調整を進めてきていますが、マカヒキをはじめとした人気になりそうな注目馬だけでなく、夏競馬だけに追い切りで絶好の動きを見せている馬もしっかりとチェックして馬券の的中を狙っていきましょう。

札幌記念2018追い切り診断注目馬

アストラエンブレム

札幌芝 75.6 59.7 43.6 14.4 馬なり
直前の追い切りはかなり軽めのものでありましたが、1週前には札幌芝コースで78.4 62.1 48.1 34.3 11.6と同じく札幌記念出走予定のサングレーザーとの併せ馬で抜群の動きを見せており仕上がり自体は順調と見てよさそうなところ。基本的には最終追い切りで速い時計を出すのがこの馬のパターンではありますが、直前に追い手を控えた場合には(2.0.0.1)と成績を残しているのも事実。前走の巴賞で洋芝適性も示しており、人気薄にはなりそうですが、強気のコメントがよく出る小島調教師からも控えめなコメントとなっており、気楽に臨める分、面白いところがあるかもしれません。

クロコスミア

札幌芝 66.9 51.9 37.7 12.5 馬なり
直前の追い切りは軽めの調整とはいえ、それなりの時計も出ており動きも軽快。ドバイ遠征明けの1戦とはなりますが馬体に太め感はなくしっかりと仕上がっている感はあります。札幌競馬場で1ヶ月じっくりと乗り込まれており好状態と判断していいのではないでしょうか。北添助手からも「いいレースをしてほしいね」と期待のコメントは出ており、札幌コースでも実績を残している馬であることからも好走あっておかしくない1頭と言えそうです。

ゴーフォザサミット

札幌芝 69.2 53.0 38.8 12.2 馬なり 併せ併入
藤沢厩舎の馬だけに終始軽めの調整となってはいるものの、ここ2週は蛯名騎手が跨っての追い切りを実施して乗り込みは1ヶ月間入念に行われており、最終追い切りでも終いの伸びは良好でダービー以来の出走とはなりますが仕上がりは順調といったところでしょうか。蛯名騎手からも「久々でもレースに向けていい調整ができている。」と手応えを感じているコメントも出ていることから動ける態勢は整っていると見て良さそうです。ただ、デビュー戦5着、休み明けの共同通信杯も4着と鉄砲駆けに実績がない点は気になるといえば気になるところ。まずは秋へ向けてどこまでやれるかの試金石ということにはなりそうです。

サウンズオブアース

函館W 68.1 52.9 38.4 12.5 馬なり 併せ先着
札幌記念は昨年(4着)に続いて2度目の出走となりますが、動きだけ見れば昨年以上に動けている印象。3週続けて藤岡佑騎手が騎乗して併せ馬でしっかりと先着して終いまでしっかりと伸びてきている動きは好印象。その藤岡騎手からも「衰えた感じはない。」とコメントが出ていますが、常に稽古駆けするタイプではありますが、今回も追い切りの動きだけ見ればまだまだ迫力十分であり、一頓挫あった休み明けであった前走目黒記念とは違い順調な仕上がりを見せている今回は復活を期待してみたいところではあります。

サクラアンプルール

函館W 70.0 54.1 39.5 12.5 馬なり 併せ併入
札幌記念連覇のかかる1戦となるサクラアンプルールですが、前走函館記念2着時と比較しても動きは良化を辿っており終いの伸びもしっかりとしており好仕上がりと判断できる動きを見せています。池上助手からも「前走より息づかいが良くなった。」と手応えを感じさせるコメントは出ており、連覇へ向けて状態面に不安はなしといったところでしょう。あとはテン乗りとなる吉田隼騎手がどう乗るか、相性ひとつ乗り方ひとつとなってくるのではないでしょうか。

