【関屋記念2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/08/16 管理人おしらせ , , , ,

S__4595721
関屋記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。真夏のマイル王に輝くのはどの馬か?サマーマイルシリーズの1戦となるだけにここを勝ってチャンピオンの権利を手にしたい馬もこぞって参戦。夏場の競馬だけに追い切りの動きで活発な動きを見せている好調馬は要チェックと言えるでしょう。果たして今年狙うべき馬はどの馬なのでしょうか。

関屋記念2018追い切り診断注目馬

ウインガニオン

栗東坂路 53.9 38.6 25.0 12.4 馬なり
中京記念からの参戦となり間隔も詰まっているだけに馬なり調整。追えばもっと時計は出るのでしょうが馬なりならばこんなものといったところ。実際、中間で馬なり調整に終始したことは2年前の1月にありましたが13着と大敗しているのは気がかり。西園調教師からは「間隔が詰まっているからこれで十分。」とのコメントが出てはいるもののやはり物足りなさを感じるところではあります。58kgを背負うということもありあまり強くは推せないのが今回の状況と言えそうです。

エイシンティンクル

栗東CW 82.9 65.9 50.7 37.1 11.6 馬なり
コース6F追いで徐々に加速していくとラスト4Fの動きは迫力十分。2連勝中の勢いそのままに好調キープといったところでしょう。特筆すべきは1週前にコースで76.9 62.7 49.6 37.6 13.4という破格の時計をマークしてラストこそ時計はかかっているものの自己ベストタイムを更新。これならば初重賞挑戦とはなりますが、あのエイシンヒカリの妹という血統からも活躍を期待してみたくなるところではあります。夏は牝馬、芦毛が狙いという格言がありますが、今回の関屋記念でこの格言が一番しっくりくるのがこのエイシンティンクルと言えるのではないでしょうか。

スターオブペルシャ

美浦南W 52.8 39.3 13.4 馬なり
藤沢厩舎流の軽め調整で時計も特に目立つことはないものの、馬に活気はあり好調キープがうかがえるところではありました。注目すべき点はこれまでのコース5F追いからコース4F追いに調整パターンを変えてきた点。これは遠征競馬対策であると考えられますが、実際昨年9月の阪神競馬遠征時に同様の調整パターンに変更して見事に1着となっているだけにこれが陣営の遠征競馬における勝負追いパターンであるとすれば怖い存在となってきそう。津曲助手からも「元々大きく崩れるタイプではない」と巻き返しに期待のコメントも出ているだけに抑えは必要となってくるのではないでしょうか。

チェッキーノ

美浦南W 53.6 38.8 12.8 馬なり
前走が2年ぶりのレースだっただけに一度使った上積みに期待したいところではありますが、稽古の動きだけ見るとそこまでの良化は感じられないところではあります。追い切りに騎乗していた杉原騎手からも「もう少しピリッとしてほしい」というコメントが出ているようにまだまだ完全復活とまではいかないのではないでしょうか。もちろん、実績的にはオークスの2着もあるように上位の存在であることは確かではありますが、まだまだ過度の期待を寄せるのは酷と言えるのかもしれません。

フロンティア

栗東坂路 53.0 38.8 25.0 12.4 馬なり 併せ併入
福永騎手が騎乗して行われた最終追い切りでも活発な動きを見せて終いまで脚をしっかり伸ばせていることは好感。時計的にも前走と変わらないくらいの時計は出ており状態的には前走時の好調をキープと見たいところですが、福永騎手からは「動きは良く、体の切れは前走以上と感じた。」と上積みを感じさせるコメントも出ている点は注目しておく点かもしれません。元々左回りが強い馬で今回は重賞勝ちもある舞台ということならば、状態の良さと軽量を活かしての活躍に期待してみる手も十分にありと言えるのではないでしょうか。

プリモシーン

美浦南W 49.8 37.0 12.8 G前追う 併せ先着
いつも通りのコース4F追いでの最終追い切りは時計を見れば解る通り50秒を切る好時計をマークして終いまでしっかりと走っての併せ馬先着と非常に好感のもてる内容となりました。木村調教師からは「普段から落ち着きがあるのは春とは違う」と馬の気性面での成長を感じさせるコメントも出ており、NHKマイルカップ以来の出走とはなりますが態勢はしっかりと整ったとみてよさそうなところ。後は課題のスタートさえ決めれば軽量を活かして重賞2勝目をあげる可能性も十分にあるのではないでしょうか。追い切りの動きだけ見れば今年の関屋記念出走メンバーの中でもトップクラスに目を引く動きで好仕上がりと言えそうです。

リライアブルエース

栗東坂路 54.5 38.8 25.1 12.6 馬なり
いつも通りの坂路での調整ですが、中京記念後の2本の登坂はともに目を引く動きを見せており、前走から更に調子をあげてきている感もあります。1週前には坂路で52.0という時計をマークしましたが、この時計はリライアブルエースにとってはラッキータイムとも言える時計でこれまで坂路で52.0をマークしたのはキャリア2度あり(1.1.0.0)と好成績を残していることからもこれは期待してみたいところではあります。安藤助手からも「状態はいいので、自信を持って送り出せる」というコメントが出ているのも納得の動きを見せており厩舎期待の素質馬がいよいよ重賞初制覇なるかには注目してみたいところです。

 

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【船橋競馬】 ☆クイーン賞(Jpn3)南関東競馬で週末の資金稼ぎ$したい方へ☆

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場

★2016フローラS(G2)★予想する上で抑えておくべき注目馬はコレ!

管理人です。 いよいよ春の東京・京都競馬が開幕。来週からは連続G1開催となり 競馬が活気溢れ

記事を読む

栗東トレセン

☆2016小倉2歳ステークス(G3)追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 小倉2歳Sへ向けての最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。

記事を読む

地方競馬

【白山大賞典2018予想】金沢競馬を徹底予想!

JBCクラシックへ向けての前哨戦という位置づけとなる白山大賞典が10月2日に金沢競馬場で発走とな

記事を読む

競馬1

【京都大賞典2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

これから続くジャパンカップや有馬記念へ向けての注目馬が秋初戦を迎える京都大賞典が京都競馬場で発走

記事を読む

【福島記念2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 エリザベス女王杯の直前に福島競馬場で発走となる福島記念は荒れる重賞として

記事を読む