サングレーザー

札幌芝 69.4 53.7 38.7 12.2 馬なり
渋った馬場でも終いの脚はしっかりとしており最終追い切りとしては及第点を与えられる動き。1週前にはアストラエンブレムと併せて遅れはしたものの78.0 61.5 47.8 34.5 12.0と絶好の動きを見せていることから、休み明けで速い時計は3本と本数こそ少ないものの仕上がりは良好と判断して良さそうです。浅見助手からも「順調にきている。」とコメントが出ており状態面に不安はなさそうですが、後は距離をどう克服するのか、更にこの中間の降雨の影響で馬場が渋ったままレースを迎えた際には末脚がそがれるだけに心配が残るところではあるでしょう。

ネオリアリズム

函館W 69.2 54.6 39.8 13.2 馬なり
札幌までの輸送がある分、最終追い切りの手は控えられましたが、1週前に函館Wコースで66.9 51.1 37.3 12.0と絶好の時計を馬なりでマークしており状態自体はドバイ遠征帰りとはなりますが悪くないものと思われます。渡辺助手からも「身のこなしや手前の替え方が良化した。」と前向きなコメントは出ており、鞍上はモレイラ騎手。一昨年の札幌記念の勝ち馬だけにコース適性も考えればここでの好走も十分に期待できるのではないでしょうか。本来はレースを使いつつ良くなっていくタイプではあるもののその能力は高くマークは必要と言えるでしょう。

マカヒキ

札幌芝 52.8 38.2 12.2 馬なり
函館競馬場で乗り込んで最終追い切りは札幌競馬場でルメール騎手が騎乗して行われましたが内容は軽めでもラスト1Fの伸びは目を引くものがありルメール騎手からも「長い休み明けでもコンディションは良さそう」とコメントが出ているだけに態勢は整っていると判断して良さそうなところ。函館競馬場での調整でも芝コースで2週続けて鋭い末脚を見せているあたりはさすがダービー馬といえるところもあり、この札幌記念で久々の勝利を手にする可能性も十分にあると判断して良い仕上がりにあると言えそうです。

ミッキースワロー

函館W 67.7 52.6 39.1 12.5 馬なり
菊沢調教師が跨っての最終追い切りはやや重馬場でもしっかりとしたフットワークでラストまでしっかりと伸びており好感のもてる動き。1週前にも65.9 51.5 38.1 12.5と優秀な時計をマークしており休み明けでもきっちりと仕上がっている感はあります。菊沢調教師からも「春先とは息遣いが違うし、久々でも力は出せると思うよ」と状態の良さを感じさせるコメントも出ているあたり、この札幌記念から飛躍の秋へとなっていく可能性も十分にあるのではないでしょうか。

モズカッチャン

函館W 68.8 53.5 40.0 13.0 一杯
1週前が函館芝コースで61.8 47.3 35.0 12.2という絶好の時計をマークしただけに今回の最終追い切りの動きに注目はしましたが、馬場が悪いのもあったものの終いの伸びはそこまで目を引くものではなかったのは気がかり。鮫島調教師からも「1週前の追い切りはオーバーワークだった」とコメントが出ていたことを見ると敢えて時計を抑えたということも考えられますが、逆に古川助手からは「1週前追い切り後にガラッと良くなって、気持ちが入ってきました。」というコメントが出ており、状態面は決して悪くはないことは感じられるところ。G1馬として恥ずかしくない競馬を期待したいところですがこの1週前の追い切りが吉とでるか凶と出るか果たしてどうでしょうか。

 

 

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【京都G1】 マイルCS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

クラスターカップ

【2016クラスターカップ(Jpn3)】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ今週末は夏競馬最大の注目レース札幌記念!しかしその前に お盆ウィークは

記事を読む

S__4595716

【ファルコンステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 ファルコンステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

S__4595715

【オールカマー2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

天皇賞・秋へ向けても注目の1戦、オールカマーの発走が近づいてきました。各馬、最終追い切りを終えて

記事を読む

競馬1

【スワンステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 マイルCSへ向けても注目のスワンステークスが今週末の京都競馬場で発走とな

記事を読む

uma_01

【ユニコーンステークス2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 ユニコーンステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施され

記事を読